« この作品は誰が勝ち取るか? | トップページ | 無料チケット »

「イサンー正祖大王」始動!

今日、MBCに出演者が集まり台本練習と衣装撮影があったようです。これから長いドラマで大変そうです。

体力や健康管理に気を配って大成功させてください!イ・ソジン。

結婚式???どうなんだろう?ムリ?

http://news.empas.com/show.tsp/cp_my/20070809n08956/?kw=%C0%CC%BC%AD%C1%F8%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

イ・ソジン,“‘イサン’に専念して,他の考えない”

[マイデイリー2007-08-09 15:09:03]

[マイデイリー=ペ・クンナム大衆文化専門記者]彼は王の服装を(受ける)着て現れた。 9月始まるMBC史劇‘イサン-正祖大王’初めての台本練習と衣装撮影があって,すべての出演陣が一ヶ所に集まった中で主役を演じたイ・ソジンは“がんばる”という話で要人の代わりをした。

9日午後1時30分にMBC 3階台本練習室で会ったイ・ソジンに英祖(ヨンジョ)大王役に出てきたイ・スンジェはこの話をした。 “演技者人生の転機になる作品に会うことは大変だ。 ‘ホ・ジュン’チョン・グァンリョルにも開始前この作品はそのような作品なのですべてを賭けなければならない。 同じように‘イサン’はイ・ソジンに人生の転機になることができる作品なので最善を尽くさなければならない”と話した。

イ・ソジンは黙黙と頭を下げる。 史劇する6ヶ月の間は他の仕事できないと話しかけるとすぐに“‘イサン’に専念しますよ。 (キム・ジョンウンと)デートもできないでしょう。 ジョンウン氏が撮影会場を訪ねてこなければなりません”として笑う。

彼は史劇が骨を折ったが‘茶母(タモ)’に続きもう一度史劇出演決心が容易ではなかったであろうにどのように出演を決めたかという質問に“最善を尽くさなければならないという考えしかない。 史劇は大変だが演技者に残るものが多い”と話す。

‘イサン’の演出者イ・ビョンフンPDはイ・ソジンを主演でキャスティングした理由に対して“イ・ソジンは美男ではない。 だが見るほど魅力があらわれる俳優だ。 美男の場合初めには強烈だが簡単に真っ青になる場合が多い。 そしてイ・ソジンの容貌は多様な姿を表わすことができて何より史劇をしてみた経験があるということが長所だ。 ‘イサン’で政調を人間的な面目(容貌),政治家としての側面など多様な姿を表わさなければならないのにイ・ソジンはこのような多様な姿を表わすのに適役だと悩みなしで主演で決めた”と話した。

果たして男主人公を前面に押し出したイ・ビョンフンPDの‘イサン’でイ・ソジンが‘ホ・ジュン’のチョン・グァンリョルを凌駕する演技者で非常なのかとても気になる。

[イ・ソジンは'イサン'主役を演じて,2番目史劇で視聴者と会う。 ]

|

« この作品は誰が勝ち取るか? | トップページ | 無料チケット »