« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

「夕陽を追いかけて」が・・・

毎年恒例の小田和正の「クリスマスの贈り物」の中で歌った「夕陽を追いかけて」が良かったなぁ・・・。

泣ける歌です。

財津和夫作詞、作曲です。

今回、この歌初めて聴きました。

チューリップ時代の歌のようです。

|

テレビ朝日が来春放映する「上意討ち」

http://www.tv-asahi.co.jp/jouiuchi/

昔、東宝で三船敏郎で制作された。

それがDVDになっているので早速借りてきて見た。

http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id142086/

白黒映画。45年前の映画。

かなり面白い。古さを感じさせない。配役が皆ピッタリ!

よく、テレビ朝日はこの作品探したね。

物語の根底は現代に通用する普遍的な話でもあるし、かえって今だから抵抗無く見られるかもしれない。

しかし、三船敏郎と田村正和と比べると・・

田村正和の線が細くて迫力に欠けやしないかな?

仲間由紀恵は合っているけど・・・。

|

ふふふ・・・・大晦日・・・BS-TBSは「酒場放浪記」特番!

大晦日にBS-TBSは「吉田類」で行くっ!(笑)

それも6時間!!!!!!

凄いね~~~。

http://w3.bs-tbs.co.jp/sakaba/

紅白よりこっちだな(爆)

|

ホッとする結末だった・・・けど・・・王女の男

結末は二通り考えられたと思うけど・・・・

過去の作品の「名作」と呼ばれたパターンからすれば、主人公が亡くなったほうが、圧倒的に視聴者の心に残る作品になる。

「茶母」「バリでの出来事」「ゴメン。愛してる」などいつまでも心に残る作品はみな主人公が死んだ結末になっている。

今回の「王女の男」もよく出来た作品だったけど・・・

結末が主人公、または2人とも死んだとしたら、作品的には、名作になっていたような気がする。

私は、結末は2人とも亡くなるかなぁ・・・と思っていたけど。

結末は置いといて・・・作品的には、最終回までよく出来ていました。

総集編を2回に分けてやるようですけど・・・24話分を2時間で収まるの???

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/oujo/

|

アウト×デラックスがバージョンアップ!

深夜枠の特番からゴールデン特番に進出して今回で4回目。

番宣かねて大物ゲストを出演させて、バージョンアップしてます。

この番組の「アウト!」な出演者を面白く見せているのがやっぱり演出かなぁ・・・。

個々の話を長く見せないで面白いエピソードだけをピックアップしているからしているから楽しく見ていられる。

2時間の特番でいったい収録に何時間かけているんだろうか?

編集作業にかなり時間かけているような感じです。

今回の「アウトな人」では、「将棋の加藤一二三」と「女優の高橋ひとみ」がかなりの出来(笑)

ふふふ・・・将棋連盟のHPに加藤一二三がテレビに出演するお知らせがっ!

http://www.shogi.or.jp/topics/2012/12/post-661.html

今後、この流れでいくと番組改編時に番宣兼ねた大物出演者を出して年4回の特番?(笑)

|

クララが!!!!!@@

年とともに価値観が古くなってきているのか?はたまた、世の中がオカシイのか?

こんな思いをする今日この頃(苦笑)

そんな思いをするのは、決まってCMだ。

今回の驚きCMは「家庭教師のトライ」

この会社のCMは「アルプスのハイジ」のアニメに手を加えたシリーズになっている。

最新バージョンに驚いた!

http://www.trygroup.co.jp/cm/

クララが「どうもこうも・・こんなザマよっ!」と驚きの棄てゼリフを吐く(笑)

いやぁ~~~そんなセリフ言わせるかっ!

「自暴自棄のクララ編」だけどもね・・・。

「明治は遠くになりにけり・・・」(爆)

|

ヒョンビンの除隊挨拶が素晴らしい!

零下10度の中、大勢のファンとマスコミがヒョンビンを迎えた。

その時の短い挨拶とインタビューを見て、ヒョンビンの素晴らしさを再認識した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121207-00000019-flix-movi

http://www.wowkorea.jp/news/movie/2012/1207/10106256.html

性格の良さはもとより、気遣いや優しさや思慮深さはこの短い時間でも伝わった。

以前から頭も育ちも良いとは思っていたけど、こんなにスピーチが素晴らしいとは驚きだ。

寒い中駆けつけたファンも心温まる瞬間だっただろう。ファン冥利に尽きますね。

うらやましい(苦笑)

|

はははっ・・・ここまでオチつけるわけ?(爆)

昨日のサッカー(クラブW杯)の広島のゴールパフォーマンスが可笑しくて・・・

夜のニュース映像では、魚を釣りあげてピチピチ跳ねる所までしか写していなかったけど・・・

その後まだ・・・オチがあったわけ。それが・・・・↓の写真です。

http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1354841122

大物釣り上げて記念写真を撮っている。(爆)

だれだっ!このパフォーマンス考えたのはっ!(笑)

あっははっ・・・ここに ↓ パフォーマンスの詳しい解説がっ!!!! 

http://web.gekisaka.jp/?u=%2Findex.fcgi%3Ftwm%3Dv%26amp%3Bmenu%3Dfl%26amp%3Bguid%3DON%26amp%3Bkey%3DXxp0myW8%26amp%3Btwi%3D110987

次の試合でも新しいパフォーマンス考えているようです。(笑)

ぜひ、見たいから勝ってくれっ!

|

見ごたえあった「2012FNS歌謡祭」

長いから全部見たわけではないけど・・・

華原朋美の歌は見た。声も出ていたし、綺麗でしたね。38歳には見えなかった。頑張って欲しいですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121205-00000317-oric-ent

この番組に出ている歌手たちは、みんな「リキ」入ってました。

自分以外みんなライバルと思って歌を競っているのが伝わる。

今回は、何と言っても「玉置浩二」の凄さでしょうか?

上手かった!再確認だわね・・・・。それにあんなに楽しそうに歌う歌手っていそうでいないよね。

「音楽」は音を楽しむって書くけど、まさに玉置浩二そのもの。

ファンではないけど、一連の奇奇怪怪を知っているから見ているほうは何だかハラハラして目が離せなかったけど・・

今回出ていた歌手の中ではダントツの上手さでした。

それと意外な気がしたけど鈴木雅之って「声量」がないのに驚いた。

この番組の怖さって歌の上手い下手がしっかりバレることでしょうか?

|

寝るのを忘れた・・・「サム・クック特集」

夜、寝る時、ラジオをかけることが多い。

昨日の深夜、FM東京を偶然かけたら、「ビック・スペシャル サム・クック特集」をやっていて、思わず聞き入ってしまった。

1時から3時間。DJの話も面白かったし、色々シンガーがサム・クックをカバーしていてそれを聞くのも楽しかった。

途中で寝られず最後まで聴いてしまった。

こんな番組はラジオならではです。

トータス松本がカバーを出していたのは驚きでした。

http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11420308872.html

|

ふふふっ・・・ちゃっかり登場・・・・吉田類(笑)

昨日の「孤独のグルメ」で吉田類が登場!

砂町商店街で一杯飲んでた(爆)

この「孤独のグルメ シーズン2」は業界でもマニアックなファンを持つ番組とか・・・。

評判が良いからか、シーズン2には有名な俳優がちょい役でも登場してます。

ギャラは安くても出演したい番組なんでしょうか?(苦笑)

色々な意味で制作側が楽しんで作っている感じがします。勢いがある。

今回は「砂町商店街の惣菜」をテイクアウトしてゴローが事務所で食べる設定になっていた。

考えたね。こんなパターンもあるのかぁ・・・。

|

「英国映画のプライドとファン感謝デー」・・・007 スカイフォール

50周年記念作品の「007 スカイフォール」を見てきた。

映画の評価を何処に置くかで評価は変わる。

ハリウッド映画とは、「一線を画する」と言う英国の心意気と言うかプライドを感じたし、007が始まって50年の記念すべき作品と言うスタンスを考えると今回の「007 スカイフォール」は個人的にはかなり高評価です。

各ロケ地の素晴らしさとイギリス原風景。

大昔の「冷戦時代」の単純なスパイ物からすれば、今の時代の世界情勢の変化、コンピューター時代の犯罪やテロ、戦争、複雑な時代のスパイ物は、かなりやりづらいだろう。

今回の映画は色々な意味で「007映画」に対する自問自答の映画になっている。

「英国の頑固さは永遠だし、古いものを決して蔑ろにしない」

そのあたりは、十分伝わった。(笑)

そういった意味合いで高評価を上げたいわけです(笑)

記念すべき50年を記に「007」はこの先も永遠に制作を続ける強い意志も感じたしね。

「ボーン」シリーズとはやはり「一線を画する」わけです。

なんてたって50年の歴史だぞっ!(笑)

だからか?映画館では年齢層高かった。

若い世代は、「ボーン」かなぁ・・・。

|

前田遼一の呪い伝説って・・・知ってました?(笑)

現時点でJ1残留争いが続いていますが・・・・

こんな都市伝説があったの知ってました?

「ジュビロ磐田の前田がシーズン最初のゴールをした相手チームは、J1に残れない。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121128-00000124-sph-socc

そして・・・・今年最初のゴールが・・・・G大阪・・・

今、戦っているけど・・・

どうなるっ!

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »