« アメリカでは連日メキシコ湾の原油流出のニュース | トップページ | 何か・・・・不思議な映像・・・・カップヌードルの新CM »

ロシアの冷静さが救いか?韓国の哨戒艦沈没

すでに韓国、米国、日本では北朝鮮の仕業と決定してしまった韓国哨戒艦「天安」の沈没。

今回に関しては直線関係がないロシアが冷静な判断を表明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100522-00000007-scn-kr

現在、益々緊張状態は高まっている。

一部韓国のマスコミが独自調査した記事がネットに出ているのだが・・・・・

韓国哨戒艦「天安」の沈没と同じ日に近くにいたアメリカの原子力潜水艦コロンビアが沈没事故を起こしている。これは軍事機密として公にされていない。さらにこのアメリカの沈没事故で救助に当たった韓国の特殊部隊員が亡くなっているとか・・・。

爆発した魚雷の火薬がどうもドイツ製らしいと言う噂・・・・そうなると北朝鮮の魚雷ではないことになる。韓国の魚雷と考えられる。つまり・・・事故。

この海底には回収していない魚雷が多くあると言う事実。

さらに韓国軍の発表会見に韓国記者たちが調査内容に対して「?」と感じた事柄が多かったこと。

これだけの疑問を含んでいる事件なのだ。

北朝鮮の犯行と決め付けるにはあまりにも早急だ。

当事国は感情論になるのは当然だが隣国は冷静な判断が必要だ。

ロシアの見解が今回は一番妥当だと思うのだか・・・・。

|

« アメリカでは連日メキシコ湾の原油流出のニュース | トップページ | 何か・・・・不思議な映像・・・・カップヌードルの新CM »

政治、経済」カテゴリの記事