« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008 ソ・ジソブ公式来日決定

何の行事だかは・・・書いていないけど・・・・

ソ・ジソブ日本公式サイトのNEWSにアップされています!

http://www.jisub.jp/news/news_080829.asp

何だか・・・大盛り上がりになりそうな・・・^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっとイベント調べたけど・・・・・

これはあくまで私の推測だからね!まったく根拠ないからね!早とちりするなよ!(笑)

映画で共演したカン・ジファンの日本公式ファンクラブ設立のファンミが9月15日にある・・・ チケットはすでに完売です^^:

http://www.so-net.ne.jp/kangjihwan/fanmi/

もしかしたら・・・・そこに顔を出す???「映画は映画だ」のプロモーション兼ねて・・???

でもそれだったらジソブファンが見られないから・・・・他にもイベントに出るよね?

それと・・・・・ヨン様レストランのゴシレの名古屋店が9月10日にオープンするよね?????そこに顔出す????まさかね~~^^:

9月4日はキムチも発売される(笑)

http://www.wowkorea.jp/news/enter/2008/0826/10047769.html

ジソブ自身のファンミならチケット販売の期間がないと出来ないから・・・ファンミじゃないよね?

日時だけでも早く発表されるといいのに。公式ではファンに盛り上げ期待しているような書き方だよね?????

|

ソ・ジソブ・・・・私は今演技に飢えている!

http://www.cine21.com/Article/article_view.php?article_id=52726&mm=005002001

<映画は映画だ> ガンペ役ソ・ジソブ

<映画は映画だ>のやくざ ‘ガンペ’は俳優になりたかった. それでソ・ジソブはやくざになりたい夢を見た. 軍入隊で 3年間去ったソ・ジソブが復帰作で <映画は映画だ>を選んだ理由は滑っこく読ませたシナリオ外にもガンペと彼が持った, 同じ喝きのためだった. “スターではなく俳優になりたかった. モジャモジャ頭とブラックスーツも, 20回以上シナリオを読み上げて思い浮かんだスタイルだ. 最大限力抜いて神経使わなくて行きたかった.” 既往すること素敵にやりこなすと終わりも格好よいというロマンから脱して本当にまともに俳優になりたかった. ひげは育つようにほったらかしておいたしメーキャップもなかった. “疲弊して濁る人物”という彼の表現どおり, 映画でガンペは強迫的に戸閉まりをして睡眠薬とアルコールなしには眠ることができない. そんな寄る辺ない男にある日夢を実現する機会が来る. 相手俳優を暴行をはたらいて撮影中断危機に置かれた映画俳優スター(カンジファン)が出演を申し入れたこと. 気が向く提案を受けたガンペは “真似は出す事ができない. 本気にすればする”と条件をかける.

キム・ギドク監督のAD出身で初メガホンを取った張勳監督は “他の生を暮す二人の男がお互いを憧れる”と説明したが, ソ・ジソブには憧れる生も, 演技モデルもいなかった. 模倣するようで似ている映画はわざわざ避けた. キャラクターに対する情報は皆シナリオにあると思ってアドリブもほとんどしなかった. スターとの初対面で握手でもしようといいながらふしだらに手を突き出す位が全部. 編集本を見たらその瞬間感じが良かったと言いながらソ・ジソブは薄いほほ笑みを含んだ. まあまあの程で自らに甘い点数を与えない彼も満足な気付きだ. “一日 26時間撮影した.” 現場は熾烈だった. ドラマ現場よりぎりぎりだった 47日間俳優がスタップになってスタップが俳優になる事は例事だったし, 忙しい時は照明も入ってマイクも入った. 場面順に取ることは想像もできなかった事. 感情の流れと関係なく場所が重なれば一日にすべて消化しなければならなかった. “それでも苦労した場面が好きなようだ.” 肉体的に一番大変だった場面は干潟場面なのに, 合をすべて合わせておいたのに干潟に入って行ったら足が縛られて映画のように ‘本当で’ 争うしかなかった.

終わりを飾る仁寺洞場面は精神的負担が大きかった. 映画のすべてのものが含まれた場面という考えに監督に撮影を最後に延ばそうと頼みもした. “この映画のように曖昧な結末が好きだ. 商業的には明快に結論を渡す方が良いが.” 大衆的趣向と距離があるというニュアンスを仄めかしながらもソ・ジソブは多くの人々が映画を見に来てくれてほしかった. クレジットに製作者で名前をあげたから当然だ. “物質的だが私のが含まれればもっと熱心にするはずだという単純な考えで投資したし分かるように分からなく ‘私の映画’という愛着も大きくなった.”

この間ソ・ジソブは日本映画 <ゲゲゲの鬼太郎 千年の呪いが>に妖怪 ‘ヤシャ’ 役に出演した. “虚無孟浪して CG 多くの映画”を嫌やがるという返事と矛盾する選択だ. “仕事においてたくさん変わった. 私はにはいやなことは絶対にできなかったが融通性がセングギョッダルカ. これからは対話を通じて妥協もする. 久しぶりに会う人々はみんな驚く.” 召集解除後大きく変わったのはオブダと言いながらも彼は空白後変わった姿を少しずつ取り出しておいた.

“ホテル経営”という夢を相変らず抱いているが, それよりは “家族が皆集まってごたつきながら暮すこと”が本当の夢だと言って, 恋愛をしたいけど会う機会がないとずるいふざけた言い方をした.

一人でいる時は何をするかと言う質問に, “人とまったく同じだ. 本見て音楽聞いてインターネットする. このごろにはオリンピック見る”と大ざっぱに笑った. 好きな俳優もミッキールークからエドワードノートンに変わった. 演技で感じられる楽さが良いと言う. ノートンのように演出にも関心があるかと問ったら演技ばかりしにくいと手を横に振る. 映画広報車三四回は芸能プログラムにも出演するようだという彼はたんたんと言葉を引き継いだ. “演技する時動くカメラでなくぎこちない. 笑わせなければならないような負担もあって. このごろには俳優たちが多いことをしていたよ. 俳優の立場では演技でもまともにしたいのに易しくない.”

いつのまにかデビュー 14年だがその間ソ・ジソブを代表するイメージは堅固だった. 無ぽたぽた, 無関心, 無表情, フォームに生き、フォームに死ぬ. “デビューするやいなや浮かんだのではない. <すまない愛する>で人気をあつめたとは言うが直ちに入隊するせいで実感することができなかった.

人々が私をどう思うか知れなくて, それで常に似ている返事だけ出すようだ.” 彼は座右の銘も “常に一様な心で”と言いながら座右の銘が書かれた携帯電話画面を見せてくれた. 心は一様でも32歳になったこの男が変わることは変わったようだ.

融通性が生じたという自評ではなくてインタビュー始終自然な楽さと適切な瞬間に必要な言葉を取り出すおとなしさが感じられた. 言葉を惜しむせいだろう? 相変らずどんな固執は折らないような彼が口を割った. “私たくさん休みました. これから働きたいです.” 共益勤務要員だった 3年の間会社員だけつけない月曜病をまともに病んだソ・ジソブが最後に言った言葉だ.

|

カン・ジファン・・・・私は挑戦したい

http://www.cine21.com/Article/article_view.php?article_id=52727&mm=005002001

<映画は映画だ> スター役のカン・ジファン

“本当にいたずらさがカン・ジファンの一番のイメージ”と彼のファンは自分のブログに切実に書いている。. 主に模範生から脱している人物型をたくさんして来たし悶着多い貴公子の表情をたくさん作って来たから生じたイメージであるでしょう.

<京城スキャン>では京城最高の溌剌とするおしゃれで, <快刀ホン・ギルドン>では既存のホン・ギルドンというモデルを飛び越える現代的人物型で悔しかった. 敢えて史劇ではない現代劇でも彼の多くの役目は姜指環のイメージをいたずらな貴公子タイプに近く縛って置いた. もちろんそれはまだ凶ではない. “ギャグ本能まではないが, どうしても既存ドラマでそんなイメージ表現がたくさんなったからなだろう.”

個人的に彼が追い求めるのは “一作品に喜怒哀楽を皆盛るのだ. そしてそんな感じを演技する時見る人々も好むようだ”と言う. 今度作品 <映画は映画だ>でカンジファンが引き受けた俳優手打は嬉しくて楽しい方よりは悲しくてくやしくて残念な方にもっと近いが, 実はその二つでも説明することは難しい他の場合だ. カンジファンは <映画は映画だ>で確かに何かちょっと他のものを試みる.

ドラマ <快刀ホン・ギルドン>が終わってひと月頃経った時彼には多くの計画があった. なかでも一つは日本でしばらく休んで日本語も学んでその所であるこれからの活動を点検する仕事だった.

あの時たまたま <映画は映画だ>の提案を受けた.“映画は独立映画を抜いてからはして見なくてドラマにずっと行くかと思う考えが多かった. ドラマ側で安定した状態に入ればあの時映画という新しい分野を新しく挑戦するかと思ったが時期的によく当たった.” 何より彼の心をひいたことはこの点だった. “既存には主に倍位たちすることだけして相棒を作って演技したら今度はそうではなかった. 強い雄においがするキャラクターをしたかったがちょうどその役目が来たことだ.” 雄? 貴公子あるいは腕白が闘犬場のように経った所に描写される映画撮影現場の主人公でその所で戦うことを導く闘犬のように恐ろしくて頑なな手打になる.

カンジファンが映画で引き受けた手打は当代最高のスターだが常に事故を起こして通う. 性格があまり良くなくて私生活もきれいに見えない. 撮影途中仲間に傷をつけた後悪いうわさが回って誰も彼と一緒に撮影しようとしないで自分が直接出て本当のやくざであるガンペ(ソ・ジソブ)を引き入れて相手役をさせてアクション映画を取る. ここまでに言っても今度映画が何かカンジファンの冒険というのを易しく分かる. 荒い男二人にしなさいって. “映画自体が男台男の正面対決だったから密かに流れる対決構図が映画のアウラに助けになったと思う. 先輩や後輩, 相手女俳優ではなく同輩友人になってして見ると自然にそんな感じが生き返えたようだ”

もちろん映画作業に対する浪漫は早目に割れた. “幻想があった. (笑) 俳優と監督が常に十分で完璧に話して, 撮影終われば毎日スタップたちして焼酒飲んで. パラダイスだろうと….” 映画撮るのが楽しくなかったという意味ではないが比較的多くない予算課忙しい撮影日程の中で彼が向い合ったのはそんな夢見るのがなく ‘これ興行は後で, 延期できないという話聞けばどうか’ する負担だった. 勿論 <映画は映画だ>がカンジファンの一番目映画ではない. もう <訪問者>でカンジファンはいたずらっ気とは熱心に捜して見にくい純潔と理想的な青年と同時にヨホとの証人で出て妙に胸を打つ役目をした事がある. あの時そこで姜指環は純白の青年計上だった. しかし <映画は映画だ>の手打はそれとまた他の正反対の人物だ. 緊張はそこから来たはずだ.

“中間には逃げだしたかった.” しかし時間が解決してくれた. そして彼の演技方式が安定を取り戻してくれた. カンジファンは瞬間的なアドリブやアイディアをよく思い浮かぶ方だ. そんな演技習慣が後に従いながら撮影場で彼は楽になっていた. “スターという友達は自尊心がすごくて何か自分が知ってくれと言うビジュアルを腕に刻むようで ‘スター’というタトゥーを提案した. 自分の名前を書いたのだ. スターという言葉でスターが連関されて首後にはその模様のビジュアル入れ墨も刻んだ. またやたらにざらざらしてつやがなくて生意気な面さえ見えればつまらないようで面白く買食いする姿などでディテールをいかそうと思った. 紅参パック, チョコレート, 脹らます食べる時行動たちがそうだ. 監督様が思ったスターは人間的な面が断絶されたまるでセメントみたいな人間だった. とてもざらざらしてつやがない手打. 私が思ったのはちょっと柔らかながらも左衝右突してまた行ったり来たりするそんな姿だった. 折衷しながら出たのが今のスターの姿だ.” スターはそうにさせられた.

映画にはスターが惨めな姿でひざまずいたままやくざたちに袋叩きにあう場面が出る. 泥原野でガンペとふたりきりで犬の喧嘩をする場面も出る. 二つとも貴公子ならしない仕業だ. カンジファンは演技を遠うまわしに言って “まるでビングウィに入る一人のようだ”と言うのに, それなら彼はまだスターのビングウィで覚めなかったはずだ. だからしばらく彼を警戒しよう. まだ彼は荒いやつだ

|

ソ・ジソブとカン・ジファンの表紙

CINE21の雑誌の表紙を飾った2人

Photo 沢山撮った写真のBカット写真が出ました。つまり・・・ボツになった写真です^^

http://blog.cine21.com/_manager/72086

ボツのほうが素顔が出てますね。

|

ソ・ジソブインタビュー

http://news.empas.com/show.tsp/cp_tn/20080829n03131/?kw=%B0%AD%C1%F6%C8%AF%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

ソ・ジソプが帰ってきた..そして変わった(インタビュー)

ソカンジの'ソ・ジソプが帰ってきた。

空前の話題を集めたドラマ'ごめん,愛してる'以後必ず4年ぶりだ。 9月11日封切る映画'映画は映画だ'(監督張勳,製作キム・ギドクフィルム,スポンジイエンティ)にソ・ジソプは俳優を夢見るチンピラ川割って役を担った。 映画は新人時期とった'盗まれて生きられなくて'以後6年ぶりだ。

帰ってきたソ・ジソプは大いに変わった。 ものすごい人見知りと自分だけの世界を守ってきた彼は皮を破った鳥のように緩やかになって一層余裕があった。 彼はたくさん笑ったし,たくさん話した。

2年余りの空白はソ・ジソプに翼をつけてくれた。 'バリでおきたこと'と'ごめん,愛してる'で得たスターダムは空白期間の間ソ・ジソプに神秘感を付加したし,反面ソ・ジソプは演技に対するものすごい熱望を育てて自由を勝ち取った。

空にはいあがるために足に力を一層より多くやっているソ・ジソプと会った。

-過去とは違って今回の映画は広報に積極的なのに。 報道機関も直接訪ねて行って。

▲ぎこちないから新人のようだったよ。 少しは融通性ができたようだ。

-2年の間公益生活で大いに変わったようなんだけど。

▲軍隊を行った人々に比較するところはできないが2年の間職場生活をしたのと違わなかった。 月曜病気になったよ。 金曜日ならば楽しくなり。 初めには適応するのが大変だったが6ヶ月程度過ぎると良くなった。 その時は分からなかったが人々と苦しめられて過ごしたその時間が私を大いに変わるようにしたようだ。

-復帰を控えて不安な心も大きかったと思うんだって。

▲人々がまた探すかという負担よりは演技が私の心のままになるかという不安感がはるかに大きかった。 本当にしたければ演技が。

-'ごめん,愛してる'で得た人々の関心がそのまま引き継ぐかという負担もなくはなかったと思うんだって。

▲その時はまさに入隊をしたので人気は実感できなかった。 だが負担感がなくはなかったのでどうしても復帰作をドラマの'カインとアベを'で決めていた。 ドラマがどうしてもさらになじめば。

-'映画は映画だ'という新人監督に低予算だ。 実質的な復帰作をこの作品で選択した理由は。

▲大きくなくて有名でない監督という漸移むしろさらに引かれた。 負担感も減らして。 気楽にすることができそうだった。 だが周辺視線は必ずそうではなかったよ。 そうしたら軽く始めたが重く終わった。

-日本映画'ゲゲゲの鬼太郎'をとったのが真の意外であった。 日本作品におばけ役だからその間ソ・ジソプとは全く違った選択であったのに。

▲そのようなことが出来る。 だが挑戦をしてみたかった。 新しいところで新しい人々と仕事をするのがおもしろかった。 以前には他人の思い通り仕事をするほかはない場合もあったが今はしたいことができるのが良い。

-'映画は映画だ'というどのように出演することになったか。

▲1年前ぐらい提案がきていた。 キム・ギドク監督様が使ったシナリオを受けた。 今よりさらに'アート'に近かったが非常に良かった。 ドラマ日程のために固辞をしてまた今の脚色されたシナリオを受けた。 ちょうどドラマが延期になったしその時より強い印象を受けた。 それで出演することになった。

-映画製作費を投資したが。

▲映画自体を出して,ことでしたかった。 投資も金を儲けようという概念でなく。 そのようにすればより一層私のことという考えが強く入りそうだった。

-劇中キャラクターは終始一貫'カンジ(素晴らしいという日本隠語(あゆ))があふれる。 最後まで自身のくすぐる維持する役なんだけど。

▲カンペ役は,とても素晴らしく見えてはいけないという前提をしてとった。 監督様もカメラに礼を尽くさないでくれとした。 とても素晴らしく出てきたとし,最初からまたとったこともある。 人々がどのように受け入れるかも知れないだろうが力を抜こうと努力をたくさんした。 事実'ごめん,愛してる'時も重さを捉えようと捉えたことでなかった。 劇中キャラクターに合わせただけだろう。

-'バリ'と'ミサ'に続き'映画は映画だ'までソ・ジソプを貫く情緒のようなのが感じられたのに。

▲演技するのがその時からおもしろくてようだ。 名前を得始めた'バリ'で演技の面白みを感じ始めたし,'ミサ'で'演技がこういうものだな'という気がした。 それで演技に大河のどの渇きがより大きかった。 行けばますます作品をし終えた後,余韻がさらに長く残るようだ。

-製作報告会にもファンたちが訪ねてきたのに。 他の芸能人のようにファンたちに気立てが優しくできない方なのに変わりなしに愛情を見せるようだったよ。

▲ファンがあるので私が存在すると考える。 私の性格がよく近付くことができない方だ。 今はもう少し近付くことができるようだ。

-試写会が終わって周囲の反応がどうだったか。 VIP試写会にペ・ヨンジュンもきたのに。

▲記者試写会はとても緊張して,よく分からないし,知人らは文字で短く感じを伝えた。 'やり遂げた'という文字メッセージが最も気分が良かった。 ペ・ヨンジュン先輩は素晴らしかったといったよ。

-クォン・サンウ,ソン・スンホンなどと兄弟のように過ごすのに所属会社大株主のペ・ヨンジュンとはどうなのか.

▲二人は兄で,ペ・ヨンジュン先輩はお兄さんだ。 その差がある。(笑い)

-アクション場面が多かったが。

▲以前より骨を折ることはあった。 それでも大変だがおもしろかったよ。 カン・ジファンは映画アクションを準備したし,私は実戦のようなアクションを習った。 ところで最後の干潟場面撮影には全く効果がなかった。 犬の喧嘩のようになったよ。

-映画にベッドシーンがあったのに露出は殆どなかったよ。

▲ナイスバディ イメージがあって,むしろさらに見せるのがきまり悪かった。 そして15才観覧可を目標にしたので水位を下げたのもあった。

-'ソカンジ'というニックネームもあってナイスバディ イメージもあるのに負担になりはしないか。

▲初めにはソカンジというニックネームが負担になった。 家で外出する時,わざわざ気を遣ったりもしたし。 今は気楽だと考える。 気楽に通って。 ナイスバディは本来ナイスバディではないがそのようなイメージができた。 本当にナイスバディはクォン・サンウの兄だと考える。

記者懇談会でトップスター役を演技したカン・ジファンがガールフレンドと真昼にカフェで茶を飲む場面が同感したといったが。

▲以前に私もガールフレンドと付き合う時,映画のように自動車で会って茶を飲んでご飯を食べた。 今はそのように車の中で会えない。 相手でとても申し訳なければ。 それでさらに恋愛をできないようだ。

-空白が長いから結婚説などあらゆるデマが出回ったが。

▲私も皆聞いた。 以前にはデマに気を遣ったが今は神経を使わないとする。 結婚はまだ考えが全くない。

-'盗まれて生きられなくて'以後6年ぶりに映画出演なのにどのように変ったのか。

▲その時は末っ子と照明も持ち出して準備してさせ次第我を忘れてした。 そうしたら映画自体が驚くべきだったよ。 また低予算だからドラマのように一日に7~8シーンとって,ドラマ撮影同じだった。 映画とドラマを比較したくはない。 ただし今回の映画で私がすることができることがさらにできればという風だ。

-空白期間の間ドラマはたくさん見たか。

▲1年ほどはたくさん見たがその後では見なかった。 速度傷ついて。 それでも今はとても幸せだ。 仕方なくてするのでなくしたいことができるから。

-重い役を3度連続することになったが。

▲その言葉通り重い役を継続して見たら人々が慣れるか悩みになる。 それでドラマがどうなるかは分からないだろうが次にはちょっと軽い役をしてみたい。

-演技に対する渇望が大きくなっただけ欲もさらにできたようなんだけど。

▲朝ドラマと連続ドラマだけ抜いてすべてしてみた。 シチュエーションコメディもしたしケーブル放送MCもした。 そのように始めて10年が過ぎた。 10年が過ぎたが人々に演技で'側(方)'売れないように演技を上手にしたい。 まだ演技をできないという声を聞けば自分自身が嫌いになるようだ。 そのまま自分自身が俳優でだけ呼ばれたら良いだろう。

-20代の時見た夢や目標を今になって振り返ってみればどれくらい成し遂げたか。

▲20代は目標がなかった。 単にその時願いがあるならば一週間スケジュールが'草'だったらと思った。 今は演技がおもしろくなりながら,演技を上手にしたいのが夢だ。 私が家長と言う事実は皆知るから幼かった時持ったホテル経営はまだ夢だ。 一生の夢だと思ったりもする。

-'バリ'時はチョ・インソンと善意の競争があったし'ミサ'時は導く感じだった。 '映画は映画だ'というどうだったか。

▲以前には期待できる所が多かった。 どうしても今は先に立とうと努力した。

-製作報告会や記者懇談会で以前よりはるかに明るい姿だったのに。

▲そのような席がまだぎこちないが笑おうとする。 まだカメラ前に立てばウルロンジンがある。 だが今はぎこちなくても自然に笑いが出てくる。 年を取るからであるようだ。 映画の中に私のシワもボーイだよ。 来年や再来年にはさらに自然な姿が画面に見られそうだったよ。

-韓流スターで人気を得ているのに。

▲韓流スターであらわれたくはない。 それでこの映画を選んだのもある。 私はそのまま習いたい。 俳優でだけ呼ばれてくれたら良いだろう。 それが目標でそんなに生きたい

|

このインタビューちょっと良い・・・・

チラッと私生活や心の中が見えるような受け答えになっている。

http://news.empas.com/show.tsp/cp_is/20080828n14262/?kw=%B0%AD%C1%F6%C8%AF%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

ドラマ'ごめん,愛してる'以後4年ぶりに活動を再開したソ・ジソプが"カメラの前にとても立ちたかった"としてその間体験した演技、のどの渇きに対して打ち明けた。

ソ・ジソプは28日インタビューで"演技者らがうらやましくて,公益勤務要員で勤めた後半部にはほとんどTVも見なかった"と話した。 ドラマや芸能番組に出演した演技者らを見れば心が手のほどこしようもなく揺れそうだった。

内省的で人なつっこさないこの青年は"タバコや酒を切った時体験する禁断現象と似た経験をその時した"と話した。

'盗まれて住めなくて'に出演したことはあるが実質的な初めての映画関係者'映画は映画だ'(キム・ギドクフィルム,張勳監督)で俳優になりたいチンピラ'カンペ'で出演したソ・ジソプは"昨日VIP試写会に来たイム・スジョン氏が'兄さんおもしろい。 やはりやり遂げたよ'といった話が最も記憶に残る"として喜んだ。

彼は劇中チンピラ気質が多い俳優'数打'(カン・ジファン)のとんでもない提案で彼の相手役になって,映画俳優となる。 人一つくらい簡単に殺すごろつきだが,自身の夢と職業の間で葛藤する立体的な演技を繊細に表現して,好評受けた。 特に大使より確実なメッセージを伝達した目つきと表情演技がずば抜けた。

"形式的な話のほか指摘するべきことはないのか"と用心深く水はソ・ジソプは"率直に'ミサ'で演技に自信ができた時,公益勤務をすることになりくやしかったが過ぎて見るとその時になるのを本当に上手にしたという気がする"として微笑を浮かべた。 彼は公益話が出る時ごとに"軍服務を代えたことと軍人らにとても申し訳ない心がある"と話した。

この映画のハイライトの干潟シーン話が出るやまた'真摯モード'に帰った。 彼は"一月間アクションスクールでハプを合わせたが膝まで陥る干潟に行くと別に効果がなかった"としながら"カン・ジファンとほとんど動物的な感覚に頼ったまま'次は何だろう?' '君,大丈夫だ?'同じ話をいつもやり取りした"とした。

干潟シーンをとった翌日全身にじんましんが出て苦労したが肉が裂けたり骨が折れなくてむしろ感謝したという。

-昨日映画を見たペ・ヨンジュン氏は何というか?

"あまりにも言葉がない兄だと。(笑)ファミリーだからいつも良い話だけする。 ’型,そうしたことのほか本当に所感をいってみて'としてもいつも最高と褒め称えてくれる。"

-ストーム モデル出身のソン・スンホンより遅く動き始めた。 ライバル意識のようなものないか?

"ふぅ,そんなことがあったら今このように気楽に会えない。 互いにガールフレンドがなくて,ほとんど毎日会うのに'エデンの東側'も応援たくさんしてくれ。"

ソ・ジソプはこの映画の製作者キム・ギドク監督との何回出会いに対して"恐ろしくてシニカルなことと思ったが冗談も上手で,弁舌が優れて,ちょっと驚いた"とした。 キム・ギドクフィルム映画らしく切れ端フィルムまで惜しんで使う姿がかなり印象的だったという。

"フィルム多く使うのを罪悪視する雰囲気であった。(笑)一頭テークにOKカットが出てこなければならなくていつも緊張しながらとったが効果があった。"

-上半身露出を控えてプッシュ業同じ物をしたか?

"そのままとった。 デコボコすればさらにぎこちなく見えるかと思って自然に見えるようにした。 私が何美男俳優でもなくて…(笑い)."

-映画の中人物カンペってきて会うならば?

"難しい。 そのまま二人とも内省的だと目で挨拶してしまうようだ。"

ソ・ジソプは最近みた映画中'ダーク ナイト'ジョーカー役を担ったヒス レジャーに対して"感心また感心した"と話した。 悪役のためにこの映画を推薦されてみたが故人になったヒス レジャーの演技をまた見られないというのがとても悲しかったと話した。

-映画のように実際にチンピラと是非ついたことはないか。

"20代時はカッとして,何度けんかをするところだったが今は労を惜しむ。(笑い)そのまま言葉なしに席をはずすのが上策だ。"

-あなたが記者ならば,どんな質問をソ・ジソプにしたいか。

"短答型になじむがまた難しい。 (しばらく深く考えたあげく) 'ミサ'に対する負担をどのように払いのけたのか尋ねるようだ。"

-その質問に自問自答するならば?

"こういう。 昨日'ミサ'イ・ギョンヒ作家が映画見に来られたが終わって'もうムヒョクだと呼んではいけない'で話された。 映画鑑賞前までも私を'ムヒョク'で呼びましたが。 良い俳優は没入よりよく抜け出す俳優であるようだ。 新人時は没頭するのがそんなに難しかったが…. 今は新しい宿題がもう一つ増えた感じだ。"

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミサが終わった後、ソ・ジソブはファンに向かって・・・「もうムヒョクは忘れてくれ。」ってインタビューで答えていましたけど、そう簡単に忘れられないのが視聴者ですよね。

ジソブに限らずヒット作品に出れば、その作品のイメージが強烈に付きまとう。

俳優自身は、その役が終了すればリセットできるけど・・・視聴者はそれを超える演技や作品を見なければ簡単にはイメージは変えらない。

日本より韓国の方が、見方が厳しいから俳優にとっては、固定したイメージを持たれないように常に努力するしかないですよね。

そういえば韓国って続編ってあんまりないよね?いくら視聴率が良くてもヒットしても日本みたいにシリーズ化って少ないかも。

よく韓国俳優が「常に努力して新しい姿をお見せします」と言っているのは、常套句でなく心から思っている言葉になりますね。

進化し続けなければ生きては行けない韓国俳優。きびし~~~い!

|

ひぇ~~驚いた・・・

ある意味・・・捨て身の挑戦?(笑)

「映画は映画だ」の夜のVIP試写会のソ・ジソブのスタイルが!!!!@@

小栗旬かと思った・・・・

Photo Photo_2 Photo_3

作品的にも試写会は盛り上がったようですね。

考えてみると「楽屋オチ」みたいな感じで受けたのかな?

同じ俳優なら・・・・「あるある・・・」「そうそう・・・」とか・・・

大いに共感された映画かも・・・・

一般人より関係者が見たほうがよりウケル・・・・?

|

「映画は映画だ」のニュース動画

http://news.empas.com/show.tsp/cp_cb/20080827n19264/?kw=%B0%AD%C1%F6%C8%AF%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

ソ・ジソプ"'映画or女?'個人的に女選択"

二つの戦い屋らの熱い一本勝負が広がる映画'映画は映画だ'のマスコミ試写会が27日午後ソウル,龍山(ヨンサン)CGVで開かれた。
この日マスコミ試写会を通じて,初めて完成された映画を見た二人の男主人公,ソ・ジソプとカン・ジファンは"初めて映画を皆さんにお目見えすることになり非常に震えて緊張する"として所感を明らかにした。

映画'映画は映画だ'という俳優になりたいチンピラ川割って(ソ・ジソプの方)とチンピラよりきびしい俳優数打(カン・ジファンの方)が映画出演を決めることになりながらまねるアクションでない生き残るための本当にけんかをするという条件で撮影に臨むことになるという額縁式構成になっている。 スクリーンの中で最高のアクションのためにげんこつ決心して真の勝負を分ける俳優(カン・ジファンの方)とチンピラ(ソ・ジソプの方)は互いに違うようながらも,本能的な戦い気質ではお互いが似ている。 相手俳優の役割見て最も印象深かった点を尋ねた質問にカン・ジファンは"ソ・ジソプ氏が分限川割る役割が無愛想ながらも,女に愛情注ぐのを少し少しずつ見せるのに女方々はそのような部分にさらに魅力を感じること"としながら"そのような部分は私も本当にしてみたかった"と率直な心情を表わした。

カン・ジファンはしかし"数打はジソプ氏とは違うように川割って行くと見せてくれることができない数打の喜怒哀楽のグラフを見せる役割を持っていた"として"そのような部分で数打駅に魅力を感じた"と自身が分限キャラクターに対する満足感を表わした。

特に劇中で無愛想ながらも,自身が愛した女性にはやわらかい面を見せたソ・ジソプは'もし映画と女二つのうち一つを選択しろと言うならどちら側を選ぶか'という質問に"個人的に女を選びたい"と答えて,周辺ファンたちの歓呼を受けることもした。

またソ・ジソプは"アドリブを打つことはできない役をして見たら口を触るなど劇中特有のクセでキャラクターを生かそうとした"として"そのままチンピラの役割に忠実だった"と劇中演技に対する愛着を表わした。

一方統制されない戦い気質を持った二人の男が真似期でない本当に戦いを条件でクランクインする映画'映画は映画だ'という来る11日から観客追求に出る予定だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映像で見るとジソブ氏・・・・インタビューの受け答えがすごい早口になってる・・・@@

女を取るか仕事取るかの質問?「女」って答えてますね。客席から「モッチダ~」と女性の声が!ジソブ照れてる(笑)

それに引き換えカン・ジファン君・・・・落ち着いて普段と変わらない!@@

普段通りの優しい可愛い話し方しますよね?カン・ジファン君は。

ふふふ・・・・さすが・・・・カン・将来大物・ジファンです^^

|

特別な日なんだね・・・・オメデトウ!

普段マスコミの前ではクールさを忘れないソ・ジソブだけど・・・・

今日は「冷静」を何処かに落としてきたらしい(笑)

今まで見せたことがない表情が出ている・・・・汗も大量に出てるけど(笑)

ウインクの下手なジソブがウインク(笑)

何ともいえない表情が多いですね。

Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13

|

こんな表情めずらしいような・・・

映画試写会でのショットPhoto_5 ・・・・やる気満々の表情

監督の笑い顔は珍しい・・・

Photo_6

微妙に珍しい表情かな?

Photo_7

この微妙な笑顔も中々見れない?

Photo_8

|

よっぽどの緊張・・・爆汗!

ソ・ジソブ復帰初映画「映画は映画だ」の試写会。

相当のプレッシャーと緊張と感激と・・・・もうワケのわからない汗出てます(笑)

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

|

この秋の韓国映画界は熱い!

ソ・ジソブとカン・ジファンの共演で話題を呼んでいる「映画は映画だ」の試写会にペ・ヨンジュンが参席する。

http://www.wowkorea.jp/news/enter/2008/0827/10047810.html

ジソブの応援のためBOFの所属タレントが参席するようだ。

これによってマスコミの扱いも破格になるでしょうね。

ペ・ヨンジュンが参席するわけは・・・・↓の記事の秋の映画激戦が関係あるかもしれない。

http://news.empas.com/show.tsp/cp_ae/20080827n06434/?kw=%BC%D2%C1%F6%BC%B7%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

秋劇場街①,多様な素材で観客誘惑

[アジア経済新聞コ・ギョンソク記者]

韓国映画の沈滞の中でも秋劇場街は豊かだ。 昨年より秋夕連休を狙った映画は非常に減ったが独特の素材の作品らが観客迎えに出る。 量を減らし質を引き上げようとする韓国映画界の努力が少しは反映されたような姿だ。

秋映画の開始はチョン・ジェヨン主演のファクション史劇'神機箭'(9月4日封切り)が開く。 世界最初で開発された多連発ロケット火砲を囲んだ朝鮮と名医激しい対立を愉快なメロドラマで解きほぐした作品だ。 秋夕連休を狙った唯一のブロックバスター級映画関係者'神機箭'とは'約束' 'ワイルドカード'のキム・ユジン監督が5年ぶりに出した作品で大衆的な完成度において遜色がないという評価を受けている。

秋夕連休直前にはソ・ジソプ,カン・ジファン主演のアクション映画'映画は映画だ'とキム・スロ主演のコメディー'うちの学校イのふり'が9月11日同日封切る。 映画俳優を夢見るチンピラ(ソ・ジソプの方)とチンピラより経た映画俳優(カン・ジファンの方)の対決を描いた作品で同年齢二人の男俳優の演技変身が期待を集める。 'うちの学校イのふり'という暖かいコメディー映画だ。 英語教師に変身した10年目体育教師と問題児でボクシング選手に新たに出る少年の話をキム・スロとペク・ソンヒョンが演技する。

韓国映画の激しい競争は9月末から始まる。 9月25日にはチョン・ドヨンがハ・ジョンウと呼吸を合わせた'素敵な一日'とユ・ヘジン,珍句主演のスリラー'トラック'が正面対立して,1週間後の10月2日にはチョ・スンウ,シン・ミナ主演の'孤高70'とパク・ヘイル,キム・ヘス主演の'モドンボイ′ガ競争を広げる。 10月16日には片思いする先輩の恋愛を邪魔する安眠紅潮症教師に変身したコン・ヒョジンが目を引く'ミス ニンジン'が封切る。

'素敵な一日'と'トラック'は全く違う雰囲気が対照的な作品らだ。 '素敵な一日'が昼間ならば'トラック'は夜だ。 '素敵な一日'は350万ウォンのために別れた男女が1年ぶりにまた会って行う一日の間のことを描いて'トラック'は借金のために死体運搬に出たトラック運転手と連続殺人犯の息が詰まる対決を描いた典型的なスリラー映画だ。

'孤高70'と'モドンボイ'は過去に遡って,新しい話を広げて出す。 '孤高70'は70年代ロック バンドの話を描いた青春音楽映画でミュージカル スターでもあるチョ・スンウの魅力をのぞくことができる作品であり'モドンボイ'は日帝時代を背景に正体不明の女(キム・ヘスの方)を愛することになった浮気者朝鮮総督府書記官(パク・ヘイルの方)の話を描く。

'神機箭'から'モドンボイ'まで韓国映画でだけ膳を調えても秋劇場街は豪華な食事だ。

http://news.empas.com/show.tsp/cp_ae/20080827n06469/?kw=%BC%D2%C1%F6%BC%B7%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

秋劇場街②,男俳優は誰が首位? 

[アジア経済新聞ムン・ヨンソン記者]今秋劇場街が'星の饗宴'で話題を起こす展望だ。 映画界で演技力を認められた俳優らと‘韓流’の名前でアジア圏を攻略するスターまで含んだラインナップが派手なことこの上ない。

9月4日封切る‘神機箭’にはチョン・ジェヨンが出演する。 彼は高麗末火薬製造上だったお父さんの影響で火薬に対する専門知識と優れた武芸実力をそろえたふ報上段行首説主役を引き受けた。 史劇が初めての彼は女主人公ハン・ウンジョン(ホンリ)と切ないロブラインまで広げて,大きい関心事だ。

10月初めにはパク・ヘイルチョ・スンウが一勝負まともにつく。 リュ・スンボムと共に若い世代トロイカで呼ばれるこれらは演技派俳優らで来る10月2日封切る二つの映画で正面激突する。

パク・ヘイルは30年代京城を背景にした‘モドンボイ’で朝鮮総督府職員で自らロマンの化身であることを自負する当代最高のモドンボイ理解(利害)名役を担った。 彼は何かベールに包まれた八色鳥のような官能美の遭難室(キム・ヘスの方)を愛することになりながら,予測不可能の事件にまきこまれることになる。 初めて破格的なキャラクターを引き受けたパク・ヘイルの全てのものを見られる映画という評価だ。

‘話アートーン’と‘(受ける)乗って塩辛くて’で国内最高のチケットパワーを見せたチョ・スンウは70年代を背景にした‘孤高70’で帰ってきた。 当時夜文化を主導したグループ テブルスのリードボーカル常規役を担った彼はミュージカル俳優出身らしい面目(容貌)を遺憾なく誇示して2年ぶりの映画復帰を知らせた。 入隊前彼の最後の映画関係者‘孤高70’はシン・ミナのまた他の破格変身で話題になっている。

チョ・スンウは映画封切りに先立ち‘チョ・スンウとテブルス’という名前でデジタル シングル‘孤高70’を発表したし,に続きタイトル曲‘青春の花火’を入れたミュージックビデオをお目見えして,関心を集中させている。

ドラマ‘申し訳なくて愛する’以後4年の間芸能界を離れていたソ・ジソプのカムバック作は映画‘映画は映画だ’だ。 デビュー作ではないが,スターで位置づけた後では初めての映画だ。

現実の中のチンピラと映画の中チンピラというアイロニーな設定の中に置かれた二人の男の対決を描いたこの映画でソ・ジソプはカン・ジファンと共に呼吸を合わせた。 ソ・ジソプは組織暴力団川割って,逆に,カン・ジファンはアクション映画を主にとる最高のスター俳優数打駅だ。

傑出した俳優らが行うスクリーン大激突は彼らには血がにじむ戦争とも同じであるはず。 だが勝者と敗者が交錯するのに先立ち秋映画館を探す観客らにはかなり楽しいことであろう。

|

歌スタ!の和田スタ!の岡本茂樹

和田アキ子が歌手生活40周年の記念の企画を「歌スタ!」で行った。

http://www.ntv.co.jp/utasta/wadastar/index.html

題して「和田スタ!」8月11.18日と放映。

デュエット相手をこの番組で見つけてCDを出すらしい。

その相手に選ばれたのが岡本茂樹というバンドをやっている人だった。

聞いていて気持ちいい歌い方をする人で上手かった。ウルフルズの歌を歌いました。

いったいどんな人かと検索~~。↓のバンドのボーカルでした。

http://www.bangking.net/top/top.htm

24日にリトタもライブやった渋谷のライブハウスKINOTOでライブ行っていました。

で・・・・個人のブログもあります ↓

http://ameblo.jp/bangking/

さらに・・・歌の動画は↓

http://video.msn.com/video.aspx/?mkt=ja-jp&vid=101f68c6-2979-4c10-87ae-5b0e6a043070&wa=wsignin1.0

デュエットでどんな歌を歌うのかはわからないけど、世間に知られるのはチャンスですね。

バンド結成10年目にして飛躍の年になるといいですね。

|

ソ・ジソブ日本公式サイトの結論

ここ最近のサービスの良さはファンクラブ設立のため?と思っていたけど・・・

結論はファンクラブ設立は見送りになりました。

http://www.jisub.jp/news/news_080826.asp

そのかわりサイトをリーニューアルをして今より充実させる方向にいくようです。

掲示板のコメントも改行できるようになって見やすくなっています。

無料でやっていくんだ・・・・へ~~~

ほっぺた・・・つねってみる・・・・

痛い!(笑)

|

「映画は映画だ」試写会予定

明日27日はVIP及びマスコミ関係者対象の試写会が龍山(ヨンサン)CGV で2時から行われるようです。

一般の人はNGだけど・・・一部可能なような・・・・???

そして9月1日が一般の人を対象にした試写会があるようです。この時は、普通出演者は来ない。しかし・・・以前の映画の時は顔を出したらしい・・・スケジュールが合えば・・・とか?期待しないほうが良いようですけど・・・0ではない・・・^^:

試写会はソ・ジソブとカン・ジファンが2人揃ってないと来ないだろうから9月1日の一般人の試写会は難しいかもね。

そして9月10日新村(シンチョン)アートレオン夕方9時に舞台挨拶試写会があるようです。これは抽選になっているようですね。

Photo Photo_2

|

ソ・ジソブ日本公式サイトのニュース

http://www.jisub.jp/news/news_080825.asp

ソ・ジソブが取材を受けた日本のメディアが書かれています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもここ最近ソ・ジソブの日本公式サイトが充実してきてない?????

う~~~~~~~~~~ん~~~~~~~~~~

おかしい・・・・(笑)

親切過ぎる(笑)

今月には設立するかどうかを発表するとしていたが・・・・私は出来ないと思っていたけど・・・・

ここ最近の流れが・・・・

・・・・・有料の日本公式ファンクラブを作る為のプロセスっぽい・・・・

案外作る方向に行く?????

|

「江頭2:50」のあの!DVDが!

またまた・・・江頭ネタです^^:

前回、江頭の頭の良さを証明するラジオの番組のYou Tubeをアップしたが・・・・

そのDVDが発売された・・・@@

ピーの部分が(笑)どうも聞けるらしい・・・・?

「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」がDVDで登場

http://stars.biglobe.ne.jp/dvd/ppp.html

この番組の過去の動画 ↓

http://www.tfmplus.com/ppp/

|

デトロイト・メタル・シティー・・・通称DMC

8月23日から公開された「DMC」を見てきた。

http://www.go-to-dmc.jp/index.html

松雪泰子の壊れっぷりを見たかったのと・・・やはり松山ケンイチが出ているからかな?

この題名「DMC」はパンクロックの悪魔系バンドの名前。だが内容は青春コメディー映画のジャンルに入るのかな?

5つ星でなら星☆☆☆☆ぐらいの面白さや満足度はあった。Photo Photo_2

内容的にはDVDで見ても・・・と思うがこの映画の「売り」でもあるライブシーンを体感したいなら・・・・映画館で見るべし!迫力がある!

それにアメリカの伝説の悪魔系バンドのカリスマ役で・・・・

KISSのジーンシモンズが特別出演している。(ハハハ・・・迫力ぶっちぎり!)

だけど・・・見終わってからこの映画のことを思い出すと・・・・

この映画を面白くした功労者は、DMCの熱狂的なファン役の大倉孝二岡田義徳じゃないかと・・・思う。

カリスマを盛り立てる彼らがいたからこそ・・・ヨハネ・クラウザーII世が生きてくる。

神様だって信者あってだもんね!^^:

もちろん・・・松山ケンイチも松雪泰子も迫力あったけど。

そうそうヨハネ・・・・の声の部分は冠徹弥(かんむり てつや)と言う人みたいですね。この声がまた迫力が!(笑)

コメディー嫌いじゃなければ見て損はない映画です。

|

やっと・・・登場・・モンスターエンジン

中々メジャー番組に出なかったモンスターエンジン。

やっと・・・・23日のエンタの神様に出演!!!!!

http://www.ntv.co.jp/enta/center-onair.html

モンスターエンジンの「神々シリーズ」のネタで出演。

ファンとしては「やっと・・・」と言う思いで見ていたが・・・・・

初めて見た人はどう思ったのかな?

イマイチ・・・・事情がわからないネタかも・・・・

この「神々・・・」は何本も見てくると面白さが倍増していくから、毎週出演してくれると・・・

必ずブレイクすると思うけど・・・・

来週も「エンタの神様」に出られるといいけどね。

|

待望の「ヴェロニカ・マーズ」

レンタルで借りたDVDに1話だけ無料で付いていた「ヴェロニカ・マーズ」

この主役の女の子が魅力的に感じたのでシリーズを見たいと思っていたけど・・・何処にもなかった。

以前にも記事をアップしたことがあったけど・・・

まだ日本ではレンタルが始まっていなかった。・・・って言うか・・・販売もされてなかった^^;

それがやっと・・・・9月10日からレンタルが開始される。ボックス販売は10月から。

http://veronica-mars.jp/contents/dvdinfo.html

アメリカではシーズン3まで放映された。映画化の話も出ているらしい。

http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/1606.html

でもシーズン1の時すでに主役の女優は24歳@@で高校生役だったとか・・・・

今は28歳・・・・高校生役には・・・・ちょっと・・・無理があるような?

まあシリーズで見慣れてしまうと関係ないかもね。

ドラマでは魅力的な高校生を演じています。

|

これは「やらせ」じゃないよね?

あの!(どの?)カン・ジファンが・・・・

チキン店の野外テーブルで生ビールを飲んでいたのをフライデー?された・・・

http://news.empas.com/show.tsp/cp_ss/20080823n04577/?kw=%BC%D2%C1%F6%BC%B7%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

[記者ブログ] "洪吉童はどこで酒を飲むだろうか?"…カン・ジファン,道で生ビール'ワンショット'

タレント カン・ジファンがスポーツソウルドットコム カメラに捉えられました。 暑さが真っ最中猛威を振るったある夏夜あるチキン店で偶然にあったことでしょう。 スターを見れば行き過ぎることができないカメラマンの取材根性. ここでも間違いなく発揮されました。

去る22日カン・ジファンはノンヒョンドンに位置したチキン店野外テーブルですっきりした生ビールを飲んでいました。 野球帽子に薄緑色ティーシャツを着て安らかな姿でした。 スーツを整えて着て通った行事の時の姿とは180度異なる新しい感じでした。

外部視線を意識する普通芸能人らとも違いました。 多くの人々が通るノンヒョンドン通り真中で安らかにビールを飲みましたよ。 知人らと色々な談笑を分ける顔には笑い花がいっぱいしました。 ドラマ'快刀洪吉童'での溌刺としたキャラクターが自ずと浮び上がりましたよ。

カン・ジファンはすがすがしくビール500ccを引き寄せました。 簡単なおつまみやはり陥ることはできなかったでしょう。 時々汁をすくって食べる姿も見られました。 そば席に座った知人に大きく手まねをしながら何か説明したりもしたのです。 普通の人々の酒の席のような気さくな雰囲気でした。

午後8時頃始まった酒の席は約2時間の間続きました。 簡単に喉を潤して軽く食事をしたカン・ジファンは10時30分になって一行と共にテーブルを出ました。 真っ最中活動中耳のためなのか飲みすぎるよりは軽く一杯飲んで席を離れましたよ。 芸能人として管理も忘れないことでしょう?

来る9月ソ・ジソプと主役を演じた映画'映画は映画だ'の封切りを控えたカン・ジファン氏. 酒の席で見られた自然な姿を映画でも見られるのを期待しますね。 今後もドラマで映画で活発な活動を広げて,ファンたちに楽しみをあたえる俳優になるように願います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を見て2通りの解釈をした。

1、本当に偶然記者が撮った写真・・・Photo

2、前もって記者と打ち合わせしてあった・・・^^:

どっちにしろ・・・確かに屋台でビールを飲んでいたのには間違いない。

カン・ジファンの性格ならこのような行動も不思議ではないような・・・・

でも勝手にプライベートの写真を沢山撮られてもカン・ジファンは気にしないのか???

まあ、スキャンダラスではないからか?

大物は常に堂々?(笑)

カン・王道・ジファンと呼んでいます。ワタシ・・・・^^

|

ちょっと・・・やり過ぎじゃない?奈良

セント君の着ぐるみがNGだと・・・先日書いたが・・・・

ナント!家族が・・・・出現!

先日の着ぐるみ発表の時の動画 ↓

http://video.mainichi.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48227968/48227968peevee192994.flv?inb=yt

踊っていることにも抵抗あるけど・・・・5分過ぎに・・・@@

奈良って・・・何考えているの?わけわからん・・・・

どう考えても大騒ぎしたことで1度味をしめた故の・・・・行動だよね・・・・・

やはり・・・やり過ぎっていうのも・・・ドン引きされることを・・・学ばなくては・・・

|

字幕って・・・・ナンテ!素晴らしいんだ!

韓国の「映画は映画だ」の制作報告会見の質疑応答でいったい何で笑っているのか気になっていたけど・・・沢山の字幕動画がアップされたので・・・・

だいたいの会見内容がわかってきた。

ここには ↓ 字幕が沢山あって・・・・嬉しい(笑)

http://jp.youtube.com/watch?v=PcWGHPwDOxE&feature=related

もう字幕様々。(笑)

字幕付けてくれる方に感謝!!!

Photo

|

吉田拓郎がニッポン放送に・・・

しばらく休んでいた吉田拓郎がニッポン放送に帰ってくる。

8月31日(日)午後1時から3時まで ↓「吉田拓郎 残暑お見舞い申し上げます」

http://www.1242.com/week/200808/takuro/

先日は広島の大学で歌碑の除幕式に出席。歌は歌わなかったようだが元気な姿を見せたようだ。

http://news.goo.ne.jp/article/chugoku/region/Tn200808030035.html?C=S

|

「のだめカンタービレ」の再放送が・・

現在夕方再放送中ですが・・・

韓国版「のだめ・・」?の「ベートーベンウィルス」の公式サイトがオープンしたようです。

9月10日放送予定ですね。

http://www.imbc.com/broad/tv/drama/thoven/

大人版っぽい感じです。

アップされた写真や音楽がとっても良い!!!

視聴率取りそうですね。下半期の目玉ドラマになりそうです。

イ・ジアのバイオリニスト役?が似合いますね。(写真の雰囲気だと)

演技が上手いのかは見たことないからわからないけど・・・

021615656242155722_2

|

もう1つの土曜日の色々・・・

本家・・・・浜田省吾が歌う↓

http://jp.youtube.com/watch?v=uAdB2nxg5z8&feature=related

堺正章が歌う ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=7RwAhiUFbV4&feature=related

福山雅治が歌う ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=QDpK9T9K29o&feature=related

意外と似てる・・・ものまね・・・山崎邦生 ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=DHQ2xBQ5jtE&feature=related

ヒョンビンもファンミで歌った韓国版カバー「BLUE DAY」・・・POSITION(ポジション)が歌う ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=mymc7fY-R3w

・・・でこのPOSITION(ポジション)は日本で活動しているんですね。谷村新司のプロデュースで新曲リリースします。公式サイトも ↓

http://www.position-official.com/top/

谷村新司も絶賛している・・・↓

http://www.tanimura.com/community/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=4241&forum=2

|

ジソブドラマ「ドクターストップ」の配役が・・・

ソ・ジソブのドラマ「ドクター・ストップ」の配役が決まっていない。

出演俳優のことで韓国のテレビ局はどこも頭を抱えているとか・・・・

http://gall.dcinside.com/list.php?id=sojisub&no=816257&page=23

地上波ドラマが総体的なキャスティング難航に陥った。

ある特定放送会社と関係なくこの頃企画中のドラマらは各々演技者,特に主演級をキャスティングするのに苦心をしている。 ドラマの俳優難易昨日今日のことではないがこの頃は製作陣自ら“由来なしに深刻だ”と話すほど激しい。

来年1月放送予定の‘ドクターストップ’もソ・ジソプだけ男主人公で確定して他の男女主人公をまだ決められずにいる。 製作使用側は“遅くとも9月初めに撮影を始めるべきなのに時間がない。 幅広く俳優を見ている”と説明した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話は変わって・・・・

MVのメイキング ↓

http://gall.dcinside.com/list.php?id=sojisub&no=816209&page3

MVで共演した2人・・・・・並ぶとやっぱり似ているかな?横顔のライン同じに見える。MVの中でフッと笑った顔は2人そっくりでしたけど・・・・

Photo Making12

|

「私は幸せです」撮影最後の・・・

「私は幸せです」の撮影最後の集合写真。

徹夜明けの朝別れる直前に撮った写真のようです・・・

Photo 撮影終わってからかなり経っているけど、まだ編集中なんでしょうか?

それとも配給会社が決まっていないのか?

メジャーな映画ではないから公開する映画館も少ないのかな?

ヒョンビンも今ドラマ撮影に入っているから、タイミングもあるだろうから・・・ドラマ終了後になるのかな?

お蔵入りってことはないよね?^^:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話は変わって・・・・

日本公式ファンクラブで発表されたけど・・・・韓国にも公式ファンクラブできるようですね。

韓国でも事務所が会費を取ってファンミとか情報を取り仕切るみたいな流れですね。

ちょっと・・・驚き・・・・

韓国の私設ファンクラブ(公認?)はファンミを実質仕切っていたけど・・・

今後韓国でもそういったことが難しくなるのかな?

韓国人ファンにとっては、応援したい気持ちの延長でスターと懇親会のつもりのファンミを開いているのに・・・・「韓流ビジネス」や事務所サイドの思惑とかが今までとは同じには出来なくなる可能性が出てきていますね。

韓国でも会費徴収するんでしょうか?韓国人ファンはどうとらえるのかな?抵抗がある感じに思えるけど・・・?

お金が絡むと・・・・・何でも難しい。

|

う~~~ん・・・・・ナント申しましょうか・・

このニュースにふれようか?やめようか?迷いましたが・・・・

一言だけ(笑)

着ぐるみは・・・・・NG(笑)

http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20080415_2/16.html

前回の騒動で・・・・相当・・・奈良県味しめたのか???

|

ソ・ジソブ出演のMVですが・・・

3パターンあるようですが・・・・

「映画は映画だ」のコラボMVはまあ・・・CMの要素が強いから・・・評価以前ですが(笑)

19歳未満観覧不可バージョンを見たけど・・・・

http://www.chosunonline.com/article/20080820000035

・・・・勘違いかなぁ・・・・思い違いかなぁ・・・・呆けたかなぁ(笑)

このMVのストーリーと映像の構成の仕方・・・・どこかで見た記憶が・・・

まったく同じではないと思うけど・・・・

部屋の中の無数のTVとか・・その中に映像が映されるシーンとか・・・子供時代の自分が出てきて対面する映像とか・・・

全体の展開の仕方とか・・・・・・

どこかで見たことが・・・・????

どこだか・・・思い出せないから・・・・ハッキリ断言できないけど・・・

MVとしては・・・・斬新でもなく使い古された手法だよね・・・^^:

個人的には・・・・平凡な作品かと・・・^^:

ただ1つ関心したことがある。

それは、ジソブは旅行カバン(トランク)がとても似合う俳優だと言うこと。

旅行カバン1つぶら下げて・・・街から街へ旅する男の物語なんて似合うかも。哀愁が漂う男の物語・・・・

1つの街で事件が起こり・・・それに巻き込まれながらも・・・解決して・・・・また見知らぬ街へ・・・・

あっ!!!け、けっして・・・「フーテンの寅」じゃないですから~~~(爆)

あくまでも・・・シリアスな物語・・・・

ドラマの企画書でも送るかな?(笑)

|

えっ!また江頭ネタ?

偶然です(笑)

昨日たまたま見たCMに!!!!!!!

ナント!江頭が!!!!

それも!!!!長瀬智也と「トッポ」のCMに出てた~~~@@

http://www.lotte.co.jp/entertainment/tvcm/0807toppo/index.html

もうこれは・・・・直々に長瀬が江頭にお願いしたんでしょうね・・・(笑)

何てったって・・・・江頭2・50は「神」と長瀬にあがめ立てられているくらいだから(笑)

念願のCM共演!

・・・・ロッテも・・・なかなか・・・・(笑)

・・・・でも「ガンバレ!ニッポン!」って言っているからオリンピック期間だけ???

|

衝撃の告白・・・ワタクシ・・・

隠れ江頭2:50です・・・・^^:

つまり・・・大きな声では言えないけど・・・(笑)

江頭2:50ファンです^^

だからこの!記事に「おっ~~やったね^^v」と ↓

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080819-398300.html

オリンピック最高視聴率芸人に!(笑)

普段・・・(たまにだけど)テレビに出演すると「からかわれキャラ」「ハチャメチャキャラ」でインパクトだけで呼ばれているけど・・・・

江頭の凄いところはテレビでは伝わらない。

本当の面白さや芸人魂はテレビでは出していないからね。

松本人志の「すべらない話」が人気だけど・・・・ここに出演している芸人は江頭に比べたらまだまだ・・・「ひよっこ」

だって体張っていないし・・・命かけてない(笑)

江頭は・・・・こんなカッコイイ名言を・・・↓

http://jp.youtube.com/watch?v=MaJpTgkP2fM&feature=related

さらに江頭の凄さはコレ見れば納得する。話の上手さに脱帽。話の面白さに脱帽。このシリーズの話を聞くと江頭がとっても頭がいいのがわかる。

まずは・・・↓ 競艇で300円を450,000円にした男

http://jp.youtube.com/watch?v=gnG37B2BFrA&feature=related

江頭には意外なファンが多い ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=JdeSRPHL7N8

このラジオシリーズのトークはすべて面白い!危ない話や衝撃的な話まで・・・

放送禁止トークが・・・いっぱい・・・

|

最近は余裕綽々ですね・・

もうインタビューの受け答えも余裕綽々のイ・ソジン。

結婚するのは周知の事実だし、仕事もプライベートも上手くいってるから、隠すこともない。トーク番組もインタビューも怖いものなしです。

・・・って言うか・・・もう皆に話したくって・・・ってかっ?(笑)

20日にもトーク番組出て伸び伸び話しているような・・・・^^:

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=88245

Photo

|

絶品の歌芝居・・・石川さゆり「飢餓海峡」

16日(土)にNHK-BSで石川さゆり歌手生活35周年記念リサイタルを放映していた。

http://www.ishikawasayuri.com/discography/video/index.html

最後の方しか見なかったが、たまたま歌芝居・・・・「飢餓海峡」を披露するところだった。

水上勉の小説「飢餓海峡」を歌と芝居を絡ませた一人芝居。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%A2%E9%A4%93%E6%B5%B7%E5%B3%A1

物語の中の娼婦「杉戸八重」役を演じている。この八重は東北の生まれなので当然セリフも東北弁(青森弁?秋田弁?)

石川さゆりは九州熊本生まれだから、東北弁は勉強してマスターしたことになる。その東北弁がパーフェクト@@よくぞ・・・そこまでマスターしたかと目を見張った。

歌の上手さはすでに定評があるが、歌芝居と言う新たなジャンル?に挑戦し、見事な芸になっている。

ファンでもなければコンサートには行かないから、こんないい仕事をしていたのは知らなかった。

何か賞取れそうだな・・・と思っていたけど・・・やっぱり・・・すでに・・・

去年の暮れに文化庁の芸術祭大衆芸能部門大賞を受賞をしていましたね。

http://www.ishikawasayuri.com/diary/2008/01/post_102.html

機会があったら1度見て!見入ってしまうから・・・^^

|

オリンピックが盛り上がっています・・・

どのチャンネルまわしてもオリンピック放映をしています。

テレビ局は各競技ごとに解説者を依頼していますが・・・・その解説力?も上手い下手はありますね。

解説者に必要なのは、知識力、分析力、情報力、そして素人にわかりやすい説明ですかね・・・

長年解説をやっているベテラン(マラソンなら増田明美とか女子柔道なら山口 香とか)はさすがに上手いですよね。必要な要素をきっちり把握していますよね。

今回の北京オリンピックでは新しい解説者も誕生しました。

その中で予想外?に上手さを感じたのが・・・・^^

柔道引退した金メダリストの「井上康生」でした。フジテレビが独占契約していたのかな?メインキャスターとならんで試合の解説をしていましたが・・・・それがもの凄く好感の持てる解説でした!

正直・・・井上康生って鈍臭くて口下手なのかと思っていたけど^^:・・・選手の気持ちの代弁者になっての解説で、好感度はNO.1でしたね。控えめだけど的確な解説。さりげないホローもしていたから気が利くんですね。優しい人柄が出ていました。

今後解説者としてもテレビ局で引っ張りだこでしょうね・・・・

・・・でこんな解説者は・・・・ちょっと・・・イヤ・・・という人もいた・・・・(笑)

名前は出さないけど(笑)・・・・女子ハンドボールの解説者・・・

どうしても監督目線だから・・・仕方がないけど・・・ダメだとか・・良くないとか・・・

非常にキビシ~~~!

選手に言っている否定的なコメントって案外・・・視聴者のテンション下げる・・・

「いいですよ~」「頑張ってますよ~」とか良い所をドンドン褒める解説者のほうが視聴者も元気でるもんですね。自分が褒められている気になるのか?(笑)

監督に向く人、選手に向く人、解説者に向く人・・・・分相応ってありますね。

|

今頃!平川地一丁目の「とうきょう」

ラジオから流れてきた兄弟デュオの平川地一丁目の曲・・・「とうきょう」(デビュー盤)

http://jp.youtube.com/watch?v=X0TSeFj6mDY&feature=related

テレビで時たま見たことがあったが・・・子供が歌っているので・・・さほど興味もなくきちんと聴いたことがなかった・・・・

それがラジオで聴いてビックリ。良い曲でした。詩も曲もいい。

聴いていてちょっと・・・山崎ハコの「ヨコハマ」を思い出しました。

さりげない歌詞なのにワンフレーズにキラリと光る歌詞がある。

ファーク世代には懐かしさを感じる曲だ。

他の曲も聴きたくてデビューアルバム「えんぴつで作る歌」を借りてきた。

1曲目の「福田の夕陽」もいい。(吉田拓郎っぽい曲です)

・・しかし・・・デビューが11歳と14歳でした・・・当然声変わりもあり、進路の問題もあり

現在今20歳と17歳になりました。そして・・・今年8月で解散することになった。

こんなに変化しています^^: ↓ 当たり前ですよね。成長期真っ只中だもんね。最後のシングルがデビュー曲の「とうきょう」をセルフカバー「Tokyo」として・・・・活動を締めくくる。

http://jp.youtube.com/watch?v=bFC-xLDsH9o

|

MVの2人

ソ・ジソブとリトルジソブと言われているユ・スンホ君

MVの共演が話題になっている。

http://www.bunkakorea.com/?doc=bbs/gnuboard.php&bo_table=news&page=1&wr_id=16504

共演の写真 ↓

Photo お互いにどんな感想持ったんでしょうか??

|

この間が最高!

「映画は映画だ」でカン・ジファンが卵をぶつけられるシーンのNG。

http://gall.dcinside.com/list.php?id=sojisub&no=814259&page=6

真近で顔に卵を投げつけているのが監督。

かなり・・・バッシッっと・・・当たった・・・・(笑)

唖然とするカン・ジファン・・・・

一瞬・・・・空気が止まった・・・・この微妙な間が・・・・爆笑

慌てて逃げる監督がまた可笑しい。

|

すでに完璧ネタ?フォーリンラブ

ネタ的に完璧に近い作品だよね?毎回のコント・・・・

男女のコンビのお笑いネタ・・・一分間のラブストーリー・・・・フォーリンラブ

たぶんすぐ削除されてしまう・・・早いもの勝ち(笑)

http://jp.youtube.com/watch?v=RNoPAf9FRKo

ブログ ↓

http://tosp.co.jp/i.asp?I=yesfallinlove

|

「キサラギ」2度目の方が面白い

映画館で見たときは、どうなっていくのか?すじを追うだけで目いっぱいだったが・・・

昨日は2回目だったのでじっくり見ることが出来た。

小栗旬が最初と最後に解説していたが・・・・

「見るたびに面白さを感じる映画」と言ってたけど・・・その通りです。

よく出来た映画です。2回目の方がより楽しめた。

よく練られた脚本だと言うのが見るたびにわかるような・・・

映画館で見たときは、最後に如月ミキが姿を現すシーンが案外衝撃でした。

「えっ?なんで・・・あの子???」と・・・・

ハッキリ言って・・・可愛くないのに驚いたわけで・・・・^^:

それが映画館を出ても腑に落ちなかった・・・・もう少しアイドルっぽい可愛い子にしてもよかったんじゃないかと・・・・

でも2回目見て、非常に納得!

映画の中では如月ミキは四流のアイドルって言う設定になっている。

この作品は見るたびに発見がある映画のようです。

放映されるたびに見てしまいそう。

|

「キサラギ」テレビ放映

今日の夜9時テレビ東京で「キサラギ」が放映される。

口コミで面白さが伝わりロングラン上映した映画。

観客満足度も高かった映画です。

予備知識無しに見たほうが面白いかな?

http://www.kisaragi-movie.com/

よく出来ているストーリーです。

|

「映画は映画だ」のプロモーションで・・・

マスコミのインタビューや記事が目白押しのソ・ジソブとカン・ジファン・・・・

http://gall.dcinside.com/list.php?id=sojisub&no=813949&page=10

http://gall.dcinside.com/list.php?id=sojisub&no=813598&page=27

記者会見の動画 ↓

http://gall.dcinside.com/list.php?id=sojisub&no=814028&page=7

ソ・ジソブはカン・ジファンに心を開いているみたいですね・・・・^^

ジソブの方がよくジファンに触っている(笑)

同い年とは言っても生年月日見ると77年でも3月生まれのジファンが学年だと1つ上になる。芸暦ではジソブが先輩になるけど・・・

ジファンはジソブを立てていますよね。いい奴だ(笑)

見詰め合う2人(笑) ↓

Photo_2

このシーンの動画 ↓

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=103522&servcode=700&sectcode=730

|

完全に現場監督・・・・

ハビタットに参加しているイ・ソジン・・・・

どこから見ても建築現場の監督(笑)

http://news.empas.com/show.tsp/cp_tn/20080812n21458/?kw=%C0%CC%BC%AD%C1%F8%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

10日~14日まで大工仕事に汗かいてます。想像以上にきちんとした建物です@@

今回は会の広報を依頼されて関係で・・・・一般参加と言うスタンスでなくて・・・芸能人として(広報大使)参加している感じですね。

サインもしているし・・・・制服?を着ている^^:

気楽にやっていたボランティアなのに・・・会の顔になってしまった・・・・

Photo 102 117

|

この映画があんがい今年の大穴?

10月16日に公開される映画「にんじん」

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=103482&servcode=700&sectcode=730

このポスターだけ見ても・・・・ヒットする・・・・予感

Photo 韓国で今大ヒットしている作品は男臭い映画が多いけど・・・・

女性客中心にかなり支持を受けるかも・・・

コン・ヒョジンの代表作になるかな?映画女優賞取りそうな気配すら感じるポスターです。

|

チョ・ソンモのMVに出演のソ・ジソブ

昨日の映画の完成報告会で久々の表舞台でのソ・ジソブの雄姿を見たが・・・

またまた嬉しいニュースが!!!

チョ・ソンモのMVに出演。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=88030

そういえば、噂にはなっていましたね。チョ・ソンモが除隊した後、ソ・ジソブがMVに出るとか・・・・

どこかにMVがアップされていないかと探したけど・・・ソゲルにありました ↓

http://gall.dcinside.com/list.php?id=sojisub&no=813624&page=1

探していると全然関係ない面白い動画が・・・・↓サンウとスンホンのトークが爆笑(日本語字幕あり)

この時は「ひとまず走れ」の宣伝で出演。

この動画見ているとサンウとスンホンとジソブが揃うと完全にジソブはいじられ役になるのがわかる(笑)

http://jp.youtube.com/watch?v=H61sRtuKOvI&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=pROGqPaNWac&feature=related

|

「映画は映画だ」公式サイト

「映画は映画だ」の公式サイトが立ち上がりました。

Photo_21 そこで予告編をやっています。

http://www.00movie.co.kr/

・・・・で・・・・この予告編を見ての感想・・・・

ぶっちゃけ・・・・・・この映画の美味しい所はカン・ジファンが持っていっているかな・・・

主役はカン・ジファンかなぁ・・・・出番も多いかも・・・主役のオーラー出ているし・・・

アクションもジソブより上手いし・・・^^:

でもジソブの場合、準主役のスタンスの方が「光る演技を見せる」から役者としての評価は高くなる。

良い脇がいるから主役が映える。今回の映画では、そのバランスが生きているかも。

この2人のからみが最後まで飽きさせないで・・・クライマックスは観客をスカッとさせて映画館を出してくれそうな映画かな????

コメディーっぽいところもありそうだから女性が見ても面白いと感じるかも・・・

あんがい・・・★★★★☆ぐらい行きそうな気もする・・・

スタートは遅いが口コミでヒットするかも・・・・

かなり甘い評価でしょうか?(笑)記者会見見たら応援したくなるよね?(笑)

記者会見の動画 ↓

http://gall.dcinside.com/list.php?id=sojisub&no=813260&page=4

メインポスターも決定したようです ↓

Photo_22

|

ははは・・・このカン・ジファンの笑顔最高!

この写真でこの映画の撮影時の雰囲気が伝わってきます。

2人のコンビネーションが上手くいったようですね。

カン・ジファンがソ・ジソブを笑い死にさせた瞬間 (笑)・・・・↓

このカン・ジファンの笑顔は満点!なかなかこういった笑顔は出来ない!(笑)

カン・ジファンの性格の良さが表れている。^^

Photo_20

|

嬉しそうなソ・ジソブだから・・・・

「映画は映画だ」の報告会でのニュース画像を片っ端から取り込んだ(笑)

本当に嬉しそうな顔のソ・ジソブ。

隠しても嬉しさがこみ上げてきてしまう笑顔でしょうか?

どのショットも保存しておきたい表情です・・・

Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15 Photo_16 Photo_17 Photo_18 Photo_19

|

☆祝☆ 復帰映画完成!

韓国国内での俳優としての復帰第1作目の映画「映画は映画だ」の制作(完成)報告会が今日ソウルで行われた。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=8&ai_id=87977

何だか嬉しそうにしてリラックスしていますね。

除隊後の俳優としての復帰第1作目と言っていいでしょうね。実質は。

CMでショートストーリーに出演したり、日本の映画に出演したりしたけど・・・

韓国国民に本格的な俳優としてのソ・ジソブを披露するのは、この「映画は映画だ」になる。

格別の思いがあるでしょうね。ソ・ジソブにとっては。

だからこそ・・・会見でのあの照れるような気恥ずかしそうな、嬉しさがこぼれるような表情になったんでしょうね・・・・

どんなにかソ・ジソブファンはこの日を持ち望んでいたか・・・・・

ヒットして欲しいですね。

Photo おしゃれな靴はいている。!このファッション結構好きかも・・・私

Photo_2 楽しいショットですね。撮影の雰囲気も良かったのを物語っている。

|

自家製赤紫蘇ジュースにハマッタ!

知り合いの家で自家製「赤紫蘇ジュース」をご馳走になり、あまりの美味しさにさっそく自分でも作ってみました。

今の時期スーパーで赤紫蘇は売っていなくて(梅干を作る時期に大量に出回る)

アチコチ探してやっと見つけて自家製赤紫蘇ジュースを作った。

上手い!!!!」そして「色が美しい~~~」

美味しい物のベスト10に入る!!!

材料は1回で2Lの水に400gの赤紫蘇、そして1kgの白砂糖、クエン酸25g。

これだけで・・・・もの凄く美味しい「赤紫蘇ジュース」が出来る。

飲む時は2~3倍に薄めて飲む。1年ぐらいは原液で保存できる。

だから・・・今せっせと・・・保存分を作っている(笑)

砂糖の変わりに「はちみつ」を入れたものや「普通の青シソ」で作ったりもしたが・・・・

一番美味しいのは「白砂糖」で「赤紫蘇」に限る。そしてお酢よりクエン酸。

「青シソ」は味はさほど変わらないが薄いピンク色だから見た目がイマイチ。

こんな簡単な材料でこんな美味しいジュースが出来るなんて・・・・

もっと早くに知っておくんだった~。

飲むたびに「おいしい~~~~」と言葉が出てしまうぐらい美味しい!

Photo_2

|

エアーギターにさんまのまんまが・・

日本予選会で・・・・惜しい・・・第4位に・・・

http://www.sanspo.com/geino/news/080811/gnj0808110225001-n1.htm

優勝者は・・・・↓

http://airguitar.jp/news/

フィンランドでの世界大会に出場する。

2連覇しているお笑いの「ダイノジ」は今年も優勝できるか?

2007年度 ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=THBiP7E4MXc&feature=related

2006年度 ↓(会場でかなりウケテル~~)

http://jp.youtube.com/watch?v=kf7TMdeakDM&feature=related

Photo

|

イモトアヤコの芸風は・・・・

「イッテQの珍獣ハンター」イモトアヤコは、太い眉毛でセーラー服が定番だが・・・

イッテQの番組を離れた時はどうするんだろうか?と思っていたが・・・・

日曜の番組続きで「行列のできる法律相談所」に出演したイモトアヤコ

イッテQの姿で出演していた。

同じ日本テレビだからでなくても・・・この太眉セラー服で行きそうですね。

確かにその方がキャラが立つ。

今までにいなかったよね?女以前にお笑い芸人であろうとする女芸人。

目指すは「お笑い芸人」だ!(笑)

女は捨てた?(笑)

来週からのイッテQは「珍獣ハンター」よりさらに過酷な挑戦が待っている。

「命」だけは大事にしろ!(笑)

イッテQのスタッフはどうも・・・・どS????(笑)

|

取り合えず・・・・オメデトウ~~

CMの玉木宏はよく見るよね・・・だから・・・・

今年のCMの露出度NO.1になりました~~~^^

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080809-00000003-ykf-ent

最近ではNECのPCのCMが一番新しいかな?メイキング ↓

http://121ware.com/navigate/enjoy/joy/cm/movie/cm0805_mk2_1m.html

あの上戸彩を押さえて・・・トップです!

ソフトバンクのCMの量多いと思ったけど・・・・総合的なCM時間だからかな?

9位の太田真希って・・・・誰????

|

カッコ良過ぎる・・・・VONINのCM

CMが良いのは十分伝わっている・・・・

そのメイキングがさらに・・・・カッコ良過ぎるぞ!ソ・ジソブ!

http://www.vonin.co.kr/story/behind_story08.jsp

ここ最近のソ・ジソブ出演のCMのレベルが高い。

CM作品のどれもが一流・・・・

ソ・ジソブという素材をとことん生かすことが結果的に作品の水準を上げている。

一般にCM監督や演出家は鋭い感性を持って時代を捉えているから、

そういった意味では、現場でさらにソ・ジソブの未知数的な部分を見出すのかもしれない。

つまり・・・監督に欲を出させる俳優・・・。

それに十分答えられるジソブだからこそ・・・・結果的に作品が一流になってしまう・・・

SONYのCMと自動車のショートストーリーとVONINのCMの3本でワタクシ今年は十分満足です(笑)

日本でもCM監督から映画監督になる人が多いから、何年か後このCM監督たちと一緒に仕事が出来ればいいですけどね。

ソ・ジソブの良さを引き出してくれる監督といい映画作って欲しいですね。

Photo_4 Photo_3 20080421_03_2

|

出したか・・・・グッズ

たぶん・・・・観客や視聴者よりも仲間内のお笑い芸人に一番受けていると思われる・・・エロ詩吟の天津木村(笑)

吉本芸人なので・・・・さっそくグッズ出しましたね。もう少し早く出せば、今年のこの暑さでかなり売れたかと・・・

http://kimutaku.laff.jp/blog/2008/08/post-445c.html

扇子です。Photo

発売日 9月2日 
金額  630円
販売先 テレビ通り店(NGK店、ルミネ店)他だそうです!

どちらかと言うと・・・こっちの方が ↓使い道が多いかも・・・(笑)

Photo_2

|

「のだめカンタービレ」の話が出たから・・・

久々に玉ちゃんに会いたくて・・・・動画を見ていた。

以前に「おしゃれイズム」に出演した玉ちゃん(2006年10月15日)

まったく自由に話している(笑)

名古屋の男は彼女のバックを持つとか・・・愛の告白は絶対自分からとか・・・

どMが証明された玉ちゃんとか・・・酒はテキーラしか飲まないとか・・・・相変わらず楽しいし爆笑させられる。

ファンには必見!

http://v.youku.com/v_show/id_XMjMwMTU2MzY=.html

そしてもう1つチンパンジーとの共演の番組。1日目の回。これまた・・・爆笑

まったく玉ちゃんは芸人より笑わしてくれる。

http://v.youku.com/v_show/id_cd00XMjI4ODg1NTI=.html

|

「ベートーベンウィルス」って・・・・

今撮影中の韓国ドラマの「ベードーベンウィスル」って日本のドラマ「のだめカンタービレ」のパクリなの???

それとも・・・・韓国のオリジナルなの?

あるサイトには・・・日本の『のだめカンタービレ』を韓国式に解釈したドラマ。

・・・・って書いてあったけど・・・さて・・これをどういう風に解釈しろって?(笑)

全然知らなかった。イ・ジアの新ドラマって言うのは知っていたけど・・・

イ・ジアが上野樹里???

玉木宏は・・・誰???

えっ?韓国版「白い巨塔」のキム・ミョンミン・・・・・・@@

調べたらキム・ミョンミンがインタビューでこの作品のことを・・・・・6月から撮影に入る「ベートベンウィルス」という「のだめカンタービレ」とよく比較される作品です。とても冷徹な天才指揮者の役です。

・・・・って答えてる・・・・・・

玉ちゃんと・・・雰囲気は全然違うイメージですね・・・・ ↓

http://www.mnetjapan.com/news/news_01.aspx?eventcode=&mode=3&Seq=1171

イ・ジアのバイオリンを弾いているドラマのスチール写真が・・・

http://www.bunkakorea.com/?doc=bbs/gnuboard.php&bo_table=news&page=1&wr_id=16342

「のだめカンタービレ」で言うと千秋が音楽大学の学生を集めてオーケストラを作っていく部分の話を参考にして、その部分を膨らませてドラマを作った感じですね。

だから・・・「ベートベンウィルス」では音楽大学の学生でなく・・・音楽を専攻したが色々な理由で止めた 10代から60代までの人々に変えてるようです。

はて・・・?

これって・・・やっぱりパクリ?

 

|

神の雫・・・水面下で・・・

「神の雫」は現在「モーニング」で連載されているコミック。

この中の登場人物の主役のライバルとして登場するのが遠峰 一青。この人物像が作者がペ・ヨンジュンをモデルにしたとしている。

http://www.chosunonline.com/article/20061005000018

だから・・・ペ・ヨンジュンの次回作は「神の雫」か?と噂になっている。

この作者、ヨン様と会っていますよね?

そしてソン・スンホンとペ・ヨンジュンで・・・・と希望しているような・・・?

韓国のワインブームもあって、複数の会社が狙っている作品のようです。

http://www.chosunonline.com/article/20080301000042

そんな中・・・・こんな記事が ↓

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=103276&servcode=700&sectcode=700

サイダスもこの作品狙っているようですね・・・・^^:

まあ・・・基本原作者がOK出さないと難しいでしょうからね・・・

サイダスだったら・・・・誰と誰が???

さ~~て・・・どこの事務所がゲット出来るか?主役の座。

|

韓国版「アース」はチャン・ドンゴン

もう前からチャン・ドンゴンが「アース」のナレーションに決定の記事は出ていた。

今回はその録音を終えたことを伝える記事。

http://www.chosunonline.com/article/20080807000048

日本版「アース」は渡辺謙でした。

この映画はナレーションが重要なヒット要因ではある。

渡辺謙は最高でした。重厚感があり、知的で優しく品があるナレーションでした。

韓国版のナレーションが決まる前に個人的にアン・ソンギかな?と思っていたけど・・・・

チャン・ドンゴンと聞いて納得!

この映画のナレーションは国民誰もが納得する俳優でなければならないから・・・

チャン・ドンゴン自身も名誉だと思ったんじゃないかな?

韓国版チャン・ドンゴンの「アース」見たいね。

Photo

|

ドラマ版「友よ」ヒョンビン出演

このドラマに出演することは、キム・ミンジュンが自らインタビューで答えていたし、ヒョンビンと共演することも話していた。

ヒョンビンサイドからは、まだ発表されていない。

撮影が始まったドラマ「彼らが住む世界」にまず集中すると言うことでしょうね。

でもこの記事によるとヒョンビン出演は決定みたいですね。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=87772

同じ事務所の尊敬するチャン・ドンゴンの役でしょ?

リメイク作品は俳優にとっては、どうしても比較されてしまうから・・・・

やりにくいでしょうね。

キム・ミンジュンはやる気満々みたいです・・・・

|

こんなこと出来るのはイ・ソジンだけ!

ここ何年か「ハビタット」で大工の源さんやっていたけど・・・・

今回は本格的な棟梁の道目指します!(爆)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=103238&servcode=700&sectcode=700

普通の芸能人のボランティアは表面的な協力をアッピールするだけで・・・・「一般人と一緒に参加してます~的な」マスコミがいる時間帯だけで・・・ほとんどがポーズだけだが・・・・

3泊4日も「一般人になって参加する」なんて有名人ではイ・ソジンしかいないんじゃないの?

普通の有名人には怖くて一般人と同じレベルで3泊も寝泊り出来ない!!!

芸能人は虚像を売っているから・・・・実像は一般人には知られたくないのが普通。

特別扱いがないと・・・芸能人は一般人と一緒に出来ない・・・^^:

前から思っていたけどイ・ソジンは、俳優やめてもどんな世界でも生きて行けるよな。

俳優である前に一人の社会人としての自覚があるんでしょうね。

当たり前だけど、ハビタットに参加しているボランティアもイ・ソジンを特別扱いしてないし・・・(笑)

黙々と大工仕事してます。トンカチがまた似合う!(笑)

20060722_chuncheon_05

|

あれま~~~ココログ広告が・・・

大きな画像の広告のことで文句のブログの記事書いたら ↓・・・

直ってた!!!!!!???????

友人のココログブログにも女性物の洋服のセールの画像広告が入っていたのに直っている!!!

苦情が多かったのかな?????

あの画像広告 ↓ が続いてたら、ココログ止めようかと考えてました~~^^:

だから今日は記事のアップはココログへの苦情だけで終了しようと思ってたら・・・

消えてた・・・・・@@

・・・・もう・・・画像広告無しだよね?????

震度6ぐらいの激震でしたけど・・・・私には・・・^^:

|

ココログブログ・・・ひどいぞ!

いくら無料だからって・・・・

ブログのイメージが悪くなるでしょ!

大きな真っ黒な文字とはいえ、画像みたいな広告貼るな!!!

自分のブログ開いて@@ @@ @@ @@ @@・・・・・

誰か勝手に進入してきたかと思った!!!!

はなはだ失礼だろう!ココログ!!!!!

まったく・・・・こんな画像みたいな広告を記事の下に大きく張られたんじゃ・・・・

記事の文字数が少ないと・・・・この馬鹿でかい広告だけみたいになってしまう・・・

ココログは記事の内容によって広告内容が変わるけど・・・・

イモトアヤコの記事で・・・・何故、こんな広告?????

Photo 悔しいから自分でパネェ画作った(笑)

それも・・・・ものすごく怪しい広告じゃねえの(笑)

ココログさん勘弁してよ!!!!!

|

世界のナベアツじゃないけれど・・

「世界の果てまでイッテQ」のイモトアヤコ・・・・売れかけています(笑)

珍獣ハンターのナイル源流の最後の放送日以後・・・・・

このボブノートに「イモトアヤコ」で検索してくる人がハンパねぇ~~~ぐらい来る!!!

それまではそれほどでもなかったけど・・・・・

ここ1ヶ月前ぐらいから・・・・それはもう・・・・大変な数です・・・・

間違いなく!!!!「イモトアヤコ」・・・・・・売れかけてます(笑)

売れかけている原因が・・・イモト本来の持ち味の現地の人との係わり合いや動物との触れ合いのシーンで天然の面白さがでたけど・・・・・

ここ何回かはバンジーや水中に潜るとか自分に挑戦的な感じだけど・・・・・そうなると怖がっているイモトを見るだけになって・・・・魅力が失せる。

やはりここは・・・・原点に戻って・・・楽しそうにしている「珍獣ハンター」で行って欲しい。

ははは・・・応援ブログになっている^^

|

篤姫 対 幾島

「篤姫」の宮崎あおいと「幾島」の松坂慶子

前回(31回)「さらば幾島」はこの二人の別れを切り出すくだり。

どんなドラマでも場面を引き締める俳優はいるものだが、この「篤姫」は松坂慶子と高橋英樹が画面を引き締めていた。

その松坂慶子も出番が終わろうとしている。

篤姫と幾島が向かい合って別れを切り出すシーン秀逸でした。

2人の演技力が真っ向勝負と言ったところでしょうか。

松坂慶子の芸暦からすれば宮崎あおいはひよっ子でしょうが・・・・

「宮崎あおい」はやっぱり上手い!今回はこのシーンで宮崎あおいの演技力を改めて思い知らされた(笑)松坂に負けていないものね・・・・^^

今ブレイクしている若手の女優の中では一番上手いのかなぁ・・・?

今後新しい役柄の俳優たちが出てきますけど・・・・堀北真希大丈夫かなぁ?(笑)

どうしても年齢が近いと比べられそうだけど・・・

|

同時間に出演・・・イ・ヒョリ

夜心満満に出演して涙を見せ、○・○○○ファンをハラハラさせたイ・ヒョリだが・・・・

Photo 韓国では同じ時間帯にTV出演したことが話題になっている。^^:

SBS '夜心満満2と MBC '遊びにきて'の番組に出たみたいですね。

ブッキングは日本では避けるけど・・・・韓国は気にしないのか?

視聴率はほぼ互角だったとか・・・・

内容はそれほど話題になっていないが・・・・「夜心満々」では失恋話になったが・・・・「遊ぶにきて」では理想の恋人話で盛り上がったとか・・・・

ワタクシとしましては・・・どんな内容を話したか知りたいわけで・・・(笑)記事による抜粋をだけど・・・↓

http://news.empas.com/show.tsp/cp_my/20080805n02264/?kw=%C0%CC%C8%BF%B8%AE%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

4日SBS '芸能選手村'に先週に続き出演したイ・ヒョリは過去のボーイフレンドとの偶然な出会いと歌手イ・ヒョリでない1人の女性としての夢を告白して目を引いた。

イ・ヒョリは"キム・ジェドンに明け方3時電話をかけて泣くばかりで切った"と明らかにしたし,キム・ジェドンもまた"イ・ヒョリが電話をして"女~"自慢叫んで泣き叫んで切って恐ろしかった"として周辺を爆笑させた。

これにイ・ヒョリは"ボーイフレンドがキム・ジェドンとも会ったことがあって心をより簡単にさらけ出すことができた"としてキム・ジェドンに頼った心を明らかにした。

だがキム・ジェドンの推薦で"一人で明け方登山をして別れた男の友人と偶然にあうことになったし,互いにしばらく静かに見上げてばかりいた"と話して映画のようだった去る日を思い出させた。

イ・ヒョリは"恐らくボーイフレンドもまた私を忘れようと登山をしたようだ"として切なかった瞬間を回想した。

引き続き彼女は"つきあうボーイフレンドらが私を強い女でだけ考えることだけ同じで悲しい"として"私も慰労されたい女だ"と話して,大韓民国代表アイコン イ・ヒョリの孤独さを視聴者たちにぼんやり表わした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わかる人が読めば・・・ハラハラしますけど・・・(笑)

|

TBSに激震が走った???

土曜日TBS夜8時からスタートした「恋空」が・・・・

第1回目と言うのに・・・・視聴率が5.6%@@

これは・・・・誰も予想外だったか???

映画もそこそこヒットしたし、小説だって売れた・・・・・

満を侍してのドラマ・・・・・って言うつもりだったんだろうTBS

何故こんな視聴率を取ってしまったか?

同じ時間帯には「世界一受けたい授業」15.7%「めちゃイケ」13.4%があるけど・・・

それにしたって・・・・新ドラマの1回目はどんなドラマでも取り合えず・・・10%は超えるよね。

録画でこのドラマ見ましたが・・・・15分でリタイアー(笑)

まあ・・・・若い世代をターゲットにした内容だから無理もないけど・・・

そのターゲットの若い世代は何故見なかったのか?

最近のTBSドラマを見ていて思うのはテレビ局の中で一番キャスティングが下手。

主役と脇役のバランスが悪い。だからドラマが生きてこない。

まあスタートしてしまったドラマのキャスティング言ったところでどうしようも出来ないけど(笑)

今後TBSドラマ「恋空」はどうなっていくんでしょうか?

|

何故かやる気になる番組です。

毎週土曜日のNHKの教育テレビ夜11時30分の「めざせ!会社の星」が楽しい。

http://www.nhk.or.jp/kaisha/

ここにゲストとして呼ばれる社会人を見ていると「よく今どきこんな人材探してしてなぁ・・」と感心してしまう。

基本は、前向きな元気な新人社会人。どこから探してくるのかな?

それこそ・・・ウン十年前はごろごろ当たり前にいた社会人なのに今の時代にまだいるのか(笑)

・・・日本もまだまだすてたもんじゃないなぁ・・・・とちょっと嬉しい^^

司会のアンジャシュの渡部健が上手い!

出演している素人の社会人を緊張させない。バランス感覚がいいのと基本優しい性格なのかもね。この人がいるからこの番組の雰囲気がいいのかも。

小島一哉のバカ役もホンワカムードに貢献している。

先日の内容は「名刺」

新人会社員でなくても毎回タメになる内容になっているし、めずらしい情報も知ることが出来る。

非常に前向きな番組です。見終わると・・・・やる気になっている(笑)

|

ヒョンビンの「かれらが住む世界」

いよいよドラマの撮影が開始されたようです。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=87625

これは撮影中のヒョンビンでしょうか?役柄だよね?

http://gall.dcinside.com/list.php?id=hyunbin&no=166769&page=1

アックジョンでの目撃情報ですね。

腹出てねぇ?(笑)

Photo

腹筋と思いたいけど・・・・^^:

|

隠れたマニアいるんです!(笑)

ハシビロコウのインパクトに度肝を抜かれまして・・・上野動物園まで行って実物を見てきた報告は以前にしましたが・・・・

その時は上野動物園で「ハシビロコウ」のブローチ買ったんです。

どうも漫画チックに描かれていれば可愛い感じもするハシビロコウですが・・・

リアルなデザインで・・・・やや不気味(笑)

もっと可愛いハシビロコウのグッズはないかと・・・ネット検索

バッチ見つけました。 ↓

http://wildfunkystore.com/?pid=4011053

さらに・・・こんなこと考える人がいた!ビックリ! ↓  こ、こわい・・・(爆)

http://blog.wildfunkystore.com/?eid=411319

完成品らしい・・・・(爆)  ↓商品になるようです。めっちゃリアル・・・買おうか迷う(笑)

http://blog.livedoor.jp/nishada/archives/cat_237766.html

買った場合・・・さて・・・どう使う?(爆)

ここまでハシビロコウ人気があったんですね^^

Dscn1356

|

イ・ヒョリ・・・・まだ未練があるのかな?

http://www.chosunonline.com/article/20080802000009

どうもここ最近のイ・ヒョリのニュースや記事を読むと「危うい」感じがずっとしている。

まだ若いし、オープンな性格なことは十分わかっているが・・・・・

いつまでも「元カレ」を引きずっている言動が目に余る。

普通は芸能人なら言って良いことと悪いことは、子役でも理解する。

あえて・・・話したがるのは、未練が強いからかな?どうしても心の整理がつかないのかな?

別れた後の言動見ても・・・・○・○○○ファンとしては・・・・ハラハラしている。

元カレの方はすでに・・・・整理はつけている・・・・^^:

イ・ヒョリも早く新しい彼氏見つけてくれ~~~ホットなニュースを早く聞きたい。

そうしないことには・・・・心配で心配で(笑)

|

原作漫画を読んでいないこと前提ですが・・・

NHK「ワイルドライフ」の2夜目。「パンダの涙」ですが・・・・

同じ原作なのに・・・監督が変わるとこうも変わるか!という見本(笑)

昨日の「パンダの涙」はテレビドラマでした~~(笑)

主人公や登場人物の性格も・・・・微妙に違ってる(笑)

昨日は期待した分、面白くなかった・・・・・^^:普通の作品。

1話の川島透監督の出来ばえが素晴らしかったので・・・期待していたが・・・・

1話と2話が逆だったら・・・2話目は見なかったかも・・・

この「ワイルドライフ」は映画にもなると言うから、誰が監督を引き受けたのかな?

川島透監督ならば・・・・映画でも見たいけど・・・・・

でも原作の漫画読んでた人は、案外昨日の作品のほうが原作に近かったりして・・・^^:

まあ・・あくまで原作は原作だから・・・・

迫力とスピード感、俳優の生かし方、作品として面白さを生かすなら川島透監督に作って欲しいけど・・・・

ドラマをすでに越えた作品に仕上げた実力は1話を見た視聴者が感じていると思う。

この川島透監督って・・・「竜二」や「チンピラ」作った監督だよね?

|

韓流ファンクラブ考・・・・・怒り

ソ・ジソブの日本ファンクラブを設立するか否かを決定する8月・・・・

この時期にヒョンビンファンクラブの更新の葉書がきた。

PCの公式に入る時に期限は9月30日まで・・・・としっかり出る(笑)

集金能力には怠りなし!(笑)

まあ~~ぶっちゃけ・・・ヒョンビンファンクラブ・・・・トホホだったな。

中々記事はアップしないし、自分でネットで探したほうが早い。やっと会報が1回来ただけ・・・・BBSは・・・(笑)

・・・ここに来て更新するファンが減ると読んでか・・・若干記事が増えつつあるしファンミもする。

このファンミが日本ファンクラブ主催なのに・・・・韓国で行う!!

確かに韓国経済が疲弊しているから・・・自国の経済の足しにと考えたんだろうが・・・・

韓国のファンクラブに入れないからこそ日本のファンクラブ入った人が多いと思うのに・・・

ナンデ韓国まで行かなくてはならないんだっ!喝~~っ!!

日本で行えば日帰りで済むのに・・・多くの会員が参加できるのに・・・

何のための日本ファンクラブ????

あっ・・・そうそう・・・・ソウルファンミの参加者が少なかったのでしょうか?

申し込み者全員当選です(爆)

そして・・・・あと400名追加募集ですって・・・・@@

どんだけ申し込み少なかったの????

ハッキリ言ってヒョンビン日本ファンクラブは最低の部類でしょうね・・・・

ははは・・・無料のソ・ジソブ日本公式のほうが全然マシ!

ヒョンビンファンクラブ会員の更新はしない。

会費払うだけのメリットなし!(私にはだけど・・・^^:)

これが今回日本でファンミをやるなら更新したかもね・・・・微妙だけど・・・

もういいかげんに日本のファンをなめるのも大概にしろよなぁ。ひどすぎる!

|

ちあきなおみの歌

紅い花

http://jp.youtube.com/watch?v=J1fn4BASJF8&feature=related

黄昏のビギン

http://jp.youtube.com/watch?v=VcsDsOEU3B0&feature=related

イマージュ

http://jp.youtube.com/watch?v=aMq27c-PY2Q&feature=related

星影の小径

http://jp.youtube.com/watch?v=z2VFi0Pc_9A&feature=related

かもめの街

http://jp.youtube.com/watch?v=FGH50_ogXUo&feature=related

もう復帰しないよね・・・・

待っているファンは多いけど・・・

|

ヒョンビン新ドラマの配役

ヒョンビンの新しいドラマの出演者たちが発表になったようです。

http://gall.dcinside.com/list.php?id=hyunbin&no=166719&page=1

ベテラン俳優たちが上手い人多いですね。

このメンバー見ても・・・しっかりしたドラマ期待できます。

Untitled

|

NHKドラマ・・・・「ワイルドライフ」

最近のNHKのドラマの水準の高いこと!

昨日と今日のスペシャルドラマ「ワイルドライフ」が大注目!!!!

http://www3.nhk.or.jp/drama/

http://wildlife.gyao.jp/

原作は少年サンデーの連載マンガ

http://websunday.net/rensai/set_wild.html

昨日は第1話でラオスの象を救う話だったが・・・今日はパンダの話

ドラマというつもりで見ていたが、今までにないドラマ・・・・不思議な感じで見ていた。

どうなるかわからない話の展開もさることながら、内容自体がスケールの大きい話で・・・・画面から目が離せなかった。

斬新なアングルに驚いてオールロケーション?での撮影にも驚き・・・・凄いドラマだなぁ~と感心していたが・・・・

・・・なんだ・・・・このドラマ・・・・映画だ!

スケールも内容もドラマを越えている。

・・・一応2話連続放送でドラマ枠なのでドラマとして見ていたけど・・・・

前編後編に分かれている映画と同じです。

しかし・・・1話と2話の監督も脚本家も違う。同じなのは原作者と出演者だけ・・・

今日のドラマはどうなるのだろうか?

もちろん今日も見ます!(時間帯がずれて今日は夜10時からになった)

調べて見ると・・・2008年3月にNHK-BShiで放送されてたドラマでした。@@

さらに・・・この「ワイルドライフ」はドラマの後・・・映画化も決定していますね@@

主演はテレビと同じ・・・市原準人です

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200802/gt2008022516.html

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »