« 今月本屋は・・・ヒョンビン祭りだ! | トップページ | ヒョンビンはチャン・ドンゴンを目指してる »

ヨン様ドラマ延期について

制作会社の代表が無期限延期の謝罪会見をおこなった。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=88195&servcode=700&sectcode=710

http://www.chosunonline.com/article/20070608000015

この記事ではペ・ヨンジュンについては語られてないが、韓国版の記事には↓

http://news.empas.com/issue/show.tsp/cp_tn/2444/20070608n09640/ent

(訳)

キム・ジョンハクPD "ペ・ヨンジュンがこのままでは皆死ぬと言った"

[スターニュース2007-06-08 14:58:58]

[マネートゥデイ スターニュース金賢録記者]

ペ・ヨンジュン主演の事前製作ドラマ'太王四神記'(脚本ソン・チナ・演出キム・ジョンハク)のキム・ジョンハクPDが記者会見を通じて,放送遅延に対する公式立場を表明した。
キム・ジョンハクPDは8日午後2時ソウル,ノンヒョン洞インペリアル パレス ホテルで記者会見を自ら要望して,視聴者とMBC,日本NHKなどドラマ関係者たちに謝罪を伝えながら,もう少し完成度高い作品のために決断を下さなければならなかったと強調した。

キム・ジョンハクPDはこの席で"ある日ペ・ヨンジュン氏と話をしながら感じたのがある"としながらドラマの根本と開始を尋ねるペ・ヨンジュンの質問と話で作品を新しく準備しなければならないという必要性を共感したと説明した。

当時ペ・ヨンジュンは海苔PDに'太王四神記のキャラクターは果たして何でしょうか? 檀君以来数千名の王がいたのにどのように大部分の土地を占領した王になったでしょう。 どんな出発を持っていたので'と尋ねたと海苔PDは説明した。

彼は"情事とファンタジーを適切に組み合わせて,食卓に上げて,最後まで行くこともできたが,そこで多くのことを悟った。 本当に私たちがしようとしたことをのがしてドラマ一つ作ろうとしたことは違ったようでペ・ヨンジュンの話に衝撃を受けた"と説明した。

キム・ジョンハクPDは"ペ・ヨンジュン氏は'このまま出て行ってもかまわないでしょう,それで監督様や私や死にます。 監督様や私や個人的に死ぬのは関係ありませんが,韓流の最後であることもあります。 個人でなくこれによって韓流が崩れてはいけないと考えます,からだがみな崩れて,点滴をさして夜を明かしても真の太王四神記を視聴者と分けるべきではないでしょうか'と話した"高度(孤島)伝えた。

彼は"深く共感した。 さらに欲を出そうと思っていたことでもなくもう一度初心を考えた。 ペ・ヨンジュンという(のは)俳優は'太王四神記'のリスクがあることにもなぜこの作品を選択したのだろうかとし初心に帰った。 運がない苦痛終わりに今は自ら道を確かに作ったしその道があることによってソン・チナ氏をはじめとして助ける作家らが猛烈に,作業中"としながら9月初めまではドラマ放送準備ができると話した。

一方キム・ジョンハクPDによれば'太王四神記'は事前製作を目標に昨年3月から撮影を開始,現在約65%の撮影を進行した。 総24部作中16部まで撮影が大部分完了した。

しかし去る5月初め修正を決めて真っ最中進行中だった撮影を中断したままソン・チナ作家とキム・ジョンハクPDは台本作業に入った。 これに伴い結局6月末放送計画を守ることができなくて結局4回放送時点を先送りする初めて持つ事態を示すことになった。

キム・ジョンハクPDは"これによって放送遅延という放送30年経歴に恥かしくてきまり悪い事態まで(早い)達した。 撮影が中断されたがすでに撮影された部分に対して後半作業が進行中であり,ペ・ヨンジュンなど俳優らが後市(詩)録音とポスター撮影などに誠実に臨んでいる。 スタッフと俳優皆誠実に臨んでいる"と説明した。

↑の記事を解りやすく・・・かつ・・・辛らつに言うと(笑)

ペ・ヨンジュンの思っていた出来と違うから撮りなおしてくれと監督に迫ったため、それに従ったと言うことでしょ?

・・・このままだと監督もヨン様も「死ぬ」って迫ったようだから・・・

確かに・・「死んではいけない」

鶴の一声ならぬ・・・ヨン様の一声でしょ・・・

台本の段階からやり直しってことだから・・・無制限延期なのもわかる。

金があるとこういう時は「強気」になれるよな。

大丈夫・・・あなたには「カジョク」がいます。

|

« 今月本屋は・・・ヒョンビン祭りだ! | トップページ | ヒョンビンはチャン・ドンゴンを目指してる »