« 字幕つきインタビュー「カインとアベル」 | トップページ | 「カインとアベル」 VS 「エデンの東」 5つの共通点 »

3人並んだ記事だから・・・・

載せました(笑)

http://stoo.asiae.co.kr/news/stview.htm?idxno=2009021617002651230

韓流ドラマ輸出が回復傾向を見せている。

16日韓国放送映像振興院は報告書を通じて,2008年放送プログラム輸出が2007年対応10.82%増加したと明らかにした。 輸出増加料率中ドラマの輸出上昇寄与度は87%で最も多い占有率を占めた。

2008年の注目するほどの輸出上昇の勢いを記録した韓国ドラマは2009年やはり開始から順調な出発傾向を見せている。 特にソン・スンホン,チェ・ジウ,ソ・ジソプ,クォン・サンウなど代表的な韓流スターらがブラウン管に次から次へ復帰しているこの頃,視聴者だけでなく製作者,海外ファンたちまで万遍なく楽しい。

ソン・スンホン,ソ・ジソプ,‘オク音私は輸出価格’韓流スターの代表走者ソン・スンホンが出演したMBC月火ドラマ‘エデンの東側’は国内視聴者たちから大きな愛を受けただけ日本輸出にも青信号がついた。 来る4月日本地上波放送会社を通じて,黄金時間帯に放映することに契約を結んだ‘エデンの東側’は私たちのお金50億ウォンに輸出された。

トップスター起用,海外ロケチュァリョンなどスケール大きい画面を登場させた‘エデンの東側’は製作費が多く入った作品の中の一つだが,ソン・スンホンをはじめとする出演俳優らが出演料を自主削減して,負担を減らすことができた。 ここに日本にだけ50億ウォンの著作権料を支払い受けて作品を輸出したところにアジア他の国々が欲を出す場合今後収入(輸入)は増えることができるという展望.

ソ・ジソプが出演したSBS新しい樹木ドラマ‘カインとアベを’は国内放送になる前に日本に20億+αの金額に輸出された。 比較的良い条件で輸出契約を結んだ‘カインとアベを’やはり国内放映後反応によりアジア他の地域の輸出もまた期待してみたいものだ。

チェ・ジウ,イ・テソン,製作から日資本流入至難12日放映終了したSBS水木ドラマ‘スターの恋人’は日本エージェンシー電通社と国内製作会社オルリブナインが製作段階から手を握って作った作品. 日本から20億ウォンを投資受けて始めた‘スターの恋人’の場合チェ・ジウという最高の韓流スターを前面に押し出すことによって日本資本を投資受けることができた。

MBCドラマネット‘欠陥専門担当返済で’の場合国内最初にシノプシス段階で日本輸出契約を成功させた。 イ・テソン強靭など若い演技者6人が主人公で登場するこの作品が日本の甘みを感じさせた理由は日本映画‘君を忘れないのだ’にイ・スヒョンの役割で出演したイ・テソンのため. イ・テソンは日本人を(求める)救って自身の命を失った留学生イ・スヒョンの役割で日本映画に出演した後多くの日本ファン(パン)を確保したことがある。

‘エデンの東側’ ‘スターの恋人’ ‘カインとアベを’に続く2009年ドラマ輸出は4月放映予定のMBC水木ドラマ‘シンデレラマン’で続くようだ。 クォン・サンウ主演の‘シンデレラマン’はすでに日本ドラマ関係者たちの甘みを感じさせていると分かって輸出は無理なしで成し遂げられるものと見られる。

以外に今年6月放映予定日を捉えているヒョン・ビン,キム・ミンジュン主演の‘友人,そのし終えることができなかった話’等韓流スターらが活発な今年一年ドラマ輸出にはぞろぞろ青信号がついた。

2009021617002651230_1

|

« 字幕つきインタビュー「カインとアベル」 | トップページ | 「カインとアベル」 VS 「エデンの東」 5つの共通点 »

ソ・ジソブ」カテゴリの記事