もう・・・交代しても良いんじゃないですか?

「サンデーモーニング」のスポーツコーナーでの張本勲です。

このところ、見当違いの発言が多くなっているし、そろそろ・・・交代して新しいコメンテーターを起用しても良いんじゃないですか?

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-38302/

でも・・・関口宏がメインでやっているうちは・・・・無理なのかな?

視聴率は安定して高いしね・・・・。

77歳かぁ・・・。

|

一番過酷なレポーター?TBS ひるおび

昼間のワイドショーではTBSをつけていることが多い。

大体、11時ごろニュースをかねて見るけど・・・・この番組のレポーターが一番上手い。

外回り専門で現場に駆け付けレポートをする山本義幸レポーター。

大体は毎日、レポートする場所が違う。「東奔西走」というのは、この人の為にあるといっても過言ではない。(笑)

事件現場や事故現場などその日に現場は決まるだろうからフットワークが軽くないと出来ない。

今回は福井の大雪の現場に入って、寒い中頑張っていました。

八王子の雪の時も・・・ ↓

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ある意味一番過酷なレポーターかも(苦笑)

フットワークが軽いだけでなく、的確でわかりやすい、さらに臨機応変の対応力。

出しゃばらず、控えめな印象を受けるけど物凄く優秀です。

レポートしている最中でも、スタジオにいる司会の恵の話かけもキチンと聴いている。

普通レポートに夢中になるとスタジオの声を拾えない場合が多いのに。

前からこの人を記事に書きたいと思っていたので・・・・

今日、プロフィールを初めて検索。

もと東北放送のアナウンサーだったのね。現在はフリーです。↓

http://www.castplus.co.jp/profile/yoshiyuki_yamamoto

レポートってかなり難しいと思う。事前の取材もして尚且つ、今の瞬間の現状も伝える。

以前、大雨で多摩川が氾濫した時、何か所かテレビ中継を見ていたけど・・・

ひどいレポーター多いよ(笑)

テレビの現場中継見ていてレポート聴いていても現状がわからないレポートする人いるよ。

この時、「ひるおび」の山本義幸レポーターの上手さに気づきました。

100満点のレポート!

どうか身体気をつけて下さい。応援してます!

|

紅白歌合戦での欅坂46

録画していた紅白歌合戦を見た時、欅坂46のセンターの子が床に倒れるよな形になった時、

「ゴン!」という音が聞こえた。かなり大きかったので肘の骨でも骨折したんじゃないかと思っていたけど・・・。

内村ともコラボした時も、かなり痛そうな感じでした。

そのあと、メンバーが過呼吸騒ぎでニュースにもなっていた。

録画を見ると最初から少し異様な感じはあったけど・・・

筋肉を傷めて休養と書いてあるけど・・・・筋断裂?

結構重傷ですね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000018-tospoweb-ent

|

日テレ 「B面政治家」

日テレで日曜日13:15 - 14:15に放送されている日本 テレビの単発特別番組枠。

この枠で放送した「B面政治家」が面白かったけど・・・

http://www.ntv.co.jp/svf/20171224.html

番組の着目点が良いと思うけど・・・・。

それにレポーターの石原良純、長嶋一茂、杉村太蔵のスタジオでのトークが可笑しくて。

この三人、なかなか良い味が出てトリオ漫才を見てるようです。

今のワイドショーもニュースも同じことの繰り返しだったり、新鮮味がないけど、このB面政治家の着目点は、意外と庶民には大事なことを知らせてくれるかも・・・。

見落としがちなニュースには実は真実が隠れていることは、多々ある。

そんな大事なことをバラエティー番組で扱うのは面白いし、知識にもなる。

この番組はレギュラーでやってもいいんじゃない。

レポーターの三人が面白かったけど・・・・毎週となると・・・・どうだろうか?うざい?(笑)

|

正月番組で「池の水ぜんぶ抜く」

すでにブームになってしまった「池の水ぜんぶ抜く」

収録に大臣が現場訪問だって・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000115-spnannex-ent

何の番組でも・・・政治家がらみになると・・・面白くなくなるけどね・・・・。(苦笑)

取りあえず・・・・・・1月2日に特番です。

|

フジテレビ「ザ・ノンフィクション」が高視聴率

前篇後編の2回に分けての放送でした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000547-sanspo-ent

見応えはかなりあった。

賞を取るぐらいの出来でした。

前編を見た人なら後編を絶対見たと思う。

インタビューは顔は暗くしてわからないように映している。

しかし、顔から下は椅子に座った姿を映していたのでリアリティーがあった。

取材者がこの息子にインタビューしてそれに答える。

生い立ちから現在にいたるまでの心の中を淡々と客観的に自分を分析して答える。

何がこ凄いって「この自己分析力」に引き付けられた。

今どきの24歳の若者は、こんな風に自分を語れないだろう。

生い立ちの話を淡々と語るゆえに視聴者の胸に迫る。

大変な人生を送る運命になってしまったけど・・・

現在は仕事もして、その職場環境が良いようで、それなりに安定して、ささやかな幸せを築いている。

心から「頑張って!」とこの青年にエールを送りたい。

インタビューの答え方、内容は作家レベル。高度で繊細で的確な表現。

「本」にして欲しい内容です。

|

やられたね!

昨日のカンブリヤ宮殿で『バルミューダ』という、東京・武蔵野市に本社を構える家電メーカーだの社長が登場。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2017/1019/

蒸気が出るトースターがヒットして注目を浴びている。

その会社が今度12月に発売する「オーブンレンジ」を紹介。

それが・・・なかなか・・・憎い商品で・・・何で今まで無かったの?と・・・

そこに気づくって・・・と「やられた~~~」と思ってしまった。

その商品が ↓

https://www.balmuda.com/jp/range/

欲しい~~~!

でも家には2台レンジが・・・・。

「チンッ!」から解放されたい(笑)

|

テレビ朝日「俺の持論」が面白い!

土曜の深夜に始まった「俺の持論」がかなり面白い!

今回はプレゼンターにホリエモンこと堀江貴文と女芸人「山崎ケイ」

MC・・・は毎回、伊集院光。

これって「しくじり先生」のスタッフが始めたのかな?

手法が似ている。

番組のHPもまだ・・・?↓

http://www.tv-asahi.co.jp/jiron/#/

ツイッターはあるけど・・・・。レギュラー番組じゃないの?

来週は休みで次回は28日みたいです。

この番組はNHKのETVで毎週やっている「スーパープレゼンテーション」のバラエティー版のような・・・

よく言えばだけど(笑)

前回のオリラジのあっちゃんも面白かったけど・・・今回山崎ケイの「仮定ブス幸福」が最高!

芸人だけがプレゼンターだとアメリカのスタンダップコメディーの「お笑い番組」になってしまうけど、文化人と称する人たちも出演すれば、新しいバラエティー番組になるかも。

まだ始まったばかりの番組だけど目の付け所と伊集院光をMCつけたことが成功の鍵かも。

プレゼンがよく見えるのも伊集院光のMCのチカラだし、助け舟のさりげなさが光る。

タダ気になるのは、持論の内容だけど、そこには純粋さが欲しい。

ホリエモンの持論が最後には・・・自分の店の宣伝?と思ってしまったから残念。

持論も霞む。

この番組は人気が出ると思うけど・・・・深夜枠だからこその番組でしょうね。

間違ってもゴールデン進出はしないように・・・・(苦笑)

テレビ朝日は人気が出るとゴールデン進出して結果短命に終わること多し。

深夜の良さをわかってないのかなぁ?

|

最終章にふさわしい出来でした。「アウトレイジ最終章」

朝一番で見てきました。

1、2話と映画館で見ていたので3話目も映画館で見てきた。

興行成績も1位でヒットしているようです。

今回はテレビ東京のバックアップでテレビで多く取り上げていたので、それなりにヒットはすると思っていましたけど・・・・客入は良いみたいです。

作品は最終章にふさわしい出来でした。

最初の「アウトレイジ」から7年。

その歳月も加味しての「最終章」

今回の最終章は、1、2話見た人ファンならば余計に味わい深く見れたんだと思う。

いや~~~作り方が上手い!往年のフランス映画を思い出す。

ビートたけしかジャン・ギャバンか?(笑)

ビートたけしも自分で言っているけど演技は上手くはない。

でもやっぱり独特の味・・・「ビートたけし」にしか出せないものがある。

それと・・・この最終章に元悪役軍団にいた川谷拓三のご子息が出演しているんですけど・・

見ているときから誰かに似ているなぁ・・・と

気になって帰ってから調べたらやはりご息子でした。↓

画像

今はオフィス北野にいるんですねぇ・・・。

お父さんとそっくり!

細部にまでキャスティングがはまっていました。

かなり満足して映画館を出てきました。

これって「やくざ映画」じゃないと思ってます。(笑)

|

「アウトレイジ」は映画館で見るべし!

第3弾「アウトレイジ 最終章」が今日から公開。

http://outrage-movie.jp/

前作の終わり方で次もあると思っていました。

予告編で「大森南朋」を見た時、そうか・・・大森南朋がいたかぁと・・・。

毎回キャスティングにやられます。

毎回、ハズレがないのがアウトレイジです。

タケシ映画のキャスティングを任されているのが吉川威文。

えっ?と驚く役柄で俳優を登場させます。それが・・・映画ではピッタリはまる。

ちょい役であってもうならせるチョイスです。

そうそう・・・3回すべて出演している韓国の会長役の金田時男。

なんと・・・俳優でなくてタケシの知り合いのお父さんとか・・・・。ホ、ホント?

確かに・・・これまで見たことなかったけど・・・存在感があるのよね。

さて・・・今回が最後だと思うけど・・・どんな感じでしょうか?

スタッフや関係者の試写会では入りきらない程の人気だったとか。

|

より以前の記事一覧