« 「私は幸せです」記事の訳・・・2 | トップページ | あそこまで、ギャアギャア吠えなくても(笑) »

「私は幸せです」・・・・記事の訳・・・3

幸福の条件,人間の条件

真っ最中撮影中であるカーセンターの外に出てきて月夜に遠くから撮影会場を眺めると本当にまれだ。 周辺には古いものなどだけいっぱいだが美術チームがよく触ったことか本来そうしたところなのか田舎カーセンター周辺がこのように妙に素朴な粋を漂うとは。 カーセンター向い側に集まっている小・中・高など学校学生たちが皆下校したフラだが,とりわけ人気のないそちらで街灯の代わりについた撮影会場照明がほのかに万寿の世の中を照らす。 伸びた頭に気が抜けた姿で,古いバイクを動かしながら,カーセンターの前を行き来する万数役ヒョン・ビンの姿は公開が時期尚早というマネジメントの引き止めでとることができなかったが病院に入院直前の万寿の状態で見る時,俳優が誰なのか調べてみることができるかと思ったりもする。 “一つをすれば二編(便)したようで,5日をとれば2週はとるようだ”というユン・ジョンチャン監督は明け方ができるだけ顔に活気が回る。

残酷な世の中から抜け出そうとしたがそのためにより一層崩れていく人々. 人間という(のは)存在が持ったこのアイロニーをユン・ジョンチャンはよく知っている。 他人の目には墜落する人々のように見える彼らの明るいファンタジーを描くために予想外で明るいキャスティングというヒョン・ビンとイ・ボヨンが合流したしシナリオも何度も修正された。 30代後半のチョ・マンドクが20代の早晩数に変わって,同じ年頃看護師水耕の生活に色々なエピソードが加味された。 ひょっとしてこのために誇大妄想症患者と疲労指数100%看護師のメローを連想するこれらがいるかと思ってあらかじめ話しておくのに,でも男女の濃い愛より人間大人間が交感するブラックコメディ ファンタジーだ。 多分ユンジョン賛意驚くべき試みというに値する。

キャスティングに難航しているだろうと予想したがヒョン・ビンとイ・ボヨンが先に積極的な出演意思を見せたおかげで難航どころか巡航しているユン・ジョンチャン監督は“運が良かった。 合わない大使と職業のためにシナリオを急いで直したりしたがしようと思う俳優らの熱意に蹴ったアクティングと監督のティレクティングがよく結合して,良い結果があれば良い”で意欲を見せている。 <鳥肌>と<青鉛>を一緒にした以後スタッフら苦労するとし,会食席を用意するという俳優チャン・ジニョンの安否文字を送ったというから,ヒョン・ビンとイ・ボヨンがその後についてユン・ジョンチャン ファミリーになるかも知れないことだ。

万寿の過去の歴史舞台になるカーセンター場面らは全羅南道(チョルラナムド),光陽(クァンヤン)で,集中治療室に入院したお父さんを見守る水耕の個人史は全羅南道(チョルラナムド),順天(スンチョン)のある病院で,映画の主舞台で万寿の素朴な幻想の中に描かれるスイス休養地での一日一日は全羅南道(チョルラナムド),南原(ナムォン)の病院を借りて,撮影される予定だ。 すなわち水耕逆イ・ボヨンが合流して4月中旬以後移って行く南原(ナムォン)撮影は早ければ4月末終える。

クランクインして5回送をとる間ユン・ジョンチャン監督はすでにエンディングもとった。 必ずそうすべきだった理由は詳しく明らかにすることにはならないが騒がしいCGや派手な美術作業でない素朴な想像力でも幸せになる万寿の世界を勘案する時,理解受けるほどのエンディングだ。 “社会的に無責任だとか不道徳なこととは距離が遠いエンディングです。 ただ何が真の治癒なのか,何が真の幸福なのか自然に受け入れるようにしたかったんだろう。 主人公と女主人公の理由と現在の精神病院で広がる話の間で自然に。 幸福はお金が多い少ないでも狂うか狂わないかとか、,年齢の若くて老いること同じようなものらとは何の関係がないということじゃないの。 それを私たちは皆知っていることにもかかわらず,現実が全く違う考えるようにするだろう。”世の中どの誰が他人の幸福を判断できるかぴたっとやせた人間早晩数の悲しくて幸せな人生がその答えを探す。

写真キム・ジンヒ

|

« 「私は幸せです」記事の訳・・・2 | トップページ | あそこまで、ギャアギャア吠えなくても(笑) »

韓流」カテゴリの記事