« ヒョンビンのチャリティーオークション | トップページ | 「しょこたん」もゲゲゲに参入! »

視聴率が下がり気味だと言っても・・・・

http://www.chosunonline.com/article/20080325000032

「イサン」の視聴率はテレビ全体の視聴率で第2位を取っていますね。

http://8125.teacup.com/koreantv/bbs?OF=0&BD=9&CH=5

やっぱり高視聴率ドラマですね。

イ・ビョンフンPDもまだまだ上を目指しています。

http://news.empas.com/show.tsp/cp_do/20080325n12084/?kw=%C0%CC%BC%AD%C1%F8%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

離散’イ・ビョンフンPD,‘まだする話が山積み’

[東亜日報2008-03-25 14:25:43]

[スポーツ東亜]MBC月火史劇‘離散(脚本キム・イヨン演出イ・ビョンフン)’が第2ラウンドに突入する。 16回が増えて,6月9日76回で放映終了する予定だ。

‘離散’の演出者イ・ビョンフンPDはスポーツ東亜読者と愛聴者のために延長分で目(雪)女ボール‘感想ポイント’を推薦した。

このPDの推薦は‘洪國栄の没落’,‘松煙のウイウィーン姓氏登板’,‘政調の暗殺’. これを通じて,視聴者の注目を最後まで捕まえておくという戦略だ。

これから‘離散’は政調(イ・ソジン)が広げた科学,経済,学問を網羅した業績と周辺人物の興亡盛衰にフォーカスを合わせる。 ぼう大にひろげた話を圧縮して興味深いエキスだけ要約して入れる。

関心を引く大きな課題は政調の最側近で改革政策を助けた洪國栄(ハン・サンジン)が権力欲に陥りながら,ついにヒョ儀旺(ウィワン)後(パク・ウネ)毒殺を決心する部分だ。 このPDは“洪國栄とウォンビンの暗躍が未収に終わってこれを追及するヒョ儀旺(ウィワン)後を殺そうとしたが失敗した洪國栄は結局派閥勢力政治に目が見えなくなる”で説明した。

政調の恋人松煙(ハン・ジミン)がついに後宮で拝見して,愛を成し遂げる過程もこのPDがこれからドラマを見る時関心を持ってくれという部分だ。 ウイウィーンになった松煙は王子を産んで跡継ぎで作るが息子が死にながら,幸福を長く大事に保管できない。 反復される試練を勝ち抜いた松煙のまた他の痛みは視聴者たちにもう一度残念な思いをする展望だ。

奴婢制も改革,先んじた科学政策実現であがめられた政調の死は‘離散’の有終の美を飾る予定. フィクションが加味されたドラマであるだけに情事と違う。

“暗殺や変死を置いて熟慮中だ”というこのPDは“長く受け継いできた話の最後を整理する死という点で方法を慎重に考慮している”で明らかにした。

丁若鏞の登場も関心事だ。 前半部清酒のそばに洪國栄がいたとすれば後半にはその場を丁若鏞が代る。 水原(スウォン)華城(ファソン)収縮に寄与する丁若鏞の姿を通じて,政調の改革政治を反すうする形だ。 ただ“政調10年に過去に合格しただけ比重ある人物で描くことは時間が不足する”ということがこのPDの意見だ。

新しい局面をむかえた‘離散’は延長と一緒に視聴率反騰まで狙う。 政調を囲んだ一駅当たりの陰謀が明らかになった46回(2月25日)で最高視聴率35.4%(TNS集計)を見えた後,20%台で下落して,多少低迷した姿を見せている。

だが政調を囲んだ人物間地形図が再確立されて松煙との愛も結実を結ぶだけに製作陣は延長を通した視聴率上昇を期待している。

スポーツ東亜イ解離記者gofl1024@donga.com

|

« ヒョンビンのチャリティーオークション | トップページ | 「しょこたん」もゲゲゲに参入! »

韓流」カテゴリの記事