« お~~サスガ!亀の子束子!使いやすい! | トップページ | 後味が悪い・・・「マザー」母なる証明 »

日本から農業、畜産業を無くすきか?TPP

TPPを政府が進めたいために農業畜産業に対して「手厚い保護」を与えるかのような国の指針を出してきたけど・・・・。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20111020-OYT1T01070.htm?from=popin

地方の農業、畜産業の実態を知らない官僚や国会議員が机の上で考えたことはまったく笑ってしまう。

大型農業って構想だけは立派だが、農家の現実を知らなさ過ぎる。

今や過疎が進んでいる地域の生活基盤はやはり農業や畜産などの第一種産業である。

老夫婦が細々でも生活保護を受けないで暮らしていけるのは売る野菜を作って日々の生活費の足しにしている現実がある。

さらに農作業を行なうことは、生きる糧にもなって毎日の生活の張りを与えている。

TPPが入って安い農産物が入ってきたら日本産は太刀打ちできない。

今の現状は、かろうじて一般主婦たちには選択の余地を残している。

つまり牛肉をとっても100g200円の国産牛肉と100g100円の外国産牛肉とあれば、状況によって買う肉を変える余地を残している。

しかし・・・100g60円の牛肉が当たり前になったら・・・・選択の余地がない。割り切って輸入肉に切り替える主婦は多いだろう。

コメにしても現在アメリカ産コシヒカリ10kg3000円で国産コシヒカリが10kg4000~5000円なら日本産を買う人が多いが・・・・アメリカ産コシヒカリ10kg1000円になったら割り切ってアメリカ産を選択する人が多くなる。

つまり・・・今の現状ぐらいの値段の差なら「選択の余地を残す」が、TPPが入って来たら選択の余地がなくなる。

そうなると・・・日本人が日本の物を買わなくなる。当然・・・日本の第一次産業は壊滅する。

地方の土地は荒れて失業者が増え、大家族で暮らせなくなり老人世帯の生活保護者が増える。日本全体に貧富の差がさらに加速する。

日本の第一次産業は、「補助金」で片付く話ではないのだ。

農家がんばれ!応援します!↓

http://tanakaryusaku.jp/

|

« お~~サスガ!亀の子束子!使いやすい! | トップページ | 後味が悪い・・・「マザー」母なる証明 »

政治、経済」カテゴリの記事