« 今・・・防衛省がらみの問題が多いですね・・ | トップページ | フジテレビ「SP」・・第1回 »

「素敵な夜、ボクにください」

本来は日本映画なんだけど、カテゴリーは韓国映画に入れる。

「青森」「カーリング」「韓流」をキーワードに作った映画です。

主役は吹石一恵とキム・スンウ。

http://www.sutekinayoru.com/

期待せずに見た。

最初はなんだか恥ずかしいような・・・心理になる。この映画はまずターゲットは韓流ファンだと思うがその部分をしっかりリサーチした映画になっている。(笑)

しかし、それは最初だけで物語が進んでいくと日韓の映画として、カーリング紹介映画としても良く出来ている。

そう・・この映画凄くよく考えられて作られている。

言葉の壁を上手く利用しているし、キム・スンウ演じる2役も上手く考えている。キム・スンウファンにとっても満足いく演出になっていたと思う。

カーリングを知らない人が見てもカーリングって楽しそうと思える。

最後の方のシーンも遊び心ありのサービス満点の映画です。

監督が良かったのか?脚本が良かったのか?

脚本は女性ですね。なるほど納得!

面白い映画でした。見て損はない。楽しめます。

|

« 今・・・防衛省がらみの問題が多いですね・・ | トップページ | フジテレビ「SP」・・第1回 »