« 記者会見で監督が言い訳すると・・ | トップページ | この記事読んでいるとジソブファンにはデジャブ・・ »

何も兄弟揃って延期することないのに・・・^^:

ソン・スンホンのドラマ「エデンの東」の撮影が延期された。

それにともないソ・ジソブのドラマ「カインとアベル」の延期を取り上げている記事。

除隊後の復帰作が中々お茶の間に届かないと言う記事です。 ↓

http://news.empas.com/show.tsp/cp_pt/20080321n06375/?kw=%BC%D2%C1%F6%BC%B7%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

ソン・スンホン,ソ・ジソプ,二人のワン牛ボロ‘遠い居間’

[OSEN 2008-03-21 10:35:48]

[OSEN=カン・ヒス記者]期待があまり大きいからか。 ソン・スンホン,ソ・ジソプ二‘軍除隊ワン所男(他人)’の居間復帰が容易ではない。 すぐにでもなるようしながらも本来実行段階に行っては立ち止まっていている。
2006年11月除隊したソン・スンホンの居間復帰作はMBC TVドラマ‘エデンの東側’. だがこのドラマは当初6月放送で8月に押し出される公算が大きかった。 放送関係者ではすでに編成延期を既定事実で受け入れる雰囲気だ。 ‘エデンの東側’はソン・スンホンとチョ・ミンギ,そしてユ・ドングンなどが主要配役を引き受けて,50部作で製作される大作ドラマだ。 同じ日一時,同じ病院で生まれた二人の男の交錯した運命が主要モチーフだが,ドラマ全般(前半)の雰囲気は1960年代から2000年代までを合わせる時代劇だ。

50部作の大作であるから出演陣組閣が容易ではなくて,組閣がみななされたとしても6月放送はとても差し迫る時間だ。

昨年4月除隊したソ・ジソプが出演することにした‘カインとアベを’ものろいのは同じことだ。 ソ・ジソプの復帰作で早目に製作計画を知らせた‘カインとアベを’は当初2008年初めに放送される予定だった。 核心主人公でソ・ジソプ,チ・ジニ,チョン・リョウォンまで確定して発表されたが台本検討過程でいくつかの問題点が発見されて,製作が今日明日と延ばした。

現在は6月末撮影に入るという一定位だけ捕えられていて具体的な下絵は相変らず迷宮の中だ。 順調に解けてこそ今年の下半期放送が可能だ。

ソン・スンホンとソ・ジソプのドラマ出演は作品選定過程から焦眉の関心事だったが製作が延ばされながら,復帰順序もごちゃまぜになった。 ソ・ジソプはその間日本映画‘ケゲゲノその他で’を先に写した。 韓国と日本を行き来しながら,1ヶ月以上秘密裏に撮影したというこの映画は来る7月封切り予定だ。 ‘カインとアベを’より先に観客らを探すことになった。

これより先にケーブル チャンネルOCNでスペシャル無比‘Uターン’をお目見えする予定もある。 チャン・ジン監督が演出を引き受けてソ・ジソプとイ・ヨンヒが出演する‘Uターン’は4分3部作ドラマで12分内にドラマ的なストーリーを表わす技法を使っている。 ドラマというよりはミュージックビデオが先に浮び上がる‘Uターン’は4月1日初めて初お目見えする。 結局‘Uターン’をどんなジャンルで見るかによりソ・ジソプの居間復帰作もその名札を別にすることになった。 その間チ・ジニが‘カインとアベを’をあきらめてMBCドラマ‘スポットライト’で旋回する内紛もできた。

ソン・スンホンも20日開封された映画‘宿命’で観客らをすでに会っている。 特別に‘エデンの東側’放送がモンジョラルことはなかったが映画とドラマ,両側でシナジー効果を得ようとしていた計画には支障が生じた。

TV視聴者たちは軍服務を終えて戻った二‘ワン所’俳優を居間ではやく会いたいが本来二は‘忙しいほど帰れ’という格言を刻んでいるようだ。 長い間の産苦終わりに貴公子を産むことができることをファンたちは期待している。

|

« 記者会見で監督が言い訳すると・・ | トップページ | この記事読んでいるとジソブファンにはデジャブ・・ »

韓流」カテゴリの記事