« クルマのポスターになるのかな? | トップページ | 「私は幸せです」・・・上映会希望しましょうか? »

やっぱり・・キチンと向き合おう・・山崎ハコ

毎週日曜の朝はニッポン放送のイルカのミュージックハーモニーを聞いているのだが・・・

http://www.1242.com/iruka/

昨日は時期的に「桜」の歌を特集。

そして・・・山崎ハコの「桜の日」がチョイスされました(イルカは山崎ハコの友人でゲストにも呼ぶぐらいファンのようで・・)

以前に「呪い」という歌の記事アップしましたが・・・・基本的に暗いイメージがありどうも苦手で聴くこともしなかった。

たとえば「織江の歌」もこのラジオでかけていたが、だめ~~苦手~と感じていました。

でも・・・昨日聴いた「桜の日」には完敗してしまった・・・・出だしのメロディーもいいが・・・

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=456917

この歌詞の中で・・・・

「うつむいた横顔15歳  笑ったあの顔まだ子供

流れる涙はきれいでも  泣いたこの顔 もう大人」

この歌詞に・・・・・・完敗

早速 BEST版を借りてきました^^:

今まで個人的に漠然と「山崎ハコの歌の中の世界観」を直視できない?したくない?という複雑な思いが拒否反応としてあったような気もする・・・たぶん。

歌詞の内容、結構怖いんですよ。封印している部分を開けるような・・・見てはいけないものを見せるような・・・

「桜の日」をきっかけに・・・あえて向き合うのもいいかな?気分はホラー映画見るような気分に近いかも・・ははっ^^:

こんな感情はたぶん私だけの個人的な感情だと思うけど。

|

« クルマのポスターになるのかな? | トップページ | 「私は幸せです」・・・上映会希望しましょうか? »

音楽」カテゴリの記事