« 4作目「インディージョーンズ クリスタルスカルの王国」 | トップページ | 苦悩する若き音楽家・・・・ヒョンビン »

えっ?「カインとアベル」も消えた?

も~~~わけわかんねぇ~~~

サンウの「大物」が消えてジソブの「カインとアベル」が放映されるんじゃなかったの?

「ドクターストップ」と言うのは新しい企画だったの?

それに内輪の暴露話が記事としてアップされてきたのは・・・・

誰も責任取らない韓国らしい・・・・と言っておこう(笑)

http://news.empas.com/show.tsp/cp_is/20080630n13090/?kw=%BC%D2%C1%F6%BC%B7%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

クォン・サンウ・ソ・ジソプ,ドラマぞろぞろ座礁なぜ? 

クォン・サンウ・コ・ヒョンジョン主演の'大物'とソ・ジソプの除隊後ドラマ復帰作に関心を集めた'カインとアベを'がぞろぞろ霧散危機を迎えた。 SBSは26日編成国とドラマ局の合同会議終わりに'対物'と'カインとアベを'を下半期編成から除外するように最終決定した。

当初二つのドラマ皆韓流スターを前面に出して,100億ウォン台の製作費を投入させる代作(大作)で期待を集めたのに1年間編成をつかめなくて漂流してついに霧散危機を迎えて,放送関係者に衝撃を与えている。

クォン・サンウ・コ・ヒョンジョンとソ・ジソプはそれぞれ今年11月と12月までドラマが編成を捉えることのできない場合,出演を最初から撤回すると発表されている。 二つの作品はMBCとKBSで編成を捉えられなければ事実上空中分解される。 だが他の放送会社も"すでに下半期編成が描かれた状態"として後ろ手に組んでいる。

クォン・サンウとソ・ジソプという(のは)大魚を前面に出したドラマが続けて座礁したことに対して放送会社側は'スターシステムにこれ以上首をくくらない'という理由を掲げている。 クォン・サンウとコ・ヒョンジョンのギャランティーだけ合わせて一回当たり1億ウォンを遥かに越える'対物'は無理な製作費のために外注製作社のイギムプロドクションがオープンセットを作るという約束をまともに守ることができなかった。

'カインとアベを'やはりソ・ジソプを前面に出して,日本最高の広告代理店兼コンテンツ流通社の電通に事前販売をしたりしたが,海外ロケーション費用などを合わせて,最小60億ウォン以上の予算をまかなえられなくて,内部的に危機を迎えた。

SBSのある関係者は"スターだけひったくって無理に投資と製作規模にだけ首をくくる外注製作社のシステムが結果的に良いコンテンツにつながらないために無理を強いなかった"と伝えた。 実際にこれら作品以前にもソン・スンホンを前面に出した'ペルソナ'とチャ・インピョ,ソル・キョング,ソン・イェジンをキャスティングした'エージェント ゼロ'などが失敗に終わったことがある。

しかし外注製作社と空中波PD間の茶碗戦いも少なからず影響を及ぼしたとのことが放送関係者の意見だ。 '対物'はSBSキム・ヒョンシクPDが演出を引き受ける予定だったが,キャスティングと製作費問題などでイギムプロドクションと衝突したし,この過程で製作会社が演出者交替を要求して,SBS PDらが強く反発した。

イギムプロドクションはフリーランサー演出者の'太王四神記'共同演出者出身ユン・サンホPDを投じたが,結局編成から除外された。 'カインとアベを'また最初プランナーの'友人'のクァク・キョンテク監督が2線で退いたうえにやはり地上波放送会社出身でないチェ・ホソンPDを演出でたてたドラマとSBSの側にからはとてもありがたくなかった。

ある関係者は"事実現在放送中であるドラマ'甘い私の都市'またSBS内部演出者でないパク・フンシク映画監督の演出作なので,編成上ミニシリーズ時間帯でない金曜ドラマに配置された部分もある"と伝えた。

|

« 4作目「インディージョーンズ クリスタルスカルの王国」 | トップページ | 苦悩する若き音楽家・・・・ヒョンビン »

韓流」カテゴリの記事