« 「イ・ソジンVSキム・ヒソン」いいねぇ・・・ | トップページ | 「THE MANZAI 2013」 »

ゼロ・グラビティ・・・・不思議な映画でした

今年のナンバー1映画として挙げている評論家が多いのよね・・・・。

この年末の話題作「ゼロ・グラビティ」を見た。

http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/

上映時間は短い。約1時間半。

登場人物はほぼ2人。

何だろうか?上手く感想を伝えられない。

ハッキリ言えるのは、この映画はDVDでなく映画館で見る映画です。

映像が画期的だから見る人を同じ空間にいざなう。

実は、それがこの映画のキーポイントになる。

DVDだと感動は起きないかもしれない。

最初からハラハラして「どうなるか?」で90分息も抜けない。

リアリティーがあるから「もし自分だったら・・・・」と考えることが恐怖心を呼ぶ。

勿論、宇宙空間で繰り広げられる話だから100%その立場にはならないのはわかっているのに・・・

たぶん、宇宙空間での思考が人間の根源的な問いかけ(哲学的)と同じ意味を持つからだろう。

この映画では、予測つかないシーンで涙が出る。

何気ないシーンや何気ないセリフに琴線が何度も触れる。

何度泣いたか・・・(笑)

泣く映画の要素がないのに・・・・不思議でした。

2度見る映画ではないと思うけど・・・・1度は映画館で見ると良いです。

点数は・・・・・つけられない。

こんな映画今までなかったことは確かです。

|

« 「イ・ソジンVSキム・ヒソン」いいねぇ・・・ | トップページ | 「THE MANZAI 2013」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事