« ロン毛のジソブ!やっぱり話題! | トップページ | 韓流スターは何処に住んでいる? »

韓国スターのマネージメント

自分が大きなプロダクションに入るか?自分個人でマネージメントをするか?

http://news.empas.com/show.tsp/cp_my/20070626n06769/?kw=%BC%D2%C1%F6%BC%B7%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E

1人会社から上場企業まで・・・スターマネジャーの変身

[マイデイリー=李ギョンホ記者]

1980年代末まで大型マネジメント会社の形態より個人マネジャーがスターの運転など面倒見の責任を負う形態であった。 運転にコーディネートに放送と行事出演交渉にギャランティー議論まで一人でつくした。

その上に大部分演技者らはマネジャーがなかったし,歌手らだけが個人マネジャーを雇用した。 また映画の製作部長,遊興店舗の演芸部長がキャスティング,出演料交渉などマネジャーの役割をすることもした。

だがチェ・ジンシルのマネジャーであった故ペ・ビョンス氏が登場しながら,マネジメント会社の大型化が実質的に始まった。 1994年怨恨問題で運転手に殺害されたペ・ビョンス氏はチェ・ジンシル,オム・ジョンファ,チェ・ミンスをスターで育てながら,当時では破格的に巨額の出演料,所属俳優一緒にキャスティング,撮影スケジュール調整などスターらの権利を堂々と要求しながら,スターパワー時代を開いた。

以後専門的なマネジメント会社がずっとできたしチョン・ウソンのマネジャーで出発したチョン・フンタク氏は今コスダック上場企業でトップスター数十人が所属したマネージメント社,映画,ドラマ製作会社,ヨンギ教肉など総合的なエンターテイメント企業家IHQを育てた。

チョン・フンタク代表は大企業SKグループで投資誘致,コスダック上場と共にチョン・ウソン,チョン・ジヒョン,キム・ヘス,チ・ジニ,ハ・ジョンウ,ソン・ヘギョ,ヨム・ジョンア,ユン・ゲサン,ソン・ユリ,チャン・ヒョク,イ・チョンア,分かったところとか,ソン・チャンミン,キム・ソヒョン,チョ・インソンなど数十人のスターパワーを踏み台みなして,製作,教育分野まで進出する事業手腕を見せている。

この他に大型マネージメント社はアイビー玉ネギMCモンブト有名MCが大挙所属しているファントムエンターテイメント,キム・テヒ,ムン・グニョン,キム・ジュヒョクなどのナムエクトス,ファン・ジョンミン,キム・ハヌル,キム・アジュンなどのイェダン・エンタテイメント,ハ・ジウォン,キム・スンウなどのソフトランド,ソン・イルグク,ソン・ガンホ,ソン・イェジンの正しい手エンターテイメントなどがある。

大型マネージメント社の強大パワーは一部会社でスター俳優と新人俳優を共に出演させる‘挟んで売ること’,‘パッケージ’等の変則的なキャスティング要求と最近まで問題点と指摘されていて映画の収益配分持分要求で製作会社と葛藤を生じさせたりもする。

最近ではマネジメント会社の大型化と正反対に最高級スターが個人マネジメント会社を設立する事例が増えている。 パク・シニャンとチャ・スンウォン,チョン・ジュノなどが直接会社を設立して,普段親しかった同僚演技者らを迎え入れて,マネジメント会社を運営しながら,オーナーに変身した。

ペ・ヨンジュンはこれより一歩一歩進んで自身が設立したBOFにソ・ジソプとイ・ナヨンを迎え入れたし,コスダックに上場させて,キーイーストという大型会社で育てた。 チャン・ドンゴンもヒョン・ビンなどが所属したスタエムの大株主だ。

この外にイ・ヨンエ,クォン・サンウ,ソル・キョング,チェ・ミンシクなど有名なトップスターらも個人マネジャーを通じて,活動しながら,専門的で集中的な管理を受けている。

このように今後も次から次へのぼるスターらは意志決定が簡単で安心して内容がある1人マネジャーを選ぶのか,配分は与えても体系的で機会がたくさん保障される大型社を選んだのか両者択一をせざるを得なくなった。

[大型マネジメント会社に所属したチョ・インソン,キム・アジュン,キム・テヒ

個人会社で活動しているペ・ヨンジュン,ソル・キョング,イ・ヨンエ(下写真).

写真=マイデイリー写真DB]

|

« ロン毛のジソブ!やっぱり話題! | トップページ | 韓流スターは何処に住んでいる? »