« 似ている?似ていない?どっちがどっち? | トップページ | 60、70年代のフォーク・・・・吉田拓郎 »

芸能人に人気の芸能人

韓国の芸能人が憧れる芸能人が「チャン・ドンゴン」と「イ・ヨンエ」だそうです。

この2人と親しいということが格を上げる・・・・ようです・・・^^

http://news.empas.com/show.tsp/cp_hm/20070817n03849/?kw=%C0%E5%B5%BF%B0%C7%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

[ヘラルド新鮮ニュース2007-08-17 09:54:11]

チャン・ドンゴンとイ・ヨンエを見れば共通に入る感じ一つがある。 二つとも隙間がないほど自己管理が上手になっているという点だ。 正しさの代名詞だ。 もちろんこれは刺しても被一滴出ないと思ったそのようなイメージとは距離が遠い。

そうするうちに時には接近できない雰囲気のようなのが感じられたりもする。 これは芸能人らの間でもある程度認められている。

娯楽番組では二人のこういう属性をマーケティング ポイントで活用している。 娯楽番組は芸能人らがこの二人と人間関係を維持しているという事実だけでも格があるように感じるように作っている。 面白味を作り出すためにこれらは会うのが難しいスターで作られたりもする。

15日MBC人気娯楽物‘黄金漁場’の‘膝ぶすっと導師’コーナー進行者カン・ホドンはコン・ヒョンジンをゲストに招いておいてはチャン・ドンゴンと電話通話をさせてくれと駄々をこねた。 電話通話がなされるとすぐに“私たちの浴場で会ったのではないですか。 私のからだ見てどうでしたか?”と尋ねると“私と酒飲んだこと記憶して下さい。 人々が信じないようで...”と話した。

イ・ヨンエも同じだ。 この前‘無限挑戦’にイ・ヨンエが出てきた時,六男たちはイ・ヨンエに話一度かけるために大騒ぎが広がった。 六男たちもそれなりにファンたちを率いるスターだが,一般大衆がスターに会った時よりさらに興奮する状況が当日プログラムのコンセプトになってしまった。 実際にイ・ヨンエと六男が交わした対話内容は特に違っていなかった。

二人は言ってみれば芸能人らにも芸能人であるわけだ。 多い芸能人らが認めるほどの身の振り方で他の模範になっているこれらは容貌だけ持っても競争力を持ったスターだ。 だがますます容貌に依存するスターの有効期限が短くなっている状況でこれらは短期的ヒットよりは長期的な演技者としての戦略を駆使した。 瞬間的な光栄や人気に安住しないで作品性と延期(煙,演技)発達などに基準を置いて映画を選択した。 出演料が低くなっても自分の演技を発展させることができる作品を探しに出ることもした。

演技活動に特別助けにならない娯楽番組出演を自制してファッションショーや名品を協賛するイベント長にはできるなら顔を出さなかった。 芸能人飲酒運転のようなことを絶対しない。 そのありふれているスキャンダルもない。 途方もない自己管理だ。

他人事におせっかい(口出し)しないで自身の分野で黙々と仕事をしながら,正しい道を行こうと努力すればある分野にしても好む人が多くできるはずだ。 チャン・ドンゴンとイ・ヨンエは演芸分野でこれを実践している。

こういう芸能人らが越えなければならない山が飾り的な姿と見られることができる可能性だ。 マナー良くて人間性良い姿であらわれたイメージが設定で感じられる瞬間好感マンでもイメージ命綱を増やすことは容易ではない。

だが二人は自身のイメージを生き方ですでに体得した状態なので漁色することがない。 それでチャン・ドンゴンは正しい生活男で,イ・ヨンエは優雅な女性で国家代表級のイメージを自然に認められている。

好感芸能人らが非好感芸能人より生命力が短い場合をたびたび見た。 好感は良いことではあるが,個性が不足して露出が多くなるほど真っ青になることもできるためだ。

だがチャン・ドンゴンとイ・ヨンエは好感芸能人ながらもイメージ寿命を延ばすことができるケースで大衆の愛を受けている。

|

« 似ている?似ていない?どっちがどっち? | トップページ | 60、70年代のフォーク・・・・吉田拓郎 »