« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

へ~~~会食しているんだ(笑)

昨日、「太陽の末裔」に出演しているソン・ジュンギがニュース番組に出演してソン・ヘギョとの熱愛の噂が出ている質問に・・・

「この頃、会食をたびたびするが、ソン・ヘギョさんとこのことをお酒のつまみにしている」とし、「ドラマをたくさん愛してくださって、そのような反応があったようだ」とした。

あれ?プライベートでも会っているんだ・・・・(笑)

11話で2人が外で「血液型」で楽しい会話をするシーンがあったんだけど・・・

そのシーンで、ソン・ジュンギがソン・ヘギョを見つめる目の中に初めて「ハート」が見えた気がしたんだけど・・・・

つまり・・・役柄でなく・・・(笑)

惚れたな。(笑)

魔性のソン・ヘギョですが・・・

さらに・・・ソン・ヘギョとユ・アインとのプライベート写真が再びアップされたけど・・・↓

ソン・ヘギョに寄りかかるユ・アイン

去年、4月と12月にツーショットが公開されたけど・・・今年も・・・(笑)

ソ、ソ、ソン・ヘギョ~~~~@@ (笑)

|

キャ~~~!脚本が良すぎる・・・

「太陽の末裔」11話目。泣かせます。

そして12話目へ・・・

ドラマのクライマックスに向けての展開が上手い!

軍隊と言う組織から離れて「一人の男」として救いに行く・・・・

う~~~~ん・・・・脚本の上手さ感じます。

さらに・・・・セリフが良いのも前に言ったけど・・・

この脚本家は古い映画の「カサブランカ」のファンだったのに違いない!

「カサブランカ」はダンディズムがあふれていた映画だし、セリフも粋で洒落ている。

「カサブランカ」はアメリカで1930年以降の映画の中では、「偉大な脚本歴代ベスト101」の1位に選出されているし・・・この映画の主演男優ハンフリー・ボガートは「映画スターベスト100」(1999年)の男性1位選ばれている。

ふふふ・・・・韓国でこんな粋なセリフのドラマが作れるとは思いませんでした(苦笑)

|

テバク・・・・まだ序章なのに・・・

一応、チャングンソクが主役として宣伝しているのかな?

「テバク」が始まったけど・・・

1話目から見ごたえ十分で出演者たちの存在感が凄い。

チャングンソクは最初のシーンだけで物語の筋としてはまだ出てこない。

物語の序章部分なのに・・・・飛ばす 飛ばす(笑)

細かな演出やカメラワークが丁寧に作られているのを証明している。

普通、韓国時代劇って最初は全然面白くないのに・・・

テバクに関しては・・・この先、チャングンソクが出てきた途端に面白くなくなちゃうんじゃないかと心配(苦笑)

王役のチェ・ミンスは中年になっても渋くて美形です。圧倒的な存在感を放っている。

さすが・・・カリスマ俳優、チェ・ミンス。

・・・色々お騒がせする俳優ですが(笑)

そしてチョン・グァンリョルも演技の上手さは定番です。

この俳優は視聴率俳優でしょ?

作品の選び方が良いのかな?

全24話と言うのも・・・丁度良い。

期待度満点の韓国時代劇です。

そうそう・・・「テバク」の意味は大当たりと言う意味らしい。

若者言葉とか・・・。

|

ブラマヨの「アツアツっ!」が終わっちゃう・・・・

毎回必ず録画していた番組「アツアツっ!」次回が最終回のようだ。

ショック!(笑)

楽しみにしている番組だから・・・・。

最近じゃ、ベスト5に入るぐらいの楽しみな番組です。

http://www.tv-asahi.co.jp/buramayo/

|

この評論家のどこが・・・・

ショーンKの学歴詐称問題でコメンテーターの質が問われていますけど・・・・・

私が、この評論家どうよっ!

と思う人物が2人いる。

一人は、東大名誉教授と言う肩書でコメンテーターをしている「姜尚中」↓

姜尚中の画像

この方、司会者やキャスターにコメントを振られても・・・どうも毎回、的外れなコメントをしているような気がする。

この方、声がショーンKと同じ低い声で静かに話す。

だから・・・だまされる(笑)

コメントの中身聞いていると・・・・ほとんど・・・内容がない(笑)

そして低い声でゆっくり静かに話すから「尺が足りない」

それゆえ・・・・MCがそのコメントをさらに詳しく聞けない。

つまり・・・・ツッコミを入れる時間がない。(笑)

この人のコメントを文字に起こすと・・・・内容がないのが判明すると思うけど・・・・。

短い時間で的確なコメントがテレビ向きだと思うけど・・・その基準からは大きく離れている。

でも・・・この人・・・時間が長ければ内容があるか?は・・・・疑問です。

「東大名誉教授」の肩書が最強なのかもね。(苦笑)

それと・・・経済評論家の荻原博子 ↓

「荻原博子」の画像検索結果

テレビやラジオで話している内容がほとんど・・・巷のオバチャンレベルの内容。

毎回、この程度の中身なら私でも話せる(笑)

どこかの話題になっている内容を少し調べて話しているに過ぎない。

それが何故か引っ張りだこなのが・・・・不思議です。

マスコミもこの程度なら視聴者がわかりやすいと思っているのかな?

たぶん・・・・この人が話す内容よりテレビを良く見ている主婦のほうがレベルが高いと思うけど・・・。

でも・・・何故かこの2人は売れている(苦笑)

|

「怪しい彼女」から「あやしい彼女」へ

韓国映画の「怪しい彼女」のリメイク版が「あやしい彼女」となって公開する。

http://ayakano.jp/

配役が合ってる。

韓国版はかなり面白かったけど・・・・

日本版は韓国版に忠実にリメイクしている感じですが・・・・・。

おばあちゃん役に倍賞美津子!

そうきたか・・・・ふふふ・・・・合ってる(笑)

それ以外の配役もかなりイイ。

|

「太陽の末裔」が30%超え・・・・

このドラマが今までの韓流ドラマと大きく違うのは・・・・

クールで知的でユーモアに富んだセリフにある。

そして韓ドラの定番のキィーキィーわめく人がいない。

若干・・・女性軍医役のキム・ジウォンが最初の頃、キィーキィー言うセリフ回しだったが、回が進むにつれて抑えられている。

それに発電所の所長役も最初に比べてトーンを抑えている。

回を増すごとにクールさが際立つ。

兵士と女医だからいつも冷静さを要求されている。だからこそクールな雰囲気がいきている。

・・・韓国ドラマとは思えない(笑)

このドラマがきっかけで・・・

必ず登場するヒステリー女がわめきちらすドラマからそろそろ卒業しても良い頃かもね・・・韓国ドラマ。

あっ!そうそう・・・やっぱり、ソン・ヘギョはエロい(笑)

今までのドラマで相手役とカップルになっちゃう前歴は・・・・今となっては女優としてプラスになっている。(笑)

相手役の俳優で・・・ソン・ヘギョを好きにならない人はいないんじゃない?

今回も早速、噂が出たしね・・・・。ふふふっ。

|

次々と・・・五郎丸・・・・

それもトップ企業ばかり・・・・・

一番最初のフジカラーをはじめ・・・・

アサヒビール、花王、ニチレイ・・・・

これほど・・・一気にブレイクした人って過去にいた????

ちなみに・・・・↓はお笑いの井戸田潤です(爆)

「五郎丸歩 CM」の画像検索結果

|

ひぇ~~~乙武洋匡・・・・不倫・・・

今回は文春でなくて・・・・週刊新潮がスクープ!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160323-00506816-shincho-soci

この人・・・・今年の参議院選挙に自民党から出馬のうわさが出ていたけど・・・・

ある意味・・・・自民党潰し????

政治がらみのネタ?????

これで政治家への道は難しいかも・・・・。

それにしても・・・・・どいつもこいつも・・・・(苦笑)

いい加減にうんざりだっ!

|

結婚契約・・・視聴率は良いみたいです。

6話目にして全出演者のバックボーンがわかってようやく話が込み入ってきた。(笑)

これぞ・・・韓流ドラマ(笑)

内容的には目新しさがなく韓流ドラマの定番。

でも・・・結構面白い。

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2040518

今回のドラマは、イ・ソジンより相手役の女優ユイと子役が評価を得るドラマかなぁ・・・。

子役とイ・ソジンの会話が笑える。

ユイは「黄金の虹」に出ていた時より数段演技力が上がっている。

このタイプの女優さんはさらに演技が上手くなれば年とともに評価が上がり主役でやっていけるかも。

http://www.ougon-t.jp/

|

同期現象の動画にビックリ!

昨日の「「人間とは何だ!?」で放送された動画に驚いた!

バラバラに動かしたメトロノームが数分後に揃ってしまう・・・・。

http://www.tbs.co.jp/ningentoha2016/

同期現象と言う。

何故?

早速調べました。(笑)

↑のメトロノームの場合、載せている台にヒントがある。

微妙に左右に動いている・・・つまり上のメトロノームの動きが下の台に伝わっているのが 同期現象を生み出すようです。

なるほど・・・・下の台が動いているのに気づかなかったわ。

|

資生堂専科の満島ひかりのCMの衣装が・・・

↓の衣装が中々・・・良い。

少し厚手のTシャツで少し色落ちして少しよれている。

このよれ具合にセンスの良さが出ている。

それにパンツにサスペンダーを合わす。

中々です。

|

ディーンさま・・・・マルトモのCMに・・・

昨日、偶然見たけど・・・・ディーンさま・・・・鰹節のCMに出ていた。

http://www.marutomo.co.jp/brand/#page1

やっぱり、今、一番インパクトがあるのかな?

あっ!ディーン・・・・何々?って具合に画面見ちゃうよね。

今が一番CMの稼ぎ時かも・・・・。

|

まだ3月ですが・・・・

2016年度韓国ドラマのナンバー1は「signal」に決定でいいです(笑)

後半は核となるストーリーの展開にもドキドキさせられたが・・・・毎回、泣かされるシーンがあって・・・こんなドラマ久々です。

それも出演者の演技力が上手くて・・・・。

イ・ジェハン役のチョ・ジヌン ↓がまた上手くて・・・驚きました。

脚本と演出、俳優たちの演技力・・・ハイレベルで三拍子揃っているドラマはなかなか無い。

歴代のドラマの中でもトップクラスかなぁ・・・。

|

「あいつ、今何してる?」が・・・ゴールデン進出

深夜枠では毎回録画していた。

芸能人の同級生が今何している?という素人登場の番組なのにこれが結構楽しめる。

視聴者にはまったく知らない素人なのに子供の時からどう変化しているか?に興味が湧く。

多分・・・この番組を最初に作った時点ではスタッフも受けるかどうか半信半疑だったと思われる。

だって・・・視聴者にはまったく知らない芸能人の同級生(素人)がどう変わったかなんて興味を持つか?と思うでしょ?

これが不思議と芸能人以上に視聴者も興味津々になる。

これがヒットの要因だ。

さて・・・・ゴールデンになってどう変わるか?

http://www.tv-asahi.co.jp/aitsuima/

|

ディーンさま・・・特番

日テレにて3月27日・・・土曜深夜「ディーン・フジオカ&アジアの友」

http://www.ntv.co.jp/asia/index.html

録画、録画(笑)

|

最初から2人共・・・・・・エロい(笑)

ソン・ヘギョとソン・ジュンギの「太陽の末裔」がスタートから高視聴率をマークしてる。

最初からこの2人はなんだかエロい。

ソン・ジュンギは兵役を終えてから雰囲気が大きく変わった気がする。

大人の俳優になってきた。

そこに・・・・ソン・ヘギョだ・・・・・(笑)

これキャスティングした人・・・凄いわ。

1話目からドキドキワクワクする感じが出て・・・・

内容関係なく・・・この2人の組み合わせが・・・・すでにエロい。

1話を見るまで特別見たいとは思わなかったけど・・・

見たら最後・・・・何だか見たくなるドラマになっている。

恐るべし!ソン・ヘギョ・・・・

|

ディーンさま・・・またしてもCMに・・・

http://www.lotte.co.jp/entertainment/campaign/lb/2016/

知的さがにじみ出てます・・・・

歌も耳に残るね。

|

がんばれ!内藤やす子

昨日の「金スマ」見ました?

内藤やす子が10年振りに歌手活動を再開した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-10115610-lisn-musi

想像していた歌声よりかなり良かった。

聞けるレベルです。

もともと歌が上手いからでしょうね。

カセットで内藤やす子のベスト盤まだ持ってます。古い・・・(苦笑)

ハスキーな声が好きなので・・・・。

桂銀淑のCDも持っている。(苦笑)

それにしても・・・脳溢血から倒れて10年。現在65歳。

旦那さんの献身的なサポートがなければここまで回復しなかったでしょうね。

奇跡に近いと思う。

昨日は見入ってしまった。

|

世界卓球が見応えあり!

世界選手権団体戦クアラルンプール大会がテレビ東京で連日中継されている。

女子の団体戦で日本代表になっている中学生の伊藤美誠が凄くて・・・

特に昨日の対北朝鮮との試合は凄かった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201603/CK2016030502000126.html

伊藤は今まで負け知らずなのが先発では負けた。

そして同じ相手と再び対戦。

途中見てられないぐらいのハラハラドキドキ感。

それにしても・・・技術と精神力と判断力が中学生ではない。

びっくりぽんや・・・・・。

|

これぞ・・・韓国ドラマの真骨頂「SIGNAL」

「signal」が最終回に向けてラストスパートをかけている。

こういったドラマは日本では絶対に出来ない。

脚本が良いから仮にこのドラマを日本でリメイクしようとしても・・・・

絶対無理だろうな。

俳優たちの演技レベルが違いすぎるのとリアルさの違いだろう。

韓国ならではのドラマだから・・・・。

ここ最近では、秀逸のドラマです。

この分野のドラマは韓国はピカ一です。

出演者たちは高視聴率のご褒美休暇をもらってプーケットに行っているみたいです。

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »