« 深夜枠ではもったいない!「ハガネの女」 | トップページ | 語り足りない気がして・・・・・「アウトレイジ」 »

賛否両論の意味・・・・・「アウトレイジ」

「アウトレイジ」は賛否両論の映画だと言われている。

http://office-kitano.co.jp/outrage/main.html#/TopScene

良いとか悪とかの両極性で無く・・・・男と女の見方の差だと思う。

・・・女はこの映画を俯瞰で見て、男は映画の中に入ってしまう。

女性が見た場合・・・最初から最後まで「本当に・・・男って・・・バカ・・」と・・・・。(笑)

しかし・・・男性が見た場合は、多分・・・客観的に見られず映画の中に入ってしまう。(笑)

普通男は男のバカさかげんに気づかない・・・そこが男の所以(笑)

たけし監督曰く「バイオレンスメルヘン」と語っていたが・・・・言い得て妙。

確かに・・・この映画は男にとってはある種のメルヘンだろうと思う。女性には理解できないけど(笑)

理解できないけど面白い!

無駄なシーンがないからテンポが良い。展開もわかりやすくて洗練されている。ブラックジョークも中々・・・渋い!

笑ったのは・・・・タケシ演じるヤクザが自首するために後輩の刑事を呼び出す場所が・・・・「体育館の裏」(爆)

そうきたか~~~(爆)

もう1回見てもいいかな?と思う映画でした。点数的には・・・・80点ぐらい?^^:

特に椎名桔平が最高にカッコイイ。↓

82373

|

« 深夜枠ではもったいない!「ハガネの女」 | トップページ | 語り足りない気がして・・・・・「アウトレイジ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事