« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

男女コンビの「納言」が可笑しくて・・・

先日、フジテレビやっていた「ツギクル芸人グランプリ2019」

この出演者の中で最終決勝まで残った4組の中に「納言」がいた。

男女コンビの女性のほうが「町をディスる」のが可笑しくて・・・このネタ考えているのはどっち?

たとえば・・「大塚の救急車は全然急がない・・・」「池袋は今やバイオハザードみたいな町」「中野の女は膝小僧が汚い」

「神田の女はすぐ金券ショップに入る」たとえが奇想天外。(笑)

 番組で披露したのは↓のロングバージョンでしたけど・・・笑った。

https://youtu.be/sseRj9DScLk

https://youtu.be/HK9sNIezfos

|

リングに上がりすぎ・・・・レフリーもいなのに(苦笑)

「吉本興業問題」がテレビで取り上げ過ぎて・・・さらに・・・芸人の参戦も多く・・・

もはや・・・食傷気味・・・。

今まで出てこなかった人物も登場して・・・リングに上がりたがる。

視聴者も・・・たぶん・・・うんざり・・・・。

会社経営はもう・・・内々でやって・・・・。

時代に付いていけないのなら・・・外部から経営者呼べばいいと思う。

・・・あの社長じゃ・・・立て直し・・・無理でしょうね・・・。

|

国会を変えた!

国会を目に見える形で変えたことは間違いない!

れいわの国会議員が誕生したからシステムも座席も介助者が隣にいることも可能になった!

国会もようやく、多様化と言う1歩を踏む。

これって・・・大きな1歩です。

この先、衆議院選挙で大勢の「れいわ新選組」の議員が誕生すれば・・・世界的にも大きなニュースになることは間違いない!

これって・・・今の日本では人類が月に1歩降りたことに匹敵するぐらいの1歩じゃないですか?

久々に痛快な気分です。

簡単なようで今までなかなか出来なかったことです。

頑張れ!「れいわ新選組」!

新しい風吹かせてください!

|

いまだに有線では「Memon]」が・・・

根強い人気の米津玄師「Lemon」

今でも買い物に行くと1回は聴く。

でも最近では、さらに・・・この歌も今かなり流れています。

同じく米津玄師が作った「パプリカ」

癖になるようなフレーズが・・・・。

 

 

 

|

吉本興業社長の会見でわかったこと

たぶん・・・今の時代では、社員数6000名前後の会社であったなら・・・

吉本の現、岡本社長のレベルでは統括できないんじゃないかな?

一昔前の商売ならこの手のタイプのトップはゴロゴロいたけど・・・

企業のコンプライアンス云々と叫ばれている時代、経営者としてあまりにもお粗末。

だいたい、社員数6000名を抱える会社だと日本では認知度が高い企業だとスカイラーク、TBS,アムコ、オリエントランドなどがある。

もう、経営のプロが社長をやる時代です。

吉本が企業として大所帯になったらいつまでも昔のやり方だと、生き残れない時代です。

この先、笑いの需要が大きくなれば・・・・

社長交代しか・・・ないんじゃない?

|

残念!山本太郎落選。

「れいわ新選組」代表の山本太郎氏が参議院比例で落選した。

しかし、れいわ新選組から2人も国会に送ることが出来た。

今回、山本太郎氏に1票を投じました。

強い自民党に対抗する野党がいない。

それならば・・・昔で言う「草の根運動」的な一般庶民の声の代弁者が山本太郎かなと思い1票を入れました。

国会の体質を変えることは、なかなか難しいが、物理的に変えることは出来る。

今回のれいわ新選組から重度障害者2人、国会に入ることで、建築構造的にもシステム的にも、障碍者に合わせて変える必要が出てくる。

これって国会議員にも国民にも「視覚的に」大きな変化を与えるだろう。

「風穴を開けましたね。」

一連の山本太郎氏の政策や政治戦略には最初驚きましたが、与党も野党も自分たちの組織理論ばかりで、国民に寄り添ってはいない。

そこに「れいわ新選組」の政策や戦力。短い期間だけど、2人当選させただけのインパクトがあった証拠だ。

今回の参議院では落選した山本太郎氏だったが・・・これが次の衆議院選挙には布石になるはず。

寄付金もかなり集めた。まさに草の根運動である。

次回の選挙は100人規模を擁立させる予定だとか。

「れいわ新選組」は必ず台風の目になるはず。

 

政治にまったく関心が無くなり、「れいわ新選組」が出なかった棄権するつもりだったけど・・

この先の活動に期待したい。

|

宮迫の会見関係で・・・

芸人たちがテレビやツイッターでコメントを発信しましたが・・・

一番驚いたのが・・・・「明石家さんまがうちの事務所に欲しい云々・・・」

えっ!さんまって吉本興業とじゃないの????

事務所って・・・?????

調べたら・・・吉本とはマネージメント契約でさんまは個人事務所を持っていたのね。

税金対策で作っているのはわかるけど・・・・さんま以外のタレントも所属できる会社になっていたのね・・・。

現にラサール石井や村上ショージ、松尾伴内もさんま事務所所属だって!!!!!!!

冗談でなく・・・・・本心かもね。

 

|

どうやら・・叩けば埃が出るのは芸人でなく・・・

「吉本興業」かもね・・・。

昨日の宮迫&亮の会見から見えてきました。

昨日の一番のポイントは「吉本のパワハラ」より・・・

仲介の入江が宮迫に説明した「闇営業の会社は吉本のスポンサーだったから・・心配ない云々・・」じゃない?

入江の話が本当だとしたらだけど・・・・。

「吉本興業」自体が反社会的組織とのつながりがあるって意味でしょ?結果論として。

芸人より立場的に非常にまずいでしょ。

このあたりが宮迫に会見をさせない大きな要因っぽいね・・・。

そこ突っ込まれたら・・・会社の信用が揺らぐ。信用どころか・・・この先の経営危機も招きかねない。

さらに・・・大阪万博も吉本興業は協力関係にあって・・・「反社会的組織」との関係が表沙汰になると・・・

税金を使って万博やるわけだから・・・取引は白紙になる可能性も出てきます。

叩けばいっぱい埃が出るのは・・・芸人でなく・・・吉本興業・・かもね・・。

芸人の給料もメスが入ってもいい時期かもね。最低賃金は完全に無視だから。

今、政府は躍起になって「働き方改革」唱えている。

それを完全に無視している吉本興業だとしたら・・・しばらくはこの問題でテレビを賑わせるような感じですかね。

相当のバッシングを受けそうです。

そうなると・・・政府関係の仕事はこの先・・・。

「芸人の闇営業」から「吉本興業」と言う会社のあり方が問われることになった。

 

|

何も引退する必要はない。

雨上がり・・・の宮迫博之が吉本興業から解雇された。

一連の問題は「不適切」ではあるが、犯罪を犯したわけではない。

吉本は企業として「解雇」したのはわかる。

でも「引退」まで追い込む必要はないと思うけど・・・。

1年ぐらい謹慎して、再度芸能界に戻っても良いと思うけど・・・。

「最初の嘘が・・云々」って言っているけど・・・。

後輩や仲間が一緒にいたことで「嘘を言わざるをえなかった」と言う所じゃないですか?

自分ひとりの問題なら案外ハッキリ言えたことが、仲間も巻き込むのは、避けたいと・・。

結果、嘘の上塗りになってしまったけど・・・。

宮迫博之に限らず、芸能人やお笑い芸人って人気商売だから一緒に写真撮ったり、その場所で交流してしまうことは多かれ少なかれあるだろうし、

その時、たまたま犯罪者と同席したとしても、その時点ではわからないでしょ?

何年も経って後から言われても・・・そこを責めるのは可哀そうだと思う。

事が大きくなると収集付かないのはわかるけど・・引退はないなぁ・・・。

謹慎で十分。

吉本解雇なら他の事務所でカムバックもありでしょ?

「アメトーーク」宮迫いないと・・・全然面白くない・・・。

芸人仲間が大好きな宮迫だからこそ、「アメトーーク」は成り立っていたと感じました。

引退しないでカムバックして欲しい。もったいない!

大勢でつるむのが好きな宮迫だから招いた事態だったけど、それが宮迫の芸風を作っていたのも事実。

引退はあまりに惜しい芸人です。

「芸人」に品行方正求めていないけど・・・。

 

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »