« 「6.11脱原発100万人アクション開催」 | トップページ | 日本人発・・・・脱原発宣言!「核にノー」 村上春樹 »

自民党の中で「原発問題」に取り組む議員連盟が発足・・・

今、ハッキリと政党で「脱原発」を表明しているのは、社民党、共産党、みんなの党ぐらいか?

今回自民党の河野太郎が「自由民主党エネルギー政策議員連盟」を立ち上げる。

http://www.taro.org/2011/06/post-1024.php

今週の週刊現代の特集記事が「原発アンケート。原発やめますか、続けますか?一流企業トップ100人有識者50人に聞く」

http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/

http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/article/110606/top_02_01.html

このアンケートに今の日本の縮図がある。

ほとんどの企業が「答えられない」としている。これは理解できる。

有識者のほとんどが「原発やめる。段階的にやめる」と答えている。国民感情に近い。

有識者は個人なので答えやすいが企業は商売なので迂闊な事は言わない。

企業は答えないけどどう考えたって「安定したエネルギー」を求めるから推進派が多いと思われる。

で・・・企業が原発推進なら議員だって・・・推進派なる(笑)

タニマチには逆らえないだろう。ほとんどの議員が・・・。

だから・・・国民が本気で「脱原発」を望むなら「脱原発派議員」を個々にバックアップしていくしかない。

「原発問題」は何を優先順位にするか企業と個人が大きく違うのがネックだ。

震災後の国民は贅沢な生活より安全安心の社会を望んでいるように思われる。

安心安全の社会で経済発展もする夢のような(笑)社会を作るのが政治家の役目。

・・・・河野太郎氏に期待したい。

|

« 「6.11脱原発100万人アクション開催」 | トップページ | 日本人発・・・・脱原発宣言!「核にノー」 村上春樹 »

政治、経済」カテゴリの記事