« はぁ???会期延長を知らなかったって? | トップページ | 9.19反原発デモ・・・・テレビ報道のあり方 »

カッコよさの存在証明・・・・・「アジョシ」

2010年韓国ナンバー1映画。

しかし・・・特別真新しい内容でもない。特別激しいアクションでもない。映像が凝っているわけでもない。

この映画・・・・ウォンビンが出ていなければ・・・・ナンバー1映画にはならなかった。

断言できる。

出だしからウォンビンは出ていない。

この出だしを見た限りでは・・・・?! 期待 ↓(笑)

しかしウォンビンがスクリーンに登場してから一気に引きつける。

この映画で「ウォンビン」はカッコイイ男の代名詞になった。男から見ても文句無く「カッコイイ男」だ。日本には、いない。

韓国映画スターのチャン・ドンゴンの後を引き継ぐの「ウォンビン」に間違いない。

「アジョシ」はウォンビンのカッコよさを証明させるプロモーションビデオと言ってもいい。

「アジョシ」はハードボイルドと言うよりバイオレンス映画だ。

この手の映画が韓国でナンバー1映画になった事実に日本と韓国の国民性の違いを強く感じた。両国の間には、深くて暗い河がある・・・・。

日本じゃバイオレンス映画がナンバー1になることはない。

ウォンビンが出ていなければ・・・こんなバイオレンス映画見たくもない。(笑)

|

« はぁ???会期延長を知らなかったって? | トップページ | 9.19反原発デモ・・・・テレビ報道のあり方 »

映画・テレビ」カテゴリの記事