« ブルース・ウィリスのダイハード4.0 | トップページ | チソンが「宿命」に合流 »

主演俳優が作品を批判

「魔女ユヒ」の出演者のハン・ガインとジェヒが視聴率が悪くて失敗に終わったのは、製作者サイドのせいだと公式の場で非難したニュース。

http://www.wowkorea.jp/news/enter/2007/0515/10025906.html

最初は「ありがとう」より視聴率は良かったのに段々失速してしまったようです。その原因を分析したら・・・製作者サイドに非があると・・・・

本来はいくらそうした原因があるにしても公の席で内輪の話を出さないのが暗黙のルール。それなのに・・・・っていうことでネットユーザーは驚いているようです。

今は「いい作品」は俳優じゃなくて「脚本」がすべてかもね。

人気俳優出ても脚本が面白くないと当然視聴率悪いし、俳優の力も出し切れないまま終了。

俳優も事務所も「いい脚本」をゲットすることが最重要課題になってきた。

|

« ブルース・ウィリスのダイハード4.0 | トップページ | チソンが「宿命」に合流 »