« ソ・ジソブとカン・ジファンの表紙 | トップページ | ソ・ジソブ・・・・私は今演技に飢えている! »

カン・ジファン・・・・私は挑戦したい

http://www.cine21.com/Article/article_view.php?article_id=52727&mm=005002001

<映画は映画だ> スター役のカン・ジファン

“本当にいたずらさがカン・ジファンの一番のイメージ”と彼のファンは自分のブログに切実に書いている。. 主に模範生から脱している人物型をたくさんして来たし悶着多い貴公子の表情をたくさん作って来たから生じたイメージであるでしょう.

<京城スキャン>では京城最高の溌剌とするおしゃれで, <快刀ホン・ギルドン>では既存のホン・ギルドンというモデルを飛び越える現代的人物型で悔しかった. 敢えて史劇ではない現代劇でも彼の多くの役目は姜指環のイメージをいたずらな貴公子タイプに近く縛って置いた. もちろんそれはまだ凶ではない. “ギャグ本能まではないが, どうしても既存ドラマでそんなイメージ表現がたくさんなったからなだろう.”

個人的に彼が追い求めるのは “一作品に喜怒哀楽を皆盛るのだ. そしてそんな感じを演技する時見る人々も好むようだ”と言う. 今度作品 <映画は映画だ>でカンジファンが引き受けた俳優手打は嬉しくて楽しい方よりは悲しくてくやしくて残念な方にもっと近いが, 実はその二つでも説明することは難しい他の場合だ. カンジファンは <映画は映画だ>で確かに何かちょっと他のものを試みる.

ドラマ <快刀ホン・ギルドン>が終わってひと月頃経った時彼には多くの計画があった. なかでも一つは日本でしばらく休んで日本語も学んでその所であるこれからの活動を点検する仕事だった.

あの時たまたま <映画は映画だ>の提案を受けた.“映画は独立映画を抜いてからはして見なくてドラマにずっと行くかと思う考えが多かった. ドラマ側で安定した状態に入ればあの時映画という新しい分野を新しく挑戦するかと思ったが時期的によく当たった.” 何より彼の心をひいたことはこの点だった. “既存には主に倍位たちすることだけして相棒を作って演技したら今度はそうではなかった. 強い雄においがするキャラクターをしたかったがちょうどその役目が来たことだ.” 雄? 貴公子あるいは腕白が闘犬場のように経った所に描写される映画撮影現場の主人公でその所で戦うことを導く闘犬のように恐ろしくて頑なな手打になる.

カンジファンが映画で引き受けた手打は当代最高のスターだが常に事故を起こして通う. 性格があまり良くなくて私生活もきれいに見えない. 撮影途中仲間に傷をつけた後悪いうわさが回って誰も彼と一緒に撮影しようとしないで自分が直接出て本当のやくざであるガンペ(ソ・ジソブ)を引き入れて相手役をさせてアクション映画を取る. ここまでに言っても今度映画が何かカンジファンの冒険というのを易しく分かる. 荒い男二人にしなさいって. “映画自体が男台男の正面対決だったから密かに流れる対決構図が映画のアウラに助けになったと思う. 先輩や後輩, 相手女俳優ではなく同輩友人になってして見ると自然にそんな感じが生き返えたようだ”

もちろん映画作業に対する浪漫は早目に割れた. “幻想があった. (笑) 俳優と監督が常に十分で完璧に話して, 撮影終われば毎日スタップたちして焼酒飲んで. パラダイスだろうと….” 映画撮るのが楽しくなかったという意味ではないが比較的多くない予算課忙しい撮影日程の中で彼が向い合ったのはそんな夢見るのがなく ‘これ興行は後で, 延期できないという話聞けばどうか’ する負担だった. 勿論 <映画は映画だ>がカンジファンの一番目映画ではない. もう <訪問者>でカンジファンはいたずらっ気とは熱心に捜して見にくい純潔と理想的な青年と同時にヨホとの証人で出て妙に胸を打つ役目をした事がある. あの時そこで姜指環は純白の青年計上だった. しかし <映画は映画だ>の手打はそれとまた他の正反対の人物だ. 緊張はそこから来たはずだ.

“中間には逃げだしたかった.” しかし時間が解決してくれた. そして彼の演技方式が安定を取り戻してくれた. カンジファンは瞬間的なアドリブやアイディアをよく思い浮かぶ方だ. そんな演技習慣が後に従いながら撮影場で彼は楽になっていた. “スターという友達は自尊心がすごくて何か自分が知ってくれと言うビジュアルを腕に刻むようで ‘スター’というタトゥーを提案した. 自分の名前を書いたのだ. スターという言葉でスターが連関されて首後にはその模様のビジュアル入れ墨も刻んだ. またやたらにざらざらしてつやがなくて生意気な面さえ見えればつまらないようで面白く買食いする姿などでディテールをいかそうと思った. 紅参パック, チョコレート, 脹らます食べる時行動たちがそうだ. 監督様が思ったスターは人間的な面が断絶されたまるでセメントみたいな人間だった. とてもざらざらしてつやがない手打. 私が思ったのはちょっと柔らかながらも左衝右突してまた行ったり来たりするそんな姿だった. 折衷しながら出たのが今のスターの姿だ.” スターはそうにさせられた.

映画にはスターが惨めな姿でひざまずいたままやくざたちに袋叩きにあう場面が出る. 泥原野でガンペとふたりきりで犬の喧嘩をする場面も出る. 二つとも貴公子ならしない仕業だ. カンジファンは演技を遠うまわしに言って “まるでビングウィに入る一人のようだ”と言うのに, それなら彼はまだスターのビングウィで覚めなかったはずだ. だからしばらく彼を警戒しよう. まだ彼は荒いやつだ

|

« ソ・ジソブとカン・ジファンの表紙 | トップページ | ソ・ジソブ・・・・私は今演技に飢えている! »

韓流」カテゴリの記事