« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

「絢香」ってカムバックするんだ・・・意外と早いね。

年末のNHK紅白歌合戦の出演者が発表~~~~。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kouhaku/2011/index.html

その中に「絢香」がちゃっかり入っている(笑)

病気は回復したんでしょうか?

確か休業に入る最後の仕事が「紅白」だったよね?

重ね重ね・・・NHKタレント(笑)

今年は東北の復興を応援する意味で縁のある出場者も多い。

「猪苗代湖ズ」も出場!!!

「福島が~~~好き~~~~♪」

今までの売り上げを全額寄付している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111130-00000112-spnannex-ent

K-POPは今年出ないとか噂があったけど・・・しっかり3組出ている。

確かに数字取れるからなぁ~~~。

それと今年の顔でしょうね。「芦田愛菜」も出演です。

何だか視聴率は上がりそうです。

|

Hometown・・・柳ジョージ名曲集

これも良い曲でしたね・・・・

気持ち良さそうに歌っています。「STAY」↓

「BURNING」も行っちゃう?↓

|

Good-bye My Darling

|

HEAVY RAIN からもう一度

歌詞が良くって・・・

やっぱりこのギターの音色にしびれたかなぁ~~。

星空のサザンクロス・・・・

センチメンタル・ナイト・・・・

|

へ~~ランキングもバカに出来ない・・・「国産たまねぎスープ」

通販の食品って買わないけど・・・・先日近くの大型ドラックに行ったら・・・・

「楽天ランキング市場スープ部門1位127回獲得」と言う「たまねぎスープ」が売っていた。購入。

12食入って398円と言う特売価格。

調べてみるとネットでは525円とある。通常は30食1000円と言う価格で販売している。↓

http://item.rakuten.co.jp/shizennoyakata/tamanegi/

シンプルだけど美味い!

昆布茶感覚でたまねぎスープが飲める。

値段も1袋約33円だから通常のインスタントのお吸い物と変わらない。

リピーターが多いのもうなずける。

又買ってこようっ~~と。

|

はははっ・・・ゆるキャラの投票に不正があったとか・・・

ネット投票で「ゆるキャラ」人気を決めるイベントがあったけど・・・・

その投票で不正があり・・・・(笑)

結局不正分は無効にしたが・・・・かえって知名度を上げ堂々の3位(苦笑)

やったもん勝ちみたいな事になったような・・・・

ことの顛末はこちら↓

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20111128-OHT1T00039.htm

テレビのワイドショーでも取り上げたからさらに知名度が上がった・・・・

なんだかなぁ~~~~

|

青龍映画祭のベストドレッサーは・・・

今回はイマイチ「ベストドレッサー」に値する女優がいなかった。

だけど・・・イム・スジョンがかなり魅力的に見えた。それにしても・・・「細っ!」

2011112301971_7

それと今回はプレゼンターとして授賞式に出演した「スエ」赤のドレスも似合う。自分の立場をわきまえているコーディネートです。

やっぱり・・・「コーディネイト」は「こうでねぇ~と」・・・・お後がよろしいようで・・・(笑)

2011112501001786600153821

|

こんなん・・やってます・・・ゆるキャラグランプリ

http://www.yurugp.jp/

インターネットで投票。

くまモンが1位って言うのが・・・理解できない(笑)

組織票か???

それと驚くことに埼玉県は49キャラもエントリー!!!!!

埼玉県民はどんだけゆるキャラ好きなんだろうか?

平和だなぁ~~~~~~イエッ~~~~イ^^V。

|

You Tubuに珍しい曲があった・・・・柳ジョージ

|

レイチャールズと柳ジョージ

|

すでに2話目の途中でリタイアしてる・・・「南極大陸」

視聴率が下がっているらしい・・・当然でしょうね。

面白くないもん。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/238093

何故面白くないか?

はっきり言って木村拓哉は「俳優」でないからだ。

アイドルの看板出しているうちは、・・・カッコ悪い役や「よごれシーン」しないし・・・。

ここが「俳優」と「アイドル」の違い。

アイドルはアイドルの役柄がある。そこ追求していけば良いのに・・・。

キムタクに演技力なんて求めていないでしょ?

|

「そんなことは言っていない・・・でも訂正を求めない 」 へっ?

野田総理の回答がもう支離滅裂。

わけわかんねぇ~~~。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111115k0000e010024000c.html

ここ最近は質問者が結論を求めているのに「結論に至る方法」を述べている。

大体いつもこのパターンが多い。

つまり・・・・何も答えていないことになる。

国内で何も答えないで外国に出ると国民が聞いてもいないことを発表する。

なんだ~~~~?????

TPP問題にしても・・・「建前」なんて聞きたくも無いのに「本音」は封印。

終始建前論。だから民主党の中で正反対の受け取り方をしている。

だから「回答」がどう考えても頓珍漢になる。ばれるウソ言うなよなっ!

ネットが発達してきた日本でいつまでも国民を騙せると思うなよっ!

大臣たちは忙しいせいかほとんど「ネット」は見ないようだから・・・・

情報は大手新聞社とテレビだけで知られていると勘違いしている。

いつまでも国民は甘くないぞ。なめんなよっ!

|

冷やし中華・・・じゃなかった「絵手紙始めました~~~♪」

仕事関係で「絵手紙」の展示会を見に行く羽目になり・・・そのまま入会になってしまった・・・すでに絵手紙道具一式揃ってた(苦笑)

まっ・・・いいか・・・絵や書道は嫌いではない。

この「絵手紙」は上手い下手は関係ない。筆の持ち方も独特でゆっくり描く。そして下書きなしの一発勝負。やり直しがきかない。

どういったものかもまったく知らず何の情報もないまま始めた。

先生曰く、その方がいいらしいけど・・・・

公民館で月一回集まって作品をしあげる。

今回は年賀状。来年は辰年なので先生が見本を持ってきてそれを手本にして描く。

今回は筆を割り箸に変えて描く。色づけは、後から筆で入れる。

見よう見まねで作った作品が↓

人生初の絵手紙(笑)皆に見せると「えっ!上手いねっ」と驚く。「初めて書いた」が冒頭につけるとだけど。ははっ。

20111114144312

最後に参加者全員の作品をボードに展示して意見交換をする。

どうもこの絵手紙はベテランの人も初心者も出来上がりに大差がない・・・。

あるのはその人の個性が出るだけ・・・・。

上手い下手を比べるものではないことがわかる。

絵心が無い人も気楽に始められるのがいいかもしれない。

やっているときは夢中だから楽しい。

来月は30cm大きさの扇方の和紙に龍を描くらしい。

2回目にして大作(笑)

|

うまいっ!座布団1枚!(笑)

「落ちないと思う気持ちが落とし穴。」だったよね?(笑)

何だろうか?「家政婦のミタ」よりも「専業主婦探偵」の方が面白いと思う今日この頃(笑)

「専業・・・」のドラマとは直接関係ないシーンの「小ネタ」にハマッテいる。

冒頭の標語は、芹菜の友人の初恋の人を探すシーンの工事現場に書かれていた。

実際の標語はもっとシンプルだからスタッフの洒落でしょうね。

このドラマはスタッフに「遊び心」があってそれがかなり生きている。

毎回数回は大爆笑がある。

この手のドラマは「大目に見る」度量がないと・・・・見ていられない(笑)

マニアックだけの大集合視聴ドラマです。ふふっ。

|

官僚の文章能力に脱帽(苦笑)

いやぁ~~~~昨日の野田総理のTPP記者会見。

その後の反対慎重派の拡大解釈に笑った~~~。

BSフジのプライムタイムを見ていたのだが・・・・

番組途中で山田元農政大臣が電話出演。

今回の野田総理の会見に対してどう思いましたか?の質問に・・・・

「良かった。結論を出さないで先送りにした。われわれの主張が届いた・・・ナンタラカンタラ」(笑)

えっ!ええええええ~~~~~~っ!!!!!!!

誰しもこの山田議員の回答に目玉飛び出たに違いない。

番組のキャスターもほぼ絶句(爆)

何故そう思いますか?に・・・・

「TPP参加とは言っていない。その前の協議に出る・・・ナンチャラカンチャラ・・・だから我々が民主党を離脱することはない・・・・グダグダ(笑)」

すげえぇな・・・・・官僚の文章力(爆)

拡大解釈させるだけの力があったわけだ。

まあ・・・・・・拡大解釈するのは・・・・慎重派だけ(爆)

でも・・・この野田総理の原稿は・・・・

「国民をなめている以外何ものでもないっ!」

ふざけるなっ!(怒り)

|

ジム・キャリーのアクターズ・スタジオインタビュー

私の好きな映画を3つあげろと言われれば・・・・必ず「マスク」は入っている。

テレビで何度となく再放送をしているけど毎回見てしまう。

そして何度見ても可笑しい。わかっているのに可笑しい。飽きない。

そんなにジム・キャリーが好きかと言えば特別好きと言うこともない。映画「マスク」が好きなのだ。

個人的な情報も知らない。

しかし・・・アクターズインタビューに出演となればやっぱり見たくなる。

11月2日にNHKで放映した。(2011年制作)

http://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20111102-10-09461&pf=f

かなり良い出来。保存しておこう。

最後に学生たちの質問に答えるコーナーがあるんだけれど・・・答え方やメッセージに感動。心に残るメッセージだった。

前半はジム・キャリーのエンターテイメント性を存分に発揮して見ている人を楽しませ満足感を与えた。後半は俳優としての生き方をストレートに語っていた。何箇所かメモして残しておこうかと思う良い言葉が聞かれた。

このインタビュー見たらファンになる。

ぜひ、再放送があったら見てください。

|

好きだから好意的に見るけど・・・・・

専業主婦探偵のことだけど・・・・

ぶっちゃけ、旦那(藤木直人)は、変装した自分の妻(深田恭子)に遭遇しても「気づいていない」という・・・・設定だよね?ドラマ上では・・・・。

普通は「気づかないわけねぇよっ!」ってツッコミを入れたいところだが、ドラマが面白いので見方も好意的になる(笑)

昨日の第3話も・・・「気づいていない」設定ね・・・・ふふって思って見ていた。

そうしたら家の旦那が「気づいているじゃないの・・・」と・・・・。

「えっ!!!!!」

そ、そうか・・・そういった手もあるかもしれない・・・・

そうなると・・・好意的に見てたのは・・・・「ナンナンダ~~~!!!」って雄たけびを上げたくなる。

そこんとこ・・・スタッフ一同は心するようにっ!

「実は気づいてた」は許さんっ!キッ!

      ↑

ドラマにハマッテイル証拠です(爆)

      

|

もう・・・そこまでだ!高嶋政伸!(笑)

ここ最近の高嶋政伸の悪役はどうなんだろうか??(苦笑)

今テレビ朝日の「doctors」に医者役で出演しているが、その演技が・・・・。

1話目より2話目・・・さらに3話目と・・・・シリアスの限界超えている(笑)

もう・・・そこまでだ!高嶋政伸!

それ以上は、ギャグになってしまう(爆)

主役を引き立たせる為の敵役は、ある程度のインパクトは必要だ。

しかし・・・やっぱり・・・やりすぎだろう。

1話目の高嶋の演技見て、チャンネルを変えなかったのは、内容が面白かったからだが・・

昨日の2話目の高嶋の演技・・・・やっぱり・・・

予告編の3話目はさらに・・・・@@。

どうしよう・・・・doctorsを見続けることが出来るだろうか・・・・

TBSでやったクサナギと今井美紀のドラマも高嶋政伸がどうしても耐えられなかった(笑)途中で挫折した。

同じような役柄なんだけど・・・今回も・・・。

も~~~いいだろう・・・・

止めてくれっ!

|

どんだけダンカン・ジョーンズにハマッテるんだ?

「ミッション・8ミニッツ」の監督ダンカン・ジョーンズにハマッテ昨日は第一作目「Moon」をDVD鑑賞してさらにハッマタ!

SF映画の場合は、最初にどんなストーリーなのか追うため細部まで注意がいかない。

面白くなければそれで終了になる。

しかしその作品が面白ければ2回目はさらに面白さが増す。

・・・ってワケで・・・今日も「Moon」を見た!(笑)

1回見て内容を把握しているので安心して細部まで堪能できる。

2度目の方が、監督の隠れた信念とか静かなる主張などに気づく。

「Moon」は1度目では気づかなかった監督のテーマが2度目で、強烈なインパクトとして余韻を残す。

この監督の作品は2度目の方が面白さがさらに増す。

だから・・・今公開中の「ミッション・8ミニッツ」も2回目の方が絶対面白く見ることが出来る作品だと思う。

見終わって気になるシーンやどう解釈していいのか?を調べると理解度が増すので、もう1度見て確認してみたくなる。

最後の方に鏡のオブジェが出てくる。それが実際にシカゴにあるクラウド・ゲートと言うパブリックアートだと知らなかった。映画のセットかと思った^^:

そこにも大きなテーマがあると思うのだが・・・・1回見ただけでは、理解は不能だ。

DVDになってから再び見るか?映画をもう1度見にいくか?迷う・・・・・。

それと邦題「ミッション8ミニッツ」はいただけない。やはり原題の「Source Code」がピッタリする。

1作目の邦題「月に囚われた男」もいただけない。やはり原題の「Moon」でしょうね。

この監督の核の部分が哲学的な思考なので題名はそれぞれ見た人が膨らませれるようなシンプルな題名にしていると思う。

だから・・・原題のままで良い。

それにしても・・・久々に余韻を引きずる作品に出会った!

1週間近く経っているのに未だに映画が頭に残っている。

|

着ボイスは・・・・長谷川博己の「えっ?!」かな(笑)

視聴率も絶好調の「家政婦のミタ」

長谷川博己演じるお父さん。優柔不断で情けない父親。

そのため・・・「えっ!?」と言うセリフがかなり多い。

何だか・・・「えっ?!」がツボにハマッテいる(笑)

この先番組のサービスとしてこの長谷川博己の「えっ?!」を無料着ボイスとしてどうでしょうか?(笑)

昨日の第4話では、お父さん追い出されました(笑)

まったく先が読めないドラマです。だから面白い!

主題歌「やさしくなりたい」も発売しました。

http://www.ntv.co.jp/kaseifu/song/index.html

カップリングは、「にけつッ!」のオープニング曲のようですが・・・・

http://natalie.mu/music/news/57831

|

茶番じゃねぇかっ!政府のTPP問題。

最初から結論が出ているのに国民を騙した政府!

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011110302000026.html

反対派が多数を占めそうな気配があるが、それとは関係なく「TPP推進」と結論が出ているようだ。

茶番以外何ものでもない。ふざけるな!

大震災が東北を遅い、復興まで数年かかると言う非常事態に陥っている上に福島原発事故の放射能汚染をこれから数年に渡って除染しなくてはいけない現実があるのに・・・・

民主党政府は、消費税10%を国際舞台で公言して、国民生活を圧迫させる政策を進めようとしている上に・・・TPPでさらなる自給率を下げ、事実上小規模農家を廃業に追い込み、国民の生命の安全をも脅かし、失業者をさらに増やす政策を取る。

今の世界情勢を考えても日本はしっかり足場を固め未曾有の危機を乗り切らねばいけないのに・・・国会議員や政府が、国民を後ろから突き落としてどうする!

いったい国会議員の役割って何だ?誰のための議員なのか?

今の現実を真正面から見れば自ずと「今どうするべきか?」の答えは出る。

あまりにも現実を見ていない国会議員が多すぎる。

世界の人口が70億人を超えた今、「食糧問題」はすでに深刻化している。

自給できる国土を持っている国が、第1種産業を破棄してどうする!

金の問題じゃないっ!

TPP反対です!

11月5日にTPP反対集会があります。東京・有楽町で午後1時から予定される。参加自由。集会の後、日比谷公園からデモ行進付き。

|

これを5億円で作った!も~~100点あげたい(笑)

先日見たダンカン・ジョーンズ監督の「ミッション・8ミニッツ」

作品の出来や監督の才能に驚き、この監督の作品を見たいと思って、「月に囚われた男」を借りてきて見た。

http://www.cinematoday.jp/movie/T0008388

ダンカン・ジョーンズ監督は、まだ長篇は2本して撮っていない。

「ミッション8ミニッツ」が2本目だ。

最初の作品が「月に囚われた男」(邦題)原題は「Moom」

これ新人監督????この作品の制作費が5億円?????

ありえないっ!信じられない。

この作品を5億円で作ったとしたら100点満点あげたい!(笑)

このデビュー作品は評価が高く色々な賞をもらっている。

当然でしょうね。

間違いなくこの先、「ダンカン・ジョーンズ監督」の名前だけで客を呼べる。

いや~~~伊達にお父さんデビット・ボーイじゃないわ!(笑)

それと大学で哲学を学んでいただけあって2作品とも哲学を感じさせる。「禅」の影響もかなり受けている。

それと・・やはり・・・好感度が高いのはコアの部分に「人間愛」を感じさせる仕上がりになっているからだろうか?

次回作もSF作品のようだ。

間違いなく映画館で見る!お金を払って見たい監督作品です。

|

TPPの本質部分を解明!

TPP問題を語る時に、賛成派のメリットデメリット、反対のメリットデメリットを表明してもらうと賛成派のメリット、デメリットの意見がはっきりしなく曖昧な答えになっている。

その点、反対派のデメリットはかなり強烈なインパクトを持つ。

業界によって賛成、反対が分かれる状態だが、それ以前に「何故TPPなのか?」の根本問題が国民にも国会議員にもわかっていないように思える。

そのあたりの「TPP」の本質を解明している動画サイト↓

題して「TPP」羊の皮を被ったオオカミだ!

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »