« この見出しには驚いた@@ | トップページ | ここまでくればお墨付き? »

「黒と白の対決」だって・・・わかり易い

「映画は映画だ」の記事が出てきました。

撮影は半分終了したようですね。

http://www.cine21.com/Article/article_view.php?article_id=51733&mm=005001001

黒と白’の衝突が呼ぶ奇妙なアクション ノアール

マ・ヨンヒ監督ぐらい大衆に顔がよく知られた衣装監督はないだろう。 名前だけで顔が簡単に浮び上がらないと? この前までは電波に乗ったインテリア僻地広告を一つ思い出させてみなさい。 イ・ヨンエに“誰感覚?”と尋ねた知人. 彼女がまさにマ・ヨンヒ衣装監督だ。 気がかりなことはそこで出発する。 <映画は映画だ>はキム・ギドク助監督出身の張勳がメガホンを握ってキム・ギドク師団のスタッフらがそのまま参加したヌアルヨンファだ. 優雅な女優に感覚を助言した小さな体格の女衣装監督がキム・ギドク師団のアクション映画に参加することになった契機は何か。 表面的な理由が簡単だ。 “<美しい>ラン,キム・ギドク監督様新作<ピモン>でも衣装を引き受けたから。 その縁で引き続き…. (笑い)”

<映画は映画だ>はげんこつと芸術がけんかする話だ。 川割って(ソ・ジソプ)は暴力組織でナンバー ツーの席を占めているチンピラだ。 数打(カン・ジファン)はスター級習う。 数打は<映画は映画だ>という映画の中アクション映画でチンピラの役割に挑戦することにする。 しかし数打が相手俳優を暴行したせいで映画は製作中断の危機に処する。 名声が一日で崩れるかも知れないという不安感に苦しめられた数打は偶然に会ったカンペにいきなり映画出演をお願いすることになって,幼い時期から俳優を夢見た川割る快く承諾する。 ただ一つ条件がある。 演技でなく本当にアクションをするようにすること。 マ・ヨンヒ衣装監督はシナリオを読む瞬間の中がみなすがすがしかったんだ。 汗の臭いと被におい柔らかいヌアル ジャンルにそんなになじむ方ではなかったにもかかわらず“シナリオを読む瞬間衣装コンセプトが明快に浮び上がったため”だ。 “夢幻的な映画関係者<ピモン>は衣装コンセプトをどうやって行くべきか深刻に悩まなければならなかった。 だが<映画は映画だ>はむしろ解答が明確に見えた。”

彼女が発見した解答? まさに‘ブラック アンド ホワイト’だ。 日陰の川割るブラック,日の当る場所の数打はホワイト. マ・ヨンヒ監督は相反した色を持った二つのキャラクターがますますお互いの領域を侵して起こす葛藤が映画のポイントと指摘する。 シナリオによれば川割ってきて数打は完全に反対側の世界に属した人間らだが時間が過ぎるほどますますお互いに同化されて混ざり始めるのだ。 “川割る数打の世界へ入って,数打はカンペのリアルな演技を見ながら,ますます習えとのつまらない覆いを脱いで新しく新たに出ることになる。 そして映画の最後で二は(映画の中映画撮影のために)干潟で実際に乱闘劇を行う。 二人の色は干潟泥に埋められて,完全に区分することもできなく変わってしまうことだ。”

マ・ヨンヒ監督は2人の俳優の特徴もまた彼らが演技するキャラクターのように明確に違うと説明する。 “カン・ジファン氏は鋭敏に役割に近付くスタイルだ。 配役に没頭したくて,撮影前から数打服装を借りて,行事場所に出て行くほど。 反面ソ・ジソプ氏はキャラクターにそのまま溶け込むスタイルだ。 とても安らかに。”奇妙なアクション ヌアルの世界を予告する<映画は映画だ>は現在半分ほど撮影を終えた。 秋ならば黒と白の衝突をスクリーンで確認するはずだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ほとんど衣装が変わっていないようなことが言われてました。こういった理由があったんだ・・・ふ~~ん・・・

|

« この見出しには驚いた@@ | トップページ | ここまでくればお墨付き? »

韓流」カテゴリの記事