« 酒場放浪記のナレーションの河本邦弘は・・・ | トップページ | それは・・・非通知でかかってきた・・・ »

「家族のうた」6話が今までで一番良かった!

6話の出来をもっと早く出していれば・・・打ち切りにはならなかったような気がする。

このドラマは「大人」が主役でなく「子供」が主役ということを早い段階で明確に打ち出せばもっと視聴者の共感を呼んだと思う。

4話ぐらいまで視点がぶれて散漫的なドラマ進行になったことが、打ち切りの原因。

「家族のうた」の意図は中々良いと思うから残念。

でも最初から脚本と演出が悪かった。

それでも見続けていたのは、オダギリ・ジョーと子供たちのからみが中々良かったからだ。

子供たちを「ミジンコ」呼ばわりするオダギリ・ジョーの人物像も6話目はかなり良かった。

「大人は子供を愛する義務がある」と見ている大人が改めて気づいてくれたらこのドラマは大成功だ。

あと2話。いいドラマに仕上げて欲しい。

1話目から録画して消去しないで残しているドラマはこのドラマだけです。

スタッフブログを見るとコメントの数がかなり多い。熱烈ファンも結構いるのに・・・

http://blog.fujitv.co.jp/kazokunouta/E20120520001.html

視聴率って・・・ナンナンダ????

|

« 酒場放浪記のナレーションの河本邦弘は・・・ | トップページ | それは・・・非通知でかかってきた・・・ »

日本のドラマ」カテゴリの記事