« ☆祝☆ 100万人突破「映画は映画だ」 | トップページ | 黄色い歓声~~~照れるジソブ »

[パワーインタビュー] 4年ぶりに帰ってきたソ・ジソプ"トップスターよりは俳優"

等身大のソ・ジソブが出ている。本音で話している感じですね。

映画がヒットしている事実がリラックスさせたのかな?そして・・・

インタビューする人が上手いのかも・・・ソ・ジソブを下から目線(笑)で質問しているのが話を引き出し成功している。

「ヒョンなしでは生きられない・・・・」・・・・や、やっぱりな・・・ご、ごちそうさま~~~(爆汗)

http://www.sportsseoul.com/news2/entertain/broad/2008/0925/20080925101040200000000_6044468683.html

4年ぶりだ。 ‘女性らのロマン’という修飾語をいつも付けて通ったソ・ジソプ(31)が招集解除後初めて映画‘映画は映画だ’を通じて,ファンたちと会った。 デビュー10年を越えたので今は肩に力を集中することもだが。 ソ・ジソプは“まだ遠かった”として謙虚に答えた。 ドラマ‘バリで起きたこと’ ‘申し訳ない。 愛する’を通じて,すでに‘トップスター’および‘韓流スター’というタイトルをコモジョスメも“まだ演技は大変だ”として“年齢がもっといって俳優’という話を聞いたら良いだろう”とだけした。 20代を自身に対する発見とスターとしての発足の時間でぎゅっと満たしたとすればこれから30代の時間はどのように送るだろうか。 ソ・ジソプに会って,その間の押された話を聞いた。

◇これから開始

ソ・ジソプとのインタビューは007作戦だった。 要何日間インタビューを通う時ごとに追いつく女性ファンらのために脂汗をかいた。 したがってソ・ジソプのスタッフやはりいっぱい緊張をしていたし同船も最小化した。 しかし本来ソ・ジソプは“何そんなものでしょう”として笑うだけだった。 初めての復帰作に対するときめきと恐れを共に持っているソ・ジソプは繰り返し“よく見て下さい”とだけ強調した。


-今や本格的に活動をする気がします。 復帰作をアクション映画にした理由がありましょうか。

事実は復帰作がドラマになることができたが。 映画で先にするようになりました。 この頃は本当に考える余裕もないです。 去る4年間の空白が大きかったでしょう。 言論媒体環境も大いに変わったし。 考える余裕もないですね。 無条件熱心にしなければならない時期と見ます。

-いったいできないのが何ですか? この前に‘G’という芸名でプロジェクト レコードでラップをしたし。 写真にも関心が多いと聞きました。

事実音楽がたくさん知られた中で‘それがソ・ジソプだった’と知られたらより良かったはずなのに。 惜しいです。 レコードは記念になることはできるが。 職業になることはできないと思います。 そしてヒップホップは自由じゃないの。 音楽が上手でできないのかを離れて,私が好むことですから。 ファンたちが願うならばファン ミーティング時は呼ぶことができるだろうが(笑). 事実一つ(演技)するのも大変です。 またこれから私が‘G’で活動することもできることで。 誰かが第2.第3の‘G’になる事もでき可能性は多いです。 写真は好むということなんだけど。 よくとると分かっただけです。

-ドラマを通じて‘韓流スター’というニックネームを得たし。 いつのまにかデビュー年次も10年が移りますね。 今は撮影会場で気楽でしょう?

ハハハ。 年齢が取って現場に行ったところ少し気楽なことはしたんですよ。 20代始めにはそのような位置にならなかったし。 今や全体的なものが目に見えます。 どのようにするべきか。 演技をしなくて大使を通じて,雰囲気だけ感じることができるほどといいましょうか。 ところでまだまだです。 ‘韓流スター’という名前を得たのもわずかばかりだったし。 ソ・ジソプが知られたのも考えてみればわずかばかりでした。 無条件熱心にしなければならないんだから。

◇ソ・ジソプは習う

通常のトップスターらと違うようにソ・ジソプは気さくで謙虚だった。 もちろん他のトップスターらが傲慢だという言葉ではないが。 いつも終始一貫した感じといわなければならないだろうか。 自身が行かなければならない道と現在の状況をよく把握しているように。 自身を誇張されるように包装しなかった。 そのためか‘トップスター’よりは‘俳優’という言葉がさらに似合うようだ。

-今はモデルでタレントで。 俳優で自ら領域を広げながら活動をしているけれど。 中途で放棄したい気がする時はなかったんですか?

見て回れば良い点が多いからしているようです。 事実私がデビューするやいなや知られたのでなく。 少しずつ時間が過ぎた後に知られたのではないですか。 事実悩みも多かったです。 ドラマ‘バリ’をとって軍隊を行かなければならなくないだろうかという。 そしてもしかしたら‘生活演技者になることもある’という考えもしましたし。 事実作品ごとにうまくいくことはしたが。 私よりは相手俳優らが浮び上がったのではないですか。 それがチェ・ヨンギスタイルのためであるようで悩みもしましたし。 それでもずっと何かぶつかって見たら得たのがさらに多いですね。 また活動をしていて。 演技を通して観客らにソ・ジソプの存在を知らせることができるそれだけでも大きい満足感を感じます。

-最近インターネット上でみたスチール写真を見てびっくりしました。 日本映画‘ゲゲゲの鬼太郎’を見れば本当にソ・ジソプが合うようですので。 率直に変で恐ろしかったです。(笑い)

おばけの役割だが,実際に見れば恐ろしくありません。 他の俳優らはさらに調べてみることができないほどひどく扮装をしました。 周囲では‘何故したか’という質問をたくさん受けるが。 私は全くそのように考えません。 おもしろかった作業であったし。 本当に再びしてみることはできない役割か分からないでしょう。 過去あるいは現在の位置にしばられて,配役を分ける必要はないと考えます。

-それで当分は海外映画に参加するなどの多様な試みをするという意で見てもかまわないでしょうね。

ところで合作映画はしたくないです。 曖昧な境界ではあるが。 それでも合作映画らが悪いということでもないよ。 個人的な好みです。 片方にだけ偏るということだといいましょうか。 双方調整は良くないようです。 韓国映画. 日本映画. ハリウッドなど事を決められたことらが良いです。 そしてまだ日本でもソ・ジソプという俳優をたくさん知りません。 韓流という大きい塊りがあれば分からない塊りがさらに多いからずっと試みをしてみなければならないですね。

-‘映画は映画だ’がだいぶ良い反応を得ています。 トップスター(カン・ジファン)とアクション演技を対決を行う組織暴力団ナンバー ツー李剛割って(ソ・ジソプ)の話も興味あって。 何より二人の男俳優の対立構図がきっ抗して温かい容貌(?)行って眼に触れたのに。

そのように見て下されば本当に感謝します。 それでもまだ映画を見ることが出来ない観客らには‘良い’ ‘すばらしい’を強調したくありません。 映画は映画であるだけで。 そのことを見る観客らの役割ですから。 カン・ジファン氏とは初めての作業であったのにだいぶおもしろかったです。 見るより細心な面が多くて,私をよく用意したりもしたし。(笑い)事実同年齢俳優らどうし出会いだと私も人なのに競争心が当然ありましたよ。 だがお互いの人間的な面に引かれたし。 男たち間で通じるのがあるでしょう。 映画を通じて,良い友人(カン・ジファン)を得ました。

◇経綸がある人間ソ・ジソプでしたくて

無表情な顔のためであろうか。 ソ・ジソプを見ていれば‘はにかむ人’という先入観ができてしまう。 だからむしろさらに多い話をしなければならず絶えず質問を投げてこそするようだったが。 彼は意外にしたいお話が多いように多くの言葉を吐き出した。 芸能界活動開始から軍生活らのエピソード等等. それらの中にソ・ジソプが最も強調したことは“はやく年齢をさらに取ったら良いだろう”とのことだった。

-人間ソ・ジソプとしてこれから風があるならば何がありましょうか。

年齢がもっとかかりたいです。 俳優の顔はそのまま作られるのではないですから。 そうなるためにはさらに年輪がなければならないと考えます。 今私が映画インタビューを通じて習えと話しているけれど。 本当に俳優になりたいようです。

-俳優の話とてもたくさんしましたね。 これから人間ソ・ジソプに対して一度話してみましょうか。

全く同じです。 演技しなければ家にいて。 主に兄ら(クォン・サンウ. ソン・スンホン)会って。 特に違うことがありません。 公益勤務要員である時も本当に平凡に過ごしました。 遅れた年齢に行って骨を折らないだろうか考えたが。 同僚らがよくしました。 28ヶ月ずっとファンたちが区庁の前にいらっしゃったし。(笑い)事実この時同僚らにとても申し訳なかったんですよ。 それでご飯をたくさん買いました。 毎月受ける月給は10万ウォンであったのに。 ご飯価格はこれよりはるかにたくさん出て行きました。 ハハハ。

-クォン・サンウ. ソン・スンホン氏と懇意にしているということは知っていたが。 とても親しいとは分からなかったですが。

兄らなしでは生きられません。(笑い)一番楽で多くの話らをします。 一生一緒にする人々です。 互いに作品の話は絶対しません。 仕事の話といえば互いにストレス受けるからです。 一緒に集まって,酒をマシガー出たゲームをする程度. 文字もとても短いです。 “どこが”-“家”. “ご飯食べたか?”-“ウン”. “会おう”この程度です。

-勉強に対する欲もありそうなのですが。 大学(韓国体育大学)を中途であきらめたと理解しているのに。

はい。 最も惜しい部分です。 だが今きては演技をずっとしたいです。 体育特技生で入学をしたので運動をしないではいけない状況だったんですよ。演技をする状況で二を共に併行することはできませんでした。

-これからの計画を最後に一言言って下さいます。

熱心にしなければならないですね。(笑)前にも話したようにソ・ジソプが知られたのはわずかばかりでした。 もちろん今その場はずっと演技をすることだが。 他の考えらも少しはあります。 時間が過ぎたら多分一回ぐらいは機会を見ないでしょうか。 幼い時の夢がホテル経営でした。 ‘俳優’という強迫観念だけ持っていれば。 またストレス受けるかと思って。 そのまま‘私にはこのよなものもある’ということを胸中に抱いていますよ。 熱.心.ヒします

Photo_2

|

« ☆祝☆ 100万人突破「映画は映画だ」 | トップページ | 黄色い歓声~~~照れるジソブ »

インタビュー」カテゴリの記事