« このインタビューちょっと良い・・・・ | トップページ | ソ・ジソブとカン・ジファンの表紙 »

ソ・ジソブインタビュー

http://news.empas.com/show.tsp/cp_tn/20080829n03131/?kw=%B0%AD%C1%F6%C8%AF%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

ソ・ジソプが帰ってきた..そして変わった(インタビュー)

ソカンジの'ソ・ジソプが帰ってきた。

空前の話題を集めたドラマ'ごめん,愛してる'以後必ず4年ぶりだ。 9月11日封切る映画'映画は映画だ'(監督張勳,製作キム・ギドクフィルム,スポンジイエンティ)にソ・ジソプは俳優を夢見るチンピラ川割って役を担った。 映画は新人時期とった'盗まれて生きられなくて'以後6年ぶりだ。

帰ってきたソ・ジソプは大いに変わった。 ものすごい人見知りと自分だけの世界を守ってきた彼は皮を破った鳥のように緩やかになって一層余裕があった。 彼はたくさん笑ったし,たくさん話した。

2年余りの空白はソ・ジソプに翼をつけてくれた。 'バリでおきたこと'と'ごめん,愛してる'で得たスターダムは空白期間の間ソ・ジソプに神秘感を付加したし,反面ソ・ジソプは演技に対するものすごい熱望を育てて自由を勝ち取った。

空にはいあがるために足に力を一層より多くやっているソ・ジソプと会った。

-過去とは違って今回の映画は広報に積極的なのに。 報道機関も直接訪ねて行って。

▲ぎこちないから新人のようだったよ。 少しは融通性ができたようだ。

-2年の間公益生活で大いに変わったようなんだけど。

▲軍隊を行った人々に比較するところはできないが2年の間職場生活をしたのと違わなかった。 月曜病気になったよ。 金曜日ならば楽しくなり。 初めには適応するのが大変だったが6ヶ月程度過ぎると良くなった。 その時は分からなかったが人々と苦しめられて過ごしたその時間が私を大いに変わるようにしたようだ。

-復帰を控えて不安な心も大きかったと思うんだって。

▲人々がまた探すかという負担よりは演技が私の心のままになるかという不安感がはるかに大きかった。 本当にしたければ演技が。

-'ごめん,愛してる'で得た人々の関心がそのまま引き継ぐかという負担もなくはなかったと思うんだって。

▲その時はまさに入隊をしたので人気は実感できなかった。 だが負担感がなくはなかったのでどうしても復帰作をドラマの'カインとアベを'で決めていた。 ドラマがどうしてもさらになじめば。

-'映画は映画だ'という新人監督に低予算だ。 実質的な復帰作をこの作品で選択した理由は。

▲大きくなくて有名でない監督という漸移むしろさらに引かれた。 負担感も減らして。 気楽にすることができそうだった。 だが周辺視線は必ずそうではなかったよ。 そうしたら軽く始めたが重く終わった。

-日本映画'ゲゲゲの鬼太郎'をとったのが真の意外であった。 日本作品におばけ役だからその間ソ・ジソプとは全く違った選択であったのに。

▲そのようなことが出来る。 だが挑戦をしてみたかった。 新しいところで新しい人々と仕事をするのがおもしろかった。 以前には他人の思い通り仕事をするほかはない場合もあったが今はしたいことができるのが良い。

-'映画は映画だ'というどのように出演することになったか。

▲1年前ぐらい提案がきていた。 キム・ギドク監督様が使ったシナリオを受けた。 今よりさらに'アート'に近かったが非常に良かった。 ドラマ日程のために固辞をしてまた今の脚色されたシナリオを受けた。 ちょうどドラマが延期になったしその時より強い印象を受けた。 それで出演することになった。

-映画製作費を投資したが。

▲映画自体を出して,ことでしたかった。 投資も金を儲けようという概念でなく。 そのようにすればより一層私のことという考えが強く入りそうだった。

-劇中キャラクターは終始一貫'カンジ(素晴らしいという日本隠語(あゆ))があふれる。 最後まで自身のくすぐる維持する役なんだけど。

▲カンペ役は,とても素晴らしく見えてはいけないという前提をしてとった。 監督様もカメラに礼を尽くさないでくれとした。 とても素晴らしく出てきたとし,最初からまたとったこともある。 人々がどのように受け入れるかも知れないだろうが力を抜こうと努力をたくさんした。 事実'ごめん,愛してる'時も重さを捉えようと捉えたことでなかった。 劇中キャラクターに合わせただけだろう。

-'バリ'と'ミサ'に続き'映画は映画だ'までソ・ジソプを貫く情緒のようなのが感じられたのに。

▲演技するのがその時からおもしろくてようだ。 名前を得始めた'バリ'で演技の面白みを感じ始めたし,'ミサ'で'演技がこういうものだな'という気がした。 それで演技に大河のどの渇きがより大きかった。 行けばますます作品をし終えた後,余韻がさらに長く残るようだ。

-製作報告会にもファンたちが訪ねてきたのに。 他の芸能人のようにファンたちに気立てが優しくできない方なのに変わりなしに愛情を見せるようだったよ。

▲ファンがあるので私が存在すると考える。 私の性格がよく近付くことができない方だ。 今はもう少し近付くことができるようだ。

-試写会が終わって周囲の反応がどうだったか。 VIP試写会にペ・ヨンジュンもきたのに。

▲記者試写会はとても緊張して,よく分からないし,知人らは文字で短く感じを伝えた。 'やり遂げた'という文字メッセージが最も気分が良かった。 ペ・ヨンジュン先輩は素晴らしかったといったよ。

-クォン・サンウ,ソン・スンホンなどと兄弟のように過ごすのに所属会社大株主のペ・ヨンジュンとはどうなのか.

▲二人は兄で,ペ・ヨンジュン先輩はお兄さんだ。 その差がある。(笑い)

-アクション場面が多かったが。

▲以前より骨を折ることはあった。 それでも大変だがおもしろかったよ。 カン・ジファンは映画アクションを準備したし,私は実戦のようなアクションを習った。 ところで最後の干潟場面撮影には全く効果がなかった。 犬の喧嘩のようになったよ。

-映画にベッドシーンがあったのに露出は殆どなかったよ。

▲ナイスバディ イメージがあって,むしろさらに見せるのがきまり悪かった。 そして15才観覧可を目標にしたので水位を下げたのもあった。

-'ソカンジ'というニックネームもあってナイスバディ イメージもあるのに負担になりはしないか。

▲初めにはソカンジというニックネームが負担になった。 家で外出する時,わざわざ気を遣ったりもしたし。 今は気楽だと考える。 気楽に通って。 ナイスバディは本来ナイスバディではないがそのようなイメージができた。 本当にナイスバディはクォン・サンウの兄だと考える。

記者懇談会でトップスター役を演技したカン・ジファンがガールフレンドと真昼にカフェで茶を飲む場面が同感したといったが。

▲以前に私もガールフレンドと付き合う時,映画のように自動車で会って茶を飲んでご飯を食べた。 今はそのように車の中で会えない。 相手でとても申し訳なければ。 それでさらに恋愛をできないようだ。

-空白が長いから結婚説などあらゆるデマが出回ったが。

▲私も皆聞いた。 以前にはデマに気を遣ったが今は神経を使わないとする。 結婚はまだ考えが全くない。

-'盗まれて生きられなくて'以後6年ぶりに映画出演なのにどのように変ったのか。

▲その時は末っ子と照明も持ち出して準備してさせ次第我を忘れてした。 そうしたら映画自体が驚くべきだったよ。 また低予算だからドラマのように一日に7~8シーンとって,ドラマ撮影同じだった。 映画とドラマを比較したくはない。 ただし今回の映画で私がすることができることがさらにできればという風だ。

-空白期間の間ドラマはたくさん見たか。

▲1年ほどはたくさん見たがその後では見なかった。 速度傷ついて。 それでも今はとても幸せだ。 仕方なくてするのでなくしたいことができるから。

-重い役を3度連続することになったが。

▲その言葉通り重い役を継続して見たら人々が慣れるか悩みになる。 それでドラマがどうなるかは分からないだろうが次にはちょっと軽い役をしてみたい。

-演技に対する渇望が大きくなっただけ欲もさらにできたようなんだけど。

▲朝ドラマと連続ドラマだけ抜いてすべてしてみた。 シチュエーションコメディもしたしケーブル放送MCもした。 そのように始めて10年が過ぎた。 10年が過ぎたが人々に演技で'側(方)'売れないように演技を上手にしたい。 まだ演技をできないという声を聞けば自分自身が嫌いになるようだ。 そのまま自分自身が俳優でだけ呼ばれたら良いだろう。

-20代の時見た夢や目標を今になって振り返ってみればどれくらい成し遂げたか。

▲20代は目標がなかった。 単にその時願いがあるならば一週間スケジュールが'草'だったらと思った。 今は演技がおもしろくなりながら,演技を上手にしたいのが夢だ。 私が家長と言う事実は皆知るから幼かった時持ったホテル経営はまだ夢だ。 一生の夢だと思ったりもする。

-'バリ'時はチョ・インソンと善意の競争があったし'ミサ'時は導く感じだった。 '映画は映画だ'というどうだったか。

▲以前には期待できる所が多かった。 どうしても今は先に立とうと努力した。

-製作報告会や記者懇談会で以前よりはるかに明るい姿だったのに。

▲そのような席がまだぎこちないが笑おうとする。 まだカメラ前に立てばウルロンジンがある。 だが今はぎこちなくても自然に笑いが出てくる。 年を取るからであるようだ。 映画の中に私のシワもボーイだよ。 来年や再来年にはさらに自然な姿が画面に見られそうだったよ。

-韓流スターで人気を得ているのに。

▲韓流スターであらわれたくはない。 それでこの映画を選んだのもある。 私はそのまま習いたい。 俳優でだけ呼ばれてくれたら良いだろう。 それが目標でそんなに生きたい

|

« このインタビューちょっと良い・・・・ | トップページ | ソ・ジソブとカン・ジファンの表紙 »

韓流」カテゴリの記事