« ヒョンビンはチャン・ドンゴンを目指してる | トップページ | 「宿命」撮影の第一報 »

太王四神記の監督の記者会見

キム・ジョンハク監督一問一答

マイデイリー記事より抜粋

▲放送が4回も延ばされた最も大きい理由は何か

6月初め撮影が中断されていた。 以後計画に対して大幅的修正が避けられなかったためだ。 作品を世の中にお目見えするには絶対的時間が不足するという冷静な判断を下した。 それで放送地縁という30年演出生活で恥かしくて不憫な決定を下すほかはなかった。 台本作業も遅れたし後半作業,コンピュータ グラフィックなどすべての部分が不足した。

▲主演俳優との関係はどうだったか

ペ・ヨンジュン氏が作品に対する情熱がすごかった。 適当な'ミックス'や包装では韓流を生かすことができないといった。 からだがみな従うことができなくても正しくなった'太王四神記'を話すべきではないだろうか欄火傷をして合意した。 それで期間が多少気になっても東北工程の誤った点を知らせて出すのに一助となろうという序盤企画意図を生かすなど'初心'に帰ろうというのに心を集めた。

▲現在進行過程はどの程度か?

約65%ほど撮影が進行された。 16部までとったし9月初めまでは放送が可能だろう。

▲ 4月20日頃13部程度撮影したと聞いた。 一ヶ月反動案3部撮影が進行されるのか

どの場合は一日にワンカットをとる時もあった。 他のどんなドラマより時間がたくさん投資するのにそのようだ。

▲ MBCと放映権契約はいつ完了したか

一ヶ月がまだならなかった。 何ヶ月間交渉過程で互いに押し合いする過程があった。

▲今現場の雰囲気はどうなのか

後市(詩)録音とポスター撮影およびすべての過程にペ・ヨンジュンおよびすべてのスタッフらが熱心に参加するなど努力中にある。

|

« ヒョンビンはチャン・ドンゴンを目指してる | トップページ | 「宿命」撮影の第一報 »