« 震度6ぐらい?驚いてもらいましょう! | トップページ | ソ・ジソブとヨン様のトレーナー »

韓国の著作権問題(音楽)

韓国で著作権の法律が去年全面改正されて今年6月末から施行される。

改訂著作権法で音楽著作権と係わる内容は制裁が強化された。営業を目的に音楽を繰り返し使用して著作権を侵した場合、著作権者の「告訴」がなくても刑事処罰できるようになった。

以前は「親告罪」を基本とした法律が大きく変わった。

☆   ☆   ☆    ☆   ☆

つまり、著作権者しか訴えられなかったのが、誰でも気づいたら違法行為として訴えることが出来るようになったわけですね。

かなり反対意見もでたようですが、この法律改正を逆手にとって「売場音楽」を配信をする会社が(正規に著作権契約をかわしている合法的な音楽配信会社)急成長している。

日本で言う所の「ゆうせん」のような会社が急成長していきそうだ。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

日本ではまだ?著作権と肖像権は「親告罪」という法律があります。つまり簡単に言うと「権利を持っている本人及び団体でなければ訴えられない」と言うことです。

多分この法律は消えないとは思いますが・・・

インターネットの世界では国の垣根がなくなっているので再度この権利は把握しておく必要がありますね。

韓国で施行されてどのような状況になるのか・・・・皆目検討がつきません。

|

« 震度6ぐらい?驚いてもらいましょう! | トップページ | ソ・ジソブとヨン様のトレーナー »

韓流」カテゴリの記事