« 内野聖陽を見るとイ・ソジン思い出すよね・・・ | トップページ | どう考えても・・・・結末は・・・・(結末を予想する) »

「僕たち・・・家族になりませんか?」カインとアベル・・・第17話

もう・・心がボロボロのチョイン・・・・

自分を殺そうとしたのが兄のソヌと知り・・・はたまた・・実の両親を殺したのが義理の母親だと知る。

そんなチョインをひまわりみたいな存在のヨンジが心を寄せる。

北朝鮮が見渡せる場所でチョインがヨンジに結婚を申し込む。

「僕たち家族になりませんか?」

http://news.nate.com/view/20090416n05565

稲妻キスを通じて,英知(ハン・ジミン)を向かった愛を本格的に表わした招引(ソ・ジソプ). 15日放送では自身の両親を殺した人物が他でもないナ・ヘジュ副院長(キム・ヘスク)という(のは)事実を知って胸焼けする招引の姿が痛ましく描かれた。 そのような彼を英知が暖かい気持ちで慰労した。 病床にある招引お父さん(チャンヨン)を看護した英知は"起きれば私たちの招引先生を必ず抱いてくれ。"とお願いして彼に向かった心配な心を表わした。 その姿を目撃した招引は自身を心配して用意する英知の姿に愛はもちろん家族のような温みを感じた。

北の方の英知の故郷がよく見える場所でデートをすることになった場面. 英知の家族らに対してあれこれ尋ねた招引は"ヨンジ氏私心配たくさんしたでしょう?"として本論を取り出した。 翌日ならば複雑なこと(脳医学センターを囲んだ善友との対立)が終わろうとすると付け加えた。 続いた招引の大使が圧巻.

"それでは,私たちの家族しますか?"

夫婦の縁を結ぼうという話を遠回しに言って,表現した意味深長なプロポーズ大使であった計算だ。 英知の驚きに物ともせず招引は英知の肩に腕をまいて彼女の手をぎゅっと握った。 驚きにどうしていいか分からなかった英知やはりときめく微笑を浮かべて彼の手を必ず取り合って'肯定'の意を表わした。 愛を確認して'家族'で構成するようになる未来を約束する草地カップルの姿がほほえましく繰り広げられた。

しかしこの日放送末にはこれらに大きい試練が近づくことが予告されて草地カップルを応援するファンたちの心臓を煮つめさせている。 善友(シン・ヒョンジュン)がチェサイズ(ペク・スンヒョン)に招引を苦しく殺してくれという要請をしたし,続いて英知が拉致される内容が予告篇を通じて紹介されてこれから草地カップルの将来に対する気がかりなことを高めさせた。

24715_28840_1654 

|

« 内野聖陽を見るとイ・ソジン思い出すよね・・・ | トップページ | どう考えても・・・・結末は・・・・(結末を予想する) »

カインとアベル」カテゴリの記事