« 行定 勲の勇気に乾杯しよう・・・ | トップページ | やっぱり開催・・・ヒョンビンファンミ »

脱いで・・・ナンボです・・(笑)

でも脱いで「不渡り」を出した俳優もいるようです。(笑)

http://news.empas.com/show.tsp/cp_is/20070912n03524/?kw=%C7%F6%BA%F3%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

[セクシートーク]俳優が脱いでこそドラマが浮かび上がる

[日刊スポーツ2007-09-12 09:35:00]

わずか何年間ドラマのスタイルが変わった。 海外撮影場面,スターの顔クローズアップ,女優のヘアースタイルのようなもので視聴者の目をひきつけたドラマ最初の会議上映方式はもう昔話.

少なくとも2030余省らを主読者層としたドラマならば,初回に間違いなく俳優のシャワーシーンあるいは水泳シーンは抜けない。
 
子役(女)タレントらが成人俳優宣言をするときは当然成人映画を撮ったり露出を試みたのに今はそれが男芸能人らの間に移ったのが事実だ。 スターのからだはもう個人の武器でブランドだ。 今はギャグ舞台でもからだを作るのを笑いの所在(素材)とするほどだ。
 
早くファンクラブという子供たちグループにあった顔色がやや白く綺麗な美少年チョン・ジフンは単に可愛い少年らの中の一つに過ぎていなかった。 何年後彼が注目されながら,姉・叔母・ママ程度なるファン層を確保することになった契機はKBS 2TVドラマ'フルハウス'で魅力的上半身を露出して,太陽を避ける方法を腰回しながら演出した時だ。

歌手'雨'は言葉が必要なしで姉らの視線を一気にひきつけた。 今や'男'の香りを濃くふいてこそ姉らは彼に行って彼の名前を呼んでくれて,その時男スターは花に生まれ変わるのだ。
 
さらに遡れば火山爆発頭を二つの眉毛の間におりてズボンのすそで舞台を席巻して通った神話の六少年が'シュジ ナンバーワン'といいながら上半身を露出したヌード ニュアンスのミュージックビデオをお目見えした2000年.

その時多い姉らは黒くて硬い体つきの前進に私も気づかない内に傾く視線をおさめることはできなかった。 その頃前進は神話の最も強い存在感を持っていた。
 
この現象は韓国だけではない。 日本の有名な子供たちグループのアラシの可愛いメンバーであった松本ジューンも最近成人俳優宣言と共に美しい肌を露出して,姉らをうれしくした。
 
クォン・サンウ・イ・ジョンジン・エリック・共有・ヒョン・ビン・ダニエル・ヘニー・雨全一回以上ずつそのような戦略を使ったし格好良く成功した。 少なくともインターネットに一回以上'キャプチャー’写真出歩いて,ブログ・カフェ・ホームページを(受ける)乗って飛んで通おうとするなら前日夕方ドラマで一回以上素敵な'肩洗う'一度は露出しなければならない。

もちろんこの肩洗う銀持って生まれた身体のプロポーションと粘り強い運動が支えてくれなければならない。 起こるふりをして不渡りを連想させる行き過ぎた筋肉肉を誇示したペ・ヨンジュン・強打・シン・ソンウは姉らの拒否感を買ってしまった。
 
今や消費の主体が女性に越えてきた。 過去女優の露出では視聴率を捉えられない時代だ。 魅力的な男シャワー神はドラマ1回の必要条件だ。 性口実がさかさまになったと速断するには(早い)達する。 何年か前流行し始めた女優らのモバイル画報読者の中で50%以上は女性らだ。

可愛いのと知りたいことには性に関係なしで果敢に消費するのが女性らという結論が出てくる。 私の境遇では嬉しいことだ。 モーターショーにセクシーなコルらが登場するように,家電製品・育児用品博覧会に素敵な男モデルらが出てきて乳母車を試演して見せる日も遠くなく見える。

|

« 行定 勲の勇気に乾杯しよう・・・ | トップページ | やっぱり開催・・・ヒョンビンファンミ »