« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

「テルマエ ロマエⅡ」

http://thermae-romae.jp/

一番の印象は松島トモ子と阿部ちゃんの顔芸(笑)

この映画のターゲット年齢はいくつなんでしょうか?

50代以上じゃないと通じないギャグが多い・・・・。

松島トモ子・・・・2、30代は知っているのかな????

パート1を見てしまうとインパクトが無い分・・・・面白さは減少かな?

予算はかかっているけどね。

初めて見ると面白いかもしれない。

しかし・・・地上波で公開前に放送されてたから、どうなんだろうか?

パート1が100点(基準)とすると・・・・パート2は・・・・・75点ぐらいかなぁ~~~。

ゴールデンウィークに見るには楽しいかも。家族づれも多かったです。

|

「スシロー」のラーメンですが・・・

マルちゃん正麺しょうゆ味?って思ってしまった。(笑)

そう考えると「マルちゃん正麺」って凄いね、やっぱり。

もはやインスタントラーメンの域を超えてる。

「スシロー」で何が一番好きかといえば・・・・「茶碗蒸し」(笑)

回転ずしの中では一番「スシロー」の茶碗蒸しが美味しい。

へたすると普通の鮨屋のものより美味しいかも・・・・。

今更ながら・・・・最近の「回転ずし」はもはや寿司屋を超えている。

|

「黄金の虹」のOSTが良い

「月が泣く」

|

「君の声が聞こえる」のチャ・スウォンPDが再び・・・

ユン・サンヒョク主役の新しいドラマ「カプドン」を演出。

映画みたいな出だしです。

ファーストシーンを見ただけで「おっ!」このドラマは凄いと思った。

調べてみたら「君の・・」と同じPD。

かなりの迫力と緻密な演出で視聴者を引き込む。

この作品でユン・サンヒョクは、大物俳優にスキルアップしそうです。

コメディー色はまったくなく・・・俳優としての勝負作品になる予感。

このPDは、脇を固める俳優たちのキャスティングがものすごく良い。

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1988260

すでに「カプドン」でも1話から脇を固める俳優たちが最高です。

今回の相手役の女優がキム・ミンジョン!なかなかです。上手い女優です。

ジャンルは「犯罪捜査ドラマ」

この手のドラマは見たくないんだけれど・・・

1話目出だしから引き込まれました。

このチャ・スウォンPDが・・・・凄いんでしょうね。

近いうちに映画監督になるよね。この実力があれば。

|

この俳優にこんな可愛い子供が!!!

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」の犯人役の俳優 チョン・ウンインにこんな可愛い子供がいたんですね。へ~~~~。

このドラマを日本でもリメイクすれば良いと以前ブログに書いたけど・・・この犯人役が日本で適任者がいない。

かなりの悪役だけど重要な役どころ・・・・・上手い俳優でないと出来ない。

それと国選弁護人の上司役もいない。

日本の俳優の幅のなさを痛感します。

なかなか悪役ってしたがらないから。

主役級で悪役できるのは、今は香川照之ぐらい?

年配だと津川雅彦か・・・・・このタイプの中堅俳優って今いないよね。

「君の声が聞こえる」は韓国オリジナルだけで良し!(笑)

日本版は無理。

チョン・ウンイン、「パパ、どこに行くの2」出演へ

|

社会現象になりつつある・・・

「アナと雪の女王」

松たか子の歌が大注目をあびて、さらに・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140410-00000001-piaeiga-movi

みんなで一緒に歌う・・・・

結局、2度見?(笑)

アメリカでの映像は、大盛り上がりでした。

日本でも盛り上げりそうですね。

この歌、さびの部分以外は難しそうですけど・・・↓

|

ちょっと~!おかしいって・・・構図が・・・

昨日、STAP細胞の小保方さんの会見があったけど・・・

今までの理研の対応も変だし、さらに・・・・

何故にマスコミがこれほどのバッシング記事を出すわけ????

そもそも・・・普通ならば、自社の社員の不祥事は、会社がホローして対処するでしょ。

今回ならば理研が小保方さんの記載事項の検証をして、不備があったら訂正させ、バックアップ体制を取って守ってあげるのが、スジでしょ?

それをあっという間に小保方さん一人を悪者にして、理研は「関係ございません!」だって!!!!!!!!!

信じられない!

何故に「理研VS小保方」の構図ができるわけ?

それがそもそもおかしいわけで・・・・・。

さらにマスコミの魔女裁判的なスタンス。

これじゃ、この先、未来を担う若い研究が画期的な研究を発見しても恐ろしくて発表出来ない環境になってしまう。

若い研究者は海外に流出してしまう。

忘れてはいけないのは、今回の問題は、論文の書き方や手順に問題があってSTAP細胞のあるなを論じているわけではない。

昨日の会見では何百STAP細胞を作ったと言っている。(個人的には信じていますけど)

それならば、この世界的な研究を日本で発展させなければいけない。

今回の騒動は、小保方さん自身の不手際と無知。そしてそれを指導する立場にあった若山照彦山梨大教授と理研の笹井芳樹・発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長の管理責任にあると思う。

小保方さんの名誉挽回の為にもSTAP細胞の発展のためにも理研でさらなる成果を上げて欲しい。

こういった研究は長い目で見ないと・・・・・。

|

いや~~~中国マスコミが・・・・凄い!

インタビューのマイクが!!!!!!!(笑)

201404021214403310_1.jpg

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »