« バイトしなくていいみたい・・・ | トップページ | 寒いのに・・・胸出すね~~~^^: »

タメ口はしない?年上だけど・・・イ・ソジンオッパ

最近は視聴率も良くて気分良く撮影しているようですね。インタビューにも沢山応じています。

このインタビューでもイサンが終わったら結婚すると言っていますね。今は忙しくて彼女にサンドイッチは作って上げられないけど、愛情は惜しみなく与えているようです(笑)

逆に彼女がお弁当を沢山作ってくれるようです。

そしてどうもイ・ソジンはキム・ジョンウンに対して「タメ口」でなく敬語?使っているみたいですね・・・・「恋人」の撮影で丁寧な言葉を使っていたのでそれが抜けないようです・・ははは^^

http://news.empas.com/show.tsp/cp_mk/20071124n02746/?kw=%C0%CC%BC%AD%C1%F8%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

タレント イ・ソジン"ドラマ終わればジョンウン氏と結婚します"

[毎日経済2007-11-24 09:29:35]

王になるのかを苦悩した離散(政調・1752~1800)が‘運命’を受け入れよう‘ウン’が従い始めた。 MBC ‘離散’が恐ろしく視聴率を引き上げると先週からSBS ‘王と私’を越えた。 破竹の勢いの人気秘訣では離散役割を受け持ったタレント イ・ソジン氏(34)のやわらかいカリスマを挙げることができる。 その間政敵に当てられてばかりいた彼が強い反転を主導しながら,話展開に弾力がついて吸引力ができた。 ドラマ上昇の勢いを導いていっている李氏をMBCで会った。 “以前史劇は王の血管という理由でそのまま王になりました。 どんな訓練と教育を受けて賃金になるのかその過程を見せるドラマは殆どなかったです。 政調は数多くの静寂をはね除けて険しく王になった人物です。 おじいさん英祖に対する忠実な気持ちとお父さん思悼世子に対する孝心の間で絶えず葛藤しましたよ。”王として業績よりは政調の人間的な姿を浮上させるためにドラマの題名も‘離散’に決定された。 老論との激しい対決の中でも政調の暖かい面目(容貌)を描いていく予定だ。 李氏は“政調は情に弱くて,誰何らと民をとても惜しんだ”として“いやしい身分の松煙(ハン・ジミンの役割)との愛も本格的に展開するだろう”と話した。 最近政調熱風が吹きながら,関連図書らがたくさん出ている。 政調を研究するために彼が選択した本は何だろうか。 意外にもイ・ビョンフンPDが与えた童話の本二冊だった。
“初めには政調の政治観や国家観を深く食い込んだ本を摘み取りました。 ところでとても難しくて,少し読んでやめました。 ちょうど監督様がやさしい童話の本を薦めて下さったのです。 もう少し懇意な感じで離散を消化するように願ったようです。”‘離散’が焦点を合わせた政調のリーダーシップも外柔内剛型. 文武に優れるが温和に周辺の人々を引き込む。 人を治めることができて,似合うことができる真のカリスマ型リーダーだというのが李氏説明だ。 彼は延期(煙,演技)をすればするほど‘この時代が願う政治家がまさに政調’という気がするといった。

“ソ魂撤廃や貨幣改革などの結実を見ることができなくて死んで‘失敗した改革家’という評価もあります。 だが彼は国民らに認められる指導者でした。 少なくとも改革を行うとしながら民を苦痛にさせなかったです。 民を困らせる改革は意味がないです。”1999年デビュー後ドラマ‘火の鳥’ ‘茶母(タモ)’ ‘恋人’等で構築した演技派イメージをすっきりと維持している。 その秘訣に対して“作品を選択する時は難しくて,ことをしない時は私生活を徹底して保護すること”と説明した。

ドラマ終わればキム・ジョンウンと結婚する。イントビュが終わらんとする頃イ氏に電話がかかってきた。彼は親しく“オ兄さん,丁銀私撮影中は……”と対話を続けさせた。 恋人で俳優キム・ジョンウン氏なのかしたのに分かってみれば年下のいとこであった。 イ氏は“ジョンウン氏には尊大言葉を使う”として“ドラマ‘恋人’撮影する時入ったクセが今まで続いている。 人々が運が悪がったよ”と照れた。

彼は“今ソン・ヒョナ氏(災いワン翁主駅)結婚のために考える余裕もないのに私まで加勢することはできない”としてドラマ放映終了後結婚する意向を表わした。 以前のようにキム・ジョンウン氏にサンドイッチを作るのかと尋ねるとすぐに“この頃は私が忙しくて,情は道理にかなっていることを捧げる”として“ほとんど毎日大きいカバンに食べ物をいっぱい満たしてくれる”と話す彼の顔に幸福が広がった。

|

« バイトしなくていいみたい・・・ | トップページ | 寒いのに・・・胸出すね~~~^^: »