« カン・ジファン・・・・私は挑戦したい | トップページ | 2008 ソ・ジソブ公式来日決定 »

ソ・ジソブ・・・・私は今演技に飢えている!

http://www.cine21.com/Article/article_view.php?article_id=52726&mm=005002001

<映画は映画だ> ガンペ役ソ・ジソブ

<映画は映画だ>のやくざ ‘ガンペ’は俳優になりたかった. それでソ・ジソブはやくざになりたい夢を見た. 軍入隊で 3年間去ったソ・ジソブが復帰作で <映画は映画だ>を選んだ理由は滑っこく読ませたシナリオ外にもガンペと彼が持った, 同じ喝きのためだった. “スターではなく俳優になりたかった. モジャモジャ頭とブラックスーツも, 20回以上シナリオを読み上げて思い浮かんだスタイルだ. 最大限力抜いて神経使わなくて行きたかった.” 既往すること素敵にやりこなすと終わりも格好よいというロマンから脱して本当にまともに俳優になりたかった. ひげは育つようにほったらかしておいたしメーキャップもなかった. “疲弊して濁る人物”という彼の表現どおり, 映画でガンペは強迫的に戸閉まりをして睡眠薬とアルコールなしには眠ることができない. そんな寄る辺ない男にある日夢を実現する機会が来る. 相手俳優を暴行をはたらいて撮影中断危機に置かれた映画俳優スター(カンジファン)が出演を申し入れたこと. 気が向く提案を受けたガンペは “真似は出す事ができない. 本気にすればする”と条件をかける.

キム・ギドク監督のAD出身で初メガホンを取った張勳監督は “他の生を暮す二人の男がお互いを憧れる”と説明したが, ソ・ジソブには憧れる生も, 演技モデルもいなかった. 模倣するようで似ている映画はわざわざ避けた. キャラクターに対する情報は皆シナリオにあると思ってアドリブもほとんどしなかった. スターとの初対面で握手でもしようといいながらふしだらに手を突き出す位が全部. 編集本を見たらその瞬間感じが良かったと言いながらソ・ジソブは薄いほほ笑みを含んだ. まあまあの程で自らに甘い点数を与えない彼も満足な気付きだ. “一日 26時間撮影した.” 現場は熾烈だった. ドラマ現場よりぎりぎりだった 47日間俳優がスタップになってスタップが俳優になる事は例事だったし, 忙しい時は照明も入ってマイクも入った. 場面順に取ることは想像もできなかった事. 感情の流れと関係なく場所が重なれば一日にすべて消化しなければならなかった. “それでも苦労した場面が好きなようだ.” 肉体的に一番大変だった場面は干潟場面なのに, 合をすべて合わせておいたのに干潟に入って行ったら足が縛られて映画のように ‘本当で’ 争うしかなかった.

終わりを飾る仁寺洞場面は精神的負担が大きかった. 映画のすべてのものが含まれた場面という考えに監督に撮影を最後に延ばそうと頼みもした. “この映画のように曖昧な結末が好きだ. 商業的には明快に結論を渡す方が良いが.” 大衆的趣向と距離があるというニュアンスを仄めかしながらもソ・ジソブは多くの人々が映画を見に来てくれてほしかった. クレジットに製作者で名前をあげたから当然だ. “物質的だが私のが含まれればもっと熱心にするはずだという単純な考えで投資したし分かるように分からなく ‘私の映画’という愛着も大きくなった.”

この間ソ・ジソブは日本映画 <ゲゲゲの鬼太郎 千年の呪いが>に妖怪 ‘ヤシャ’ 役に出演した. “虚無孟浪して CG 多くの映画”を嫌やがるという返事と矛盾する選択だ. “仕事においてたくさん変わった. 私はにはいやなことは絶対にできなかったが融通性がセングギョッダルカ. これからは対話を通じて妥協もする. 久しぶりに会う人々はみんな驚く.” 召集解除後大きく変わったのはオブダと言いながらも彼は空白後変わった姿を少しずつ取り出しておいた.

“ホテル経営”という夢を相変らず抱いているが, それよりは “家族が皆集まってごたつきながら暮すこと”が本当の夢だと言って, 恋愛をしたいけど会う機会がないとずるいふざけた言い方をした.

一人でいる時は何をするかと言う質問に, “人とまったく同じだ. 本見て音楽聞いてインターネットする. このごろにはオリンピック見る”と大ざっぱに笑った. 好きな俳優もミッキールークからエドワードノートンに変わった. 演技で感じられる楽さが良いと言う. ノートンのように演出にも関心があるかと問ったら演技ばかりしにくいと手を横に振る. 映画広報車三四回は芸能プログラムにも出演するようだという彼はたんたんと言葉を引き継いだ. “演技する時動くカメラでなくぎこちない. 笑わせなければならないような負担もあって. このごろには俳優たちが多いことをしていたよ. 俳優の立場では演技でもまともにしたいのに易しくない.”

いつのまにかデビュー 14年だがその間ソ・ジソブを代表するイメージは堅固だった. 無ぽたぽた, 無関心, 無表情, フォームに生き、フォームに死ぬ. “デビューするやいなや浮かんだのではない. <すまない愛する>で人気をあつめたとは言うが直ちに入隊するせいで実感することができなかった.

人々が私をどう思うか知れなくて, それで常に似ている返事だけ出すようだ.” 彼は座右の銘も “常に一様な心で”と言いながら座右の銘が書かれた携帯電話画面を見せてくれた. 心は一様でも32歳になったこの男が変わることは変わったようだ.

融通性が生じたという自評ではなくてインタビュー始終自然な楽さと適切な瞬間に必要な言葉を取り出すおとなしさが感じられた. 言葉を惜しむせいだろう? 相変らずどんな固執は折らないような彼が口を割った. “私たくさん休みました. これから働きたいです.” 共益勤務要員だった 3年の間会社員だけつけない月曜病をまともに病んだソ・ジソブが最後に言った言葉だ.

|

« カン・ジファン・・・・私は挑戦したい | トップページ | 2008 ソ・ジソブ公式来日決定 »

韓流」カテゴリの記事