« 映画「ソフィーの復讐」の中国題名が正式に決まった! | トップページ | 息をつくのを忘れる・・・・カインとアベル第5話 »

「映画は映画だ」の批評

3月14日公開を控えてマスコミ評論が上がってきています。

http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/gossip/cinema/news/20090303-OHO1T00207.htm

おすぎさんも・・・

http://www.tsutaya.co.jp/cinema/ch/osugi/index.html

一般の映画ブロガーの評価も良いですね。

・・・・で・・・・私の評価。@@ 作品見たんですが・・・・・^^:

想像していた出来より数倍面白い映画でした。(仮にソ・ジソブが出ていなくても楽しめる映画です^^:)

事前にストーリーを把握していても最初から最後まで飽きさせない展開と構成。

見終わってからしばらく内容とかテーマとか・・・その他もろもろ考えて後引く映画です。確かに映画の賞にはノミネートされるレベルです。

初監督のチャン・フン監督にセンスの良さと才能を感じました。将来性ありますね。

この映画の中でジソブ(ガンペ)が見ている映画が「グリーンフィッシュ」と言う映画で・・・・この映画がちょっと引っかかり・・・(何故この映画を導入したか?)調べたんですが、監督にとって非常に意味があったのかなぁ~と調べた後勝手に思っています。オマージュとしていつも心に留めている作品なのかなと・・・・はははっ^^:キム・ギドク作品でなく

チャン・フン監督に会ったらこの「グリーンフィッシュ」の導入理由をぜひ聞きたい!(笑)

単にカンペ(ジソブ)が見ているお気に入りの映画としてだけじゃないよね?

「グリーンフィッシュ」はイ・チャンドン監督の初作品で1997年の韓国映画関係者一押し映画です。↓名作です!

http://cinemakorea.org/korean_movie/movie/midorinosakana.htm

「映画は映画だ」も本来なら・・・若い男性をターゲットとして狙う作品でしょうね・・・・日本でも本来なら・・・男性に見て欲しいけど・・・・映画館に恐ろしくて入れないかも・・・(笑)

中高年の女性ばかりの映画館に入る勇気は・・・今の日本の男性には・・・無い!!(爆)

|

« 映画「ソフィーの復讐」の中国題名が正式に決まった! | トップページ | 息をつくのを忘れる・・・・カインとアベル第5話 »

ソ・ジソブ」カテゴリの記事