« 特別な日なんだね・・・・オメデトウ! | トップページ | ひぇ~~驚いた・・・ »

「映画は映画だ」のニュース動画

http://news.empas.com/show.tsp/cp_cb/20080827n19264/?kw=%B0%AD%C1%F6%C8%AF%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

ソ・ジソプ"'映画or女?'個人的に女選択"

二つの戦い屋らの熱い一本勝負が広がる映画'映画は映画だ'のマスコミ試写会が27日午後ソウル,龍山(ヨンサン)CGVで開かれた。
この日マスコミ試写会を通じて,初めて完成された映画を見た二人の男主人公,ソ・ジソプとカン・ジファンは"初めて映画を皆さんにお目見えすることになり非常に震えて緊張する"として所感を明らかにした。

映画'映画は映画だ'という俳優になりたいチンピラ川割って(ソ・ジソプの方)とチンピラよりきびしい俳優数打(カン・ジファンの方)が映画出演を決めることになりながらまねるアクションでない生き残るための本当にけんかをするという条件で撮影に臨むことになるという額縁式構成になっている。 スクリーンの中で最高のアクションのためにげんこつ決心して真の勝負を分ける俳優(カン・ジファンの方)とチンピラ(ソ・ジソプの方)は互いに違うようながらも,本能的な戦い気質ではお互いが似ている。 相手俳優の役割見て最も印象深かった点を尋ねた質問にカン・ジファンは"ソ・ジソプ氏が分限川割る役割が無愛想ながらも,女に愛情注ぐのを少し少しずつ見せるのに女方々はそのような部分にさらに魅力を感じること"としながら"そのような部分は私も本当にしてみたかった"と率直な心情を表わした。

カン・ジファンはしかし"数打はジソプ氏とは違うように川割って行くと見せてくれることができない数打の喜怒哀楽のグラフを見せる役割を持っていた"として"そのような部分で数打駅に魅力を感じた"と自身が分限キャラクターに対する満足感を表わした。

特に劇中で無愛想ながらも,自身が愛した女性にはやわらかい面を見せたソ・ジソプは'もし映画と女二つのうち一つを選択しろと言うならどちら側を選ぶか'という質問に"個人的に女を選びたい"と答えて,周辺ファンたちの歓呼を受けることもした。

またソ・ジソプは"アドリブを打つことはできない役をして見たら口を触るなど劇中特有のクセでキャラクターを生かそうとした"として"そのままチンピラの役割に忠実だった"と劇中演技に対する愛着を表わした。

一方統制されない戦い気質を持った二人の男が真似期でない本当に戦いを条件でクランクインする映画'映画は映画だ'という来る11日から観客追求に出る予定だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映像で見るとジソブ氏・・・・インタビューの受け答えがすごい早口になってる・・・@@

女を取るか仕事取るかの質問?「女」って答えてますね。客席から「モッチダ~」と女性の声が!ジソブ照れてる(笑)

それに引き換えカン・ジファン君・・・・落ち着いて普段と変わらない!@@

普段通りの優しい可愛い話し方しますよね?カン・ジファン君は。

ふふふ・・・・さすが・・・・カン・将来大物・ジファンです^^

|

« 特別な日なんだね・・・・オメデトウ! | トップページ | ひぇ~~驚いた・・・ »

韓流」カテゴリの記事