« えっ!!!!日本でブログ!!!! | トップページ | まあ・・・当然でしょうね・・・下品だもん^^: »

韓流スターの独立騒動・・・・

http://news.nate.com/view/20090730n14592

最近韓流スターらがマネジメント事業に出場意向を示した。 これらは所属会社と専属契約が満了することと同時に自身の名前を掲げたマネージメント社を整えて独立を宣言した。 2009年上半期芸能界FA大魚と指折り数えられたチェ・ジウ,ソン・スンホンも独立マネージメント社をたてた。 最近ユン・ウンヘも1人会社を設立してスター独立隊列に入った。

韓流スターらの独立は去る2004年ペ・ヨンジュンが最初に始めた。 以後イ・ビョンホン,雨などが独立を宣言して,今までエンター事業を受け継いできている。 チャン・ドンゴンはヒョン・ビン,シン・ミナとともに小規模マネージメント社を運営している。 リュ・シウォンとイ・ヨンエは1人企業形式の小規模メニジトントゥサで演芸活動を受け継いできている。 クォン・サンウは最近ファントム エンターテイメントと決別してマネジメント事業を準備しているところだ。

このようにスターらが独立を選択する理由は何だろうか。 スター自分たちはもう少し気楽に自分の意志のままに芸能界活動を継続することができるということが大きい理由と話す。 だが数多くの演芸関係者たちは金銭的な理由を最も大きく指を折って数えている。

スターらの独立理由と得と実は何があるのか調べた。

◆ "韓流スター,独立を夢見る理由?"

スターらが一人立ちを選択する最も大きい理由はお金だ。 いくらトップスターといっても最小8対2,あるいは7対3の割合で所属会社と収益金を分け合わなければならない。 稼ぐ収益が大きいから20~30%離してくれるのもスターらは惜しいと考える。

しかし独立をすることになれば投資家らができることになる。 自身のギャランティーを100%取りまとめることができて,投資家らのお金でマネージメント社を整えて,事業を拡張することができる。 会社に専属で所属している時より収入が倍に増えることだ。

今まで積み重ねた名声が一人でもやり遂げることができるという自信を吹き込んだりもする。 大部分1人企業を整えたスターらは10年近く芸能界生活をしてきた。 その間のノウハウを通じて,収益も取りまとめて,作品も取りまとめる,すなわち独立を2匹のウサギを捕まえることができる機会にする。

◆一人立ちの長所:作品決定権

独立の最も大きい所得は自身の思い通り決定できる権限だ。 会社に専属で縛られている時は個人的な嗜好より会社の条件により動く時が多い。 作品は気に入るが会社の利害関係にからまってのがす場合もかなりなる。 例えばギャランティー衝突だ。

反対に会社の強要から自由なこともあるという長所もある。 独立を試みたあるトップスターのマネジャーは"所属会社社長の姻戚の八寸行事まで呼ばれていった"としながら"ただ自身のことにだけ集中できるという長所が独立を夢見るようにする"と説明した。

表情から自由なこともあるとのことも大きいメリットだ。 期待ぐらい結果がアンナともあまり申し訳なくない。 この他にも俳優自らイメージを作ることができるということ,収益で多くの部分を一人占めできるとのことも一人立ちを通じて,得だ。

◆一人立ちの短所:客観性喪失

独立による最も大きい実は客観性喪失だ。 全てのものを自ら決めるために望む自由は得ることができる。 だが失敗や失敗にともなう責任もまた一人で担わなければならない。

ある大型マネージメント社関係者は"一人で作品を決める時は客観的になれない。 自身ができるのとないことだけ区分するだけだ。 反面所属会社は製作会社と配給会社の財政状態まで几帳面にチェックする。 イメージ関連しても細かくて検討して客観性あるように決める"と説明した。

また事件事故に対する対処も大変だ。 危機管理を一人で下記に力不足というもの。 数十個に達する演芸媒体をマネジャー何人で相手にすることは思ったより容易ではない。

だけでなく絶えずモニターをして世論を把握することやはりスターだけある新生企画会社で下記に余裕がない。 ある芸能界関係者は"一人であらゆる事を占めることができると判断して,独立を夢見るが実際に光良い満州杏である時が多い。 スター独立会社中黒字を出す会社は実際にそんなに多くない"と指摘した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普通は「お金」の理由が一番でしょうね。独り占めしたい・・(笑)

その背景にジャパンマネーの存在があるのは明確です。韓流スターとなれば韓国での収入の十倍以上は簡単に入るでしょうからなおさら独り占めしたい。仮に10億の30%では3億。これが人気が無くて韓国だけで1億円だとしたら・・・3000万少ないだけ・・・(笑)3億ー3000万=2億7000万も取り分が減る。

つまり莫大な収入になればなるほど・・・なお更・・・他人に取られたくない(笑)

韓国の場合は特に家族や身内を大事にするから収入をまず家族に分配。それが普通だから独立の場合はほとんどが家内工業になる(笑)

後は仕事の選択を自ら選びたいと思う時。・・・・でも人気があって稼いでいれば事務所に対して発言力は増すわけだからさほど不自由ではないだろうから・・・これは建前でしょうね。

日本の芸能人見ても人気が出ると独立するけど・・・人気が下がって年齢を重ねると再び大きなプロダクションなどに入りますね。

まあ・・・人生も後半になるとお金より・・・いい仕事をしたい気持ちの方が強くなるから煩わしい社長業から開放されて芸に専念したくなる。このパターンが多いようです。

どうしても個人事務所だと周りには「イエスマン」しかいなくなるから芸に行き詰まる。お金は入るけどいい仕事にめぐり合わなくなる。冒険もしなくなる。スタッフの給料の心配もしなければいけないし・・・芸以外の社長としての雑用も増える・・・結構大変(笑)

「本人の経営者センス」と「優秀なブレーン」がなければ独立しても失敗します。

そう考えると・・・ソ・ジソブは独立しないほうがいい。(笑)

|

« えっ!!!!日本でブログ!!!! | トップページ | まあ・・・当然でしょうね・・・下品だもん^^: »

韓流」カテゴリの記事