« 日米の温度差を感じる・・・・「トワイライト」 | トップページ | K-POPは国家戦略 »

コメディー映画から青春映画へ・・・?

先日のNTVテレビで放映した「トワイライト1,2話ダイジェスト版」がコメディー映画にしか見えなかった話はした。

これって「エクリプス トワイライト・サーガ」の公開にあわせたものだったけど・・・

どう考えてもダイジェスト版は失敗でしょ。

これ見たら映画館に足運ばない・・・・

それなら・・・昨日の深夜にテレビで放送された「トワイライト・初恋」をしっかり見せた方がどんなに良かったか。

これを見れば・・・この映画がコメディーではないことがわかる(笑)

ダイジェスト版では、根暗で優柔不断で自分勝手にしか見えなかったヒロインが「初恋」では、彼女の背景や心の内を語る部分など導入されていて彼女がバンパイヤ君に惹かれる理由も納得がいくように描かれている。

この映画でよく出てくるセリフが「君を守る」系な言葉。

10代の女の子は、いつの時代もどこの国でも「王子様」を求めているのがよくわかった。

これは・・・全世界共通かもしれない(笑)

・・・と言うわけで「トワライト・初恋」は良く出来た青春恋愛映画でした。

決してコメディー映画ではなかったことをお詫びして訂正いたします。(笑)

バンパイヤ君も見慣れれば・・・・違和感はない(笑)

|

« 日米の温度差を感じる・・・・「トワイライト」 | トップページ | K-POPは国家戦略 »

映画・テレビ」カテゴリの記事