次のステージ(段階)に上がるきっかけに・・・・

諸般の事情でリトタのコバ君の新宿でのストリートライブは終了したようです。

http://ameblo.jp/kobamako/entry-10166508573.html

ここ最近はストリートを見に行っていなかったけど、ファンの人のコメント読むとコバ君の歌声に足を止める人も多くてかなりの人が集まっていたようですね。

まあこれは、次の段階に上がれというお達しかも・・・・^^

リトタはまだメジャーデビューしていませんが、着々と進歩しています。

ライブの仕事も増えてきました。九州のライブも決まって、ラジオにも出演します!

http://ameblo.jp/kobamako/entry-10167255168.html

歌う場所もどんどん広がってきています。

2人の歌声を多くの人に聴いてもらいたいですね。

http://www.myspace.com/littleturtlesjapan

|

本日全国発売です! リトルタートルズ・・・・『2 the top』

すでに一部では先行販売されていましたが、全国販売は今日9月10日です!

New Album  『2 the top』

http://jp.youtube.com/watch?v=D7wwaDeiKD0&eurl=http://profile.ameba.jp/kobamako/

Photo

リトルタートルズのHP ↓

http://2hp.jp/?id=kobakame&ak=&sm=usually

新宿タワーレコードのインディーズ部門でも順位イイ線いっているようです。

|

リトルタートルズのワンマンライブで・・・

7月21日の「KINOTO」のライブでコバ君が歌ったカバー曲が気に入って誰の歌か調べました。

矢井田瞳の「Over the Distance」と言う曲でした。↓

http://jp.youtube.com/watch?v=WQ675jCX__Q

コバ君の方が本人より聴かせる!

個人的にコバ君の声が好きでカバー曲を沢山聴きたいと思っている。

カバー曲はライブでなければ聴けないし、オリジナルはCDで聴けるのでライブの時は沢山カバー曲歌って欲しいけど本人たちは、やっぱり自分たちが作った歌を聴いて欲しいよね?

本来、新人は持ち歌が少なく、止むを得ずカバー曲を入れるけどリトタの場合は自分たちで作詞作曲するからすべてオリジナルで行きたいかな・・・・?

彼らの声がいいからカバー曲も持ち歌?っていうレベルです。

いつか・・・「カバーアルバム」も出してね!待っているから。

|

東京初ワンマンライブ大成功!

2008年7月21日は、東京で初めてのワンマンライブを渋谷のライブハウス「KINOTO」で成功させたLittle Turtlesの2人には忘れられない日となったはずだ。

チケットはSold Outになっていたし混雑は予想されたけど・・・・

すべて立ち見で、先頭はステージにピッタリ立って(ステージと客席の空間なし!@@)

後ろまでビッチリ客は入っていた。@@

前回4月6日の「KINOTO」ライブは3組の出演者でワンマンではなかったせいか(笑)前の方は椅子があったし・・・・後ろは空きがかなりあったし・・・

そのときからまだ3ヶ月ぐらいしか経っていないのに・・・・・・

すでに人気が・・・@@

リトタの2人も目の前で「自分たちだけの為」にビッチリ入っている客席を見て感激したことでしょうね。

最初の歌の「リキ」の入っていたこと!@@

5曲目ぐらいまでテンションがupwardright(笑)

その2人の気持ちは客席に十二分に伝わりました。

ファンだってアーティストが感激している姿を見るのって嬉しいもんです。

そして今回はコパ君が初めてピアノを披露した。

全部でアンコール曲入れて16曲?約2時間のライブでした。

会場でセカンドアルバム「2 the top」も先行販売されていたし、次回の新宿でのワンマンライブも決定した。

着実に・・・1歩1歩・・・日頃の努力が結果となって大きくなっていく Little Turtles

2人の歌声の素晴らしいさはもちろん宝物だけれども・・・・・

愛すべき素直な人柄も大きな宝物です^^

写真はライブ会場前で並んでいるファン ↓

Dscn1360_2

今年の冬の渋谷ストリートライブの時の写真 ↓

Dscn1329 Dscn1327

Dscn1323_2

|

リトルタートルズのアルバムが発売される!

2nd new minialbum 『2 the top』

2008年9月10日(水)に全国リリースが決まりました!!

2008年8月27日(水)新宿タワーレコードにて先行発売

動画 ↓コパ君のブログです。

http://ameblo.jp/kobamako/entry-10111872672.html

http://ameblo.jp/kobamako/entry-10112274265.html

彼らの良さは「生歌」が一番かな?^^:

ストリートで生歌を聴くとアルバム買いたくなる(笑)

そしてライブを聴くと2人の音楽に対する思いがストレートに響く。音楽が大好きで大好きでただそれだけ・・・・

その邪念のない思いは、心地いい!

どんなことがあっても一生音楽の道を歩んでいくだろう・・・と感じるのだ。

リトタのHP ↓

http://2hp.jp/?id=kobakame&ak=&sm=usually

|

リトタのライブへ行って来ました

6日の日曜日。渋谷でLittle Turtles(リトタ)が箱ライブを行ったので聴きにいった。

前回は渋谷のストリートライブに行ったが騒音がひどくて満足に聴けなかったので、きちんとした場所で生歌を聴きたいと思ったからだ。

今回のライブは単独でなくてリトタ以外に2組が参加。

たぶん聴きに来た人はほとんどが「リトタ」のファンだったような・・・・

リトタと同じ世代(20~30才ぐらい)の若い女の子が多かったですね。

今回のライブに来たファンはストリートで生歌を聴いてファンになった人がほとんどだろう。

彼らの歌声を直接聴いたなら大勢の人が又聴きたいと思う声をしている。それが強みだ。

CDより生歌のほうが遥かに躍動感やエネルギーがあるし、そしてなによりその場所を「癒しの空間」にしてしまう。

ファンは、歌声はもちろんだが、あせらず、迷わず、信じている道を目指してマイペースで1歩1歩進んでいく彼らの姿勢に好感を持つのだろうか?

たまたま数日前がカメちゃんの誕生日だったのでファンの人たちからハッピ~バースディーの歌をプレゼントと「寄せ書き」「プレゼント」のサプライズがありました。

「リトタ」の2人はビックリして感激していました。

まだ新人の「リトタ」だが、すでにリトタ2人の人柄を反映しているような穏やかなアットホームのようなファン層が出来つつある。

今回は単独のライブではなかったけど・・次回同じ場所で単独ライブが決定しました。

7月21日(月)祝日 午後6時OPEN

http://2hp.jp/?id=kobakame&ak=&sm=usually

リトルタートル公式サイトが出来ました ↓

http://littleturtles.main.jp/

そして2枚目のアルバムが夏ごろ発売されるそうです。

ねっ!着実に一歩一歩進んでいるでしょ?(笑)

そうそう!歌唱力もアップしていましたね~~。どんどん上手くなって実力つけて欲しいです。

|

昨日の「あらびき団」見ていたら・・

4月2日(水)の「あらびき団」SP90分拡大版があるとの告知

その告知CMに「リトタ」の2人が右下に映っていました。

以前出演した時の写真のようでした。

SPで再び取り上げられる感じかな?写真が出たということは・・・?

90分拡大版はTBSテレビ4月2日夜11時50分から放映予定です。

http://www.tbs.co.jp/arabikidan/

|

渋谷NHKホール前はストリートミュージシャンで・・

あふれかえっていた。

昨日の日曜に「Little Turtles」の事前告知があった路上ライブを聴きに行った。

今やNHKホール前のケヤキ通りは「ストリートミュージシャン」のメッカなんですね・・

何十組というミュージシャンやパホーマーたちが自己主張しておりました・・・

渋谷公園どうりからの人の流れが多いので必然的に入り口のほうから両サイド場所は埋まっていく。(演奏開始が15時ごろとなっていたリトタは一番奥にいました)

各グループの間は5Mぐらい離れている。

プロを目指している者もいれば、ただ目立ちたいだけの者、すでにプロとしてやっている者もいる。

要は誰でもこの場所で好き勝手に発表できる場所になっています。(ただ音楽演奏禁止の立て札はあり)今は黙認っていう感じみたいです・・・微妙なところです。

路上ライブ自体に興味があるわけではないのでよく知らなかったが・・・・

ストリートミュージシャンの天敵は「天気と気候」だけかと思っていましたが・・・

今回のこの場所で・・・「デモ隊」あり(開始時間が遅れた)・・・真正面のエレキギターの爆音あり(3mの至近距離でも歌が聞こえない)と大変な事が多いと感じましたね~。

たまたま隣で聴いていた人がストリートを聞く事が趣味って言う人で「リトタ」上手いし声がいいですねぇ~と関心しておりました。

その人曰く・・普通演奏がかち合った時には、話し合って交互で演奏したりするけど・・・ちょっとあの爆音はひどいねと言っていたから最悪の状態だったことは間違いない。

状態は最悪だった・・・・と思うのに・・・・「Little Turtles」の2人は・・・・

まったくの「マイペース」崩しませんね・・・・のんびりムードの2人です^^:

そのあたりが彼らの強みかもしれません。「動じない」って尊敬に値する。

7曲歌いました。

1 Soshine
2 真夏の果実(サザン)
3 シガラミ
4 すき(ドリカム)
5 ダキシメル
6 オレンジ(SMAP)
7 月に恋した

残念ながら爆音に消されてほとんど聞こえない・・・・

静かだったら道行く人がみな足を止めるだけのチカラ持っているのに・・・

でも開始と同時に50人ぐらいファンがあっという間に出現@@

遠巻きで始まるの待っていたんですね^^人気ありますね。

やっぱり「いい歌」はいい環境で聞くのが一番ですね。次は路上でなくライブハウスで聴こう!

http://2hp.jp/?id=kobakame&ak=&sm=usually

昨日のライブ映像ではないですけど・・・以前コンテストに出たときの動画です ↓

http://www.youtube.com/watch?v=CidjBk1xOhI

|

あ~~久々に地団太を踏む・・・リトルタートルズ

昨日寒い中、渋谷のNHKの並木通りで路上ライブを行った「LITTLE TURTLES」

このブログでも日時と場所を知らせたけど・・・・行った方いますか??

ボブ自身は予定があって、今回は最初から見に行けないことはわかっていた・・・

でも5時過ぎからスタートするようなので・・・・早めに用事が終わった場合・・・速攻で行こうかとも思っていました・・・・2人揃ったライブだからね。

あ~~~それなのに・・・用事が終わったのが6時過ぎ・・・やっぱりムリだったなぁ~・・・・最初から行けそうにないことはわかっていたから仕方がない。

・・・で早速、昨日の様子を知りたくてリトタのHPみたら・・・・大勢の人が聴いてくれたようで・・盛況のようで良かったですね。BBSにも感想の書き込みあったし・・・・^^

・・・・で「コバ日記」を見ると・・・

http://2hp.jp/diary.cgi?id=kobakame&ak=&pn=2&mode=viw&dy=2008&dm=1&no=27

歌った曲が書かれてあったんですけど・・・・

1So shine
2小さな恋の歌(モンゴル800)
3Thanks2U
4ダキシメル
5オートマチック(宇多田ヒカル)
6桜坂(福山雅治)
7月に恋した

桜坂!!!!オートマチック!!!!!歌ったんですね・・・・

メジャーなヒット曲も歌うんですね・・・・知らなかった・・・・

聴きたかった~~~~~~~~(泣)口惜しい~~~~~~~~(泣)

あ~~久々に・・・地団太踏みました・・・・・口惜しいの何のって・・・!!!!

何故そんなに口惜しいかと言うと・・・・

                             つづく  ^^

|

ミニアルバム「Thanks 4 U」を聴いて・・

CD購入してこの3日間ズーッと聴いていました。

アルバムは6曲。視聴できる「ダキシメル」「So shine」もアルバムに入っています。

そして「月に恋した」は新曲のデモテープなのかな?これはアルバムには入っていない。

この2人のグループを組むまでの経緯は、HPにも書いてあるが・・・

宮崎県出身の亀川晃史と大阪市出身の小林 真が2005年(当時、亀川、小林共に18歳)大阪の地で出会う。元々は、それぞれがシンガーソングライターとして活動していたが、ライブの演奏を積み重ねていく間にお互いの作品をリスペクトし合うことで意気投合。その後、グループを結成することになる。グループ名はそれぞれの名前に由来する。2006年4月インディペンデントレーベルApple Paint Factoryと所属契約。その後、大阪を拠点に積極的にライブ活動を開始。2006年12月、アマチュア時代のコブクロが第1回目のグランプリを受賞した『ミオストリートミュージシャン コンテスト2006』にて、グランプリを受賞。2007年1月28日1st MINI ALBUM『Thanks 4 U』を手売り販売のみで限定リリース。1,000枚を完売。2007年4月大阪の専門学校卒業を機に活動の拠点を東京に移す。2007年7月18日1st MINI ALBUM『Thanks 4 U』正式リリース。

この20歳の若い青年たちは、歌の上手さももちろんだが、声質が2人とも心地よい、癒しボイスだ。2人の声質も似ていて、曲を聴いているとどちらが歌っているのか区別が難しい。若干甘く大人っぽいほうが、亀川君なのか?

男性デュオのタイプで言うと曲の感じからは、「コブクロ」タイプにも思えるが、私は、「ケミストリー」の歌声に近いかなと感じた。

でもこの2人はコブクロがアマチュア時代にグランプリを取った賞を同じく受賞している。やはり上手いのだ。

曲の内容は20歳の青年の等身大の作品だ。同じ世代や中学高校生には、人気が出るだろう。特に視聴できる「So shine」はサビの部分は憶えやすいし、ヒット性のある曲だ。

アルバムの冒頭1曲目は、デュエットということを全面に出した曲だ。2人の声質が似ていて上手さも同じぐらいなのでパンチがある曲で今風だ。インパクトがある。

このミニアルバムを何回も聴いていると、視聴のリストには入っていないが、アルバム4曲目「Belleve in」の曲が2人の声質の良さを一番感じさせる曲だ。この曲を聴くと私が思わず足を止めた理由がわかった気がする。この歌詞の中に「この声であなたの行く道を照らす」と歌っているフレーズがあるのだが・・・・

「そうそう・・・その声なら照らせるぞ!」と思うのだ。

この2人は必ず売れます!早ければ1,2年のうち、遅くても3年はかからないだろう。歌の上手い人は大勢いるが、声質だけは、どうにもならない。この2人は神様から贈り物もらったね!

生歌聴きたい方は・・・・1月27日代々木公園NHKホール前ケヤキ通り5時ごろストリートライブ行うようです。(悪天候などで中止もあるけど・・・)

問い合わせは・・・・・little@apf.co.jp まで

どうぞ~~~^^

| | コメント (1)

より以前の記事一覧