« 本日全国発売です! リトルタートルズ・・・・『2 the top』 | トップページ | ヒョンビンとソン・ヘギョともにプサン国際映画祭へ・・・・ »

ソ・ジソブインタビュー 「軍務期間中ストレスで13kg太りました」

“公益勤務期間の間俳優として将来不安でした”

みんな歳月が経てば成熟になるといえども俳優ソ・ジソブ(31)はあまり成熟になった. ドラマ ‘バリでの出来事’と ‘すまない, 愛する’を連続ヒットさせて人気を実感する前に軍入隊した. “26ヶ月間公益勤務に服務する時五万種類考えと悩みをしたという彼は俳優として未来に対する不安感を抱いていた”と打ち明けた. 初盤何ヶ月の間は帰って休息を楽しんだりしたがそれは少しの間だけだった. 演技をしない 26ヶ月の間一番したかったことが演技だった.

そんな彼が映画 ‘映画は映画だ’(監督張勳)で俳優の夢を胸に抱いていたやくざ ‘ガングペ’ 役を引き受けた. 水を得た魚のようにソ・ジソブがガングペでガングベがソ・ジソブだった. 俳優に悪くてやくざ生活をしたガングペのように演技に飢えていた彼は今度映画に製作投資までして映画にオールインした. 彼が ‘すまない, 愛する’ 後 4年ぶりに 31歳 ‘俳優ソ・ジソブ’に帰って来た.

-今回の映画に満足すると聞きました. 何 % 位でしょうか?

▲荒いアクションが多くて荒い感じだけ出ないか思ったが笑えるシーンもかなり入っていて満足しています. 絵がかなりちゃんと出来た気がします. もちろん 100% 満足はできませんね. 自分の演技に 100% 満足する俳優はいないだろう.

-エンディングクレジットに俳優カン・ジファンとともに ‘製作投資ソ・ジソブ’と名前が上がったのに. ノーギャランティーに製作投資をする位シナリオが気に入って作品に愛情が深かったんですか?

▲はい. 2年前に提案が入って来たがシナリオが気に入りました. 除隊後初作品なのに映画に投資すれば私の映画という考えにもっと熱心にするような心も大きかったです. シナリオ自体さえ良ければ大作でもそうでなくても構わないと思います. 大作だと無条件よくできるのではないから.

-同じ所属社俳優ペ・ヨンジュンさんが最近試写会に参加して映画を観覧したが映画に対して何だと言ったですか?

▲腕が中に焼く人々が映画を見たんです. ペ・ヨンジュンさんは “お上手だったな. 格好よいね”, イ・ナヨン、パク・ヨンハ、クォン・サンウ、ゾングズンハさんも皆 “面白いね”と言うんですよ.

-‘映画は映画だ’ 時事以後好評が零れ落ちているのに最高の賛辞は何でしょうか?

▲‘すまない, 愛する’(ミサ) 李キョンヒ作家様が “ムヒョック(ミサ主人公)これはないね”とおっしゃったお話です. 映画撮影入って行く前にたくさん緊張されると言うから “お前はお上手なの”と勇気をくださったら映画見た後には “ムヒョックイはないね. 私の子もう去ったようだ”とおっしゃいました.

-ソカンジと言う(のは)ニックネーム外にも無ぽたぽた, 無関心, 静けさの代名詞で有名なのにイメージだけではない元々性格がそうするのです?

▲ちょっとそうです. 言葉を惜しむスタイルです. この前にはもっとひどかったです. インタビューする時も短答型で答えて授賞式で受賞所感明らかにする時も “ありがとうございます” 一言ばかりして下がって. デビューの前にもそうだったがデビュー後モデルや俳優をする時もひどくものをたくさん言わなかったです. 今はその時に比べれば言葉が多くなったのです. 歳月がそうにさせたようです. 時間を無視できません. たくさん変わったことを感じます. 演技する時の顔も変わりました. 2002年に封切りした映画 ‘盗まれたり暮す事ができなく’ 時と ‘映画は映画だ’ の時の顔が完全に違います. 今の年が大好きです. 一二歳になればもっと良いようです. 余分の 26ヶ月の間私を振り返ることができる時間を持ちました. 融通性も生じて.

-公益勤務で延期しないうちに心細くはなかったです? ジソプ氏がまだ大衆が自身をどう思うのか分からないともしたが。

▲そうです. ‘すまない, 愛する’ 後人気を実感することができなかったまままさに軍に行ったんです. 公益勤務する時行う度に来てくれるファン外には… ファンの愛を感じることができる場所や環境がなかったです. 実は演技しないうちに五万種類考えをすべて聞きました. 演技に対する心配が一番大きかったんです. 長く休んだ後俳優として復帰をよくすることができるか, 人々が私をまた捜してくれようか, 愛をまた受けることができるか欄考えら. 率直に不安でした. それでも夕方ごとに親しいクォン・サンウ、パク・ヨンハなど仲間俳優たちに会ってお酒を飲んで上で受けて. 彼らに会いながら俳優としての自意識が崩れないこともありました.

-何かを学ぶ思いもよらなかったですね.

▲ストレスがひどくて何かを学ばなくちゃいけない心に決めてもうまくできなかったんですよ. 序盤6ヶ月間は我を忘れて送って後日には金曜日に退勤する時は良いが週末に休んで月曜日に出勤する月曜病もできて。 後日には公益病にかかって戸惑いました。 現役で軍隊行ってこられた方野原頃は申し訳ない話だが,公益勤務期間の間ストレスのために体重が13kgでも増えたりもしました。 幸いその時姿を知っている人は殆どないです。 今は体重が本来対に戻りました。

-‘すまない, 愛する’ 後遺症まで病んだでしょう.

▲ドラマ以後余韻が残っている状態でまさに軍に行ったからムヒョックイが私の中に濡れていたようです. 忘れる頃にはTVにドラマ場面が出てきてまた浮び上がって. 一年の間はわざわざ TVを見ないようとしました. 見れば演技したくなる.

-それでも ‘すまない, 愛する’ 直後拍手する時軍に行ったことはむしろお上手だったという気がします. ファンはジソブさんをしのびながらもっと神秘感を持つようになったから

▲ますますそんな気がするんですよ. しかし初めて軍に行く時は惜しい点がありました.

-CG 多くてでたらめなファンタジー映画は好きではないと言ったがこの間日本ファンタジー映画 ‘ゲゲゲの鬼太郎: 千年呪いが’(2007)の妖怪ヤシャ役で出演しました. 理由は何でしょうか?

▲そんなキャラクターをまたすることが出来るか?と言う気がしました. また日本と言う新しい環境に挑戦すれば私に役に立つんではないかと思いました. 私を韓流スターと見間違う日本人もいます.(笑い)

-‘映画は映画だ’ シナリオを 20番(回)も読んだと言ったが本(シナリオ)がぼろぼろになられました?

▲シナリオの中に正解があると思って ‘すべて覚えよう’と思いました. それでアドリブも一つばかりしました.

-ガングペを演技して一番重点を置いたことは何です?

▲本当にやくざになってそのように見えなければならないという点でした. この前作ドラマより力と趣を最大限抜きました. それでこそ自然に見えるはずだから.

-実際スターとして映画の中トップスター手打(カン・ジファン)を見ながら感じたのは何でしょうか? 手打がガールフレンドとの関係がスムーズでないことを見ながら共感したと言ったが

▲そうです. 恋愛をしたいのに芸能人だから制約が多いです. 勝手にすることができません. 誰に紹介受けて秘密裡に付き合わなければならないようです. 俳優で手打の人生が理解しやすい部分があります.人生が閉鎖的だから息苦しい部分もあるはずで. 私の周りにいる友達も芸能人たちが大部分です. 大学前まで仁川で学校を通って学生時代友達は皆仁川にあるから会いやすくないですね…. 芸能人での人生, 何が正解なのか分からないです.

-俳優を選択しながらあきらめたものなどを後悔して見た事がないんですか?

▲大きく後悔はしなかったです. 俳優として得るのが多いから. 多くの愛を受けて. 演技をしながらカタルシスも感じて見て.

-どんな女性が理想型でしょうか?

▲ママみたいでお姉さんみたいで一週間に一回ずつよることができる女, 私の目つきだけ見ても私が分かる女, 対話よく通じる女が好きです. 私が難しい時目つきだけ見ても私の状態が分かって理解してくれる女が好きそうです. 遊んでくれと言って駄駄をこねなくて. センスある女が好きです. 年は若くても年上でも構わないです.

-好きな俳優がミッキールークからエドワードノートンに変わったが理由が何でしょうか?

▲俳優として塗って元気な姿が良いんだけど。 そのような点でミッキー・ロークが私をちょっと失望させました。 それでもすべての苦難を克服して主人公で出演した‘レスラー’が今年ベニス国際映画祭黄金使者(ライオン)賞を受けましたよ。 再起に成功したようです。 エドワード,ノートンのように演技派俳優を見習いたいです。

-このごろにも夢がホテル経営でしょうか? 家族と一緒に暮すことも夢ですよ? いつかは演技をやめることができるというニュアンスで言ったこともありますよ

▲ホテル経営を夢見ていることは俳優として一種の脱出口です. そうなことがあることで俳優生活をすることに助けになります. 記者様も職業が一生同じ職業だと思えば息苦しくないですか? ご両親は別々にいらっしゃってお姉さんはオーストラリアにいるから家族がなつかしいですよ.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このタイミングで(最近韓国俳優のインタビューを読み始めている私)やや長いインタビュー記事がアップされた。

ソ・ジソブは映画公開に先駆けて多くのインタビュー及び取材を精力的に受けている。

インタビューの評価をしてしまうと・・・・何だか・・・ボロクソに言いそうだから評価はしない。(笑)←すでに・・・^^:

ただ・・・・「理想の女」について普段より多く語りすぎじゃねぇの~~???(笑)

まるで・・・・身近に具体例がいるような・・・・・(笑)

|

« 本日全国発売です! リトルタートルズ・・・・『2 the top』 | トップページ | ヒョンビンとソン・ヘギョともにプサン国際映画祭へ・・・・ »

ソ・ジソブ」カテゴリの記事