« 段々胸の痛くなるドラマに・・・・カインとアベル第6話(ネタバレあり) | トップページ | ケンタッキーのCMまで・・・・@@ »

カインとアベル・・・・ミニ情報②

カンチョルが麻薬王の住処で携帯電話をかけた相手は、韓国の国家機密情報院だったようです。インチョルは北朝鮮で特殊部隊にいたエリートで国家機密を知っているため、韓国側は亡命に協力、直接コンタクトを取れる存在と言うことです。

その電話で国境で韓国側と落ち合う手はずを取りました。

韓国に入ったヨンジは取調べでカンチョルの妹と判明して保護されます。カンチョルは脱出した後ヨンジを知っていたおばさんから韓国に妹が渡ったことを知ります。

北朝鮮護送中の車の中の袋は小麦粉。これを横流しして小遣い稼ぎをしている北朝鮮の機密警察たち。

5話でソヌの脳腫瘍は悪性のようですね・・・・

チョインが記憶を無くしていると知ったソヌは、捕虜収容所から去る車の中で病院もソヨンもすべて取り戻すと決心しました。「チョイン・・・死ぬまでオレを恨み続けてくれ・・・死ぬまでオレは罪を背負っていく・・・」

|

« 段々胸の痛くなるドラマに・・・・カインとアベル第6話(ネタバレあり) | トップページ | ケンタッキーのCMまで・・・・@@ »

カインとアベル」カテゴリの記事