« 帰って来たソ・ジソブ | トップページ | ソ・ジソブ・・007作戦@@ »

除隊ニュース・・韓国版

'招集解除'ソ・ジソプ"今は心を表現することができます"

[スターニュース2007-04-27 12:52:47]

[マネートゥデイ スターニュース金賢録記者]招集解除申告を終えて麻浦(マポ)区庁これから歩き出すソ・ジソプ. 写真=イム・ソンギュン記者tjdrbs23@

"待って下さってありがとうございます! チソプが皆さんの前に戻りました"27日招集解除申告を終えて社会人に戻ったタレント ソ・ジソプ(30)がホームページを通じて,ファンたちに全域申告をした。

ソ・ジソプは27日午前9時10分頃26ヶ月の間公益勤務要員で勤めてきたソウル,麻浦(マポ)区庁で招集解除申告を終えた後,ホームページに'要人'という題名の文を載せてつくせなかった所感を明らかにした。

ソ・ジソプはこの文で"以前に住んできた28年とは大いに違った去る2年間の時間は,私に人生で初めて自分自身を向かい合って振り返ってみることができる時間を持てるようにしてくれた"として"心の声に耳を傾ける方法と振り返ってみることができる余裕を持つことができるようになった"と打ち明けた。

彼はもまたその間自身を訪ねてきた多いファンたちに有り難みを伝えることができなかったとすまないと思いながら"皆さんにごあいさつする今日を心より指折り数えた。 感謝する。 申し訳ない。 今は心を表現できるようだ"と感激を隠さなかった。

次はソ・ジソプの文

こんにちはソ・ジソプです。 待った今日がきました。 10年前俳優の道に入った後今まで,後ろを振り返る時間もないほど前だけ見て駆け付けたようです。

それ以前に住んだ28年とは大いに違った去る2年間の時間は,私に人生で初めて自分自身を向かい合って振り返ってみることができる時間を持てるようにしてくれました。 家族と日,そして私を待って下さるすべての方らと自分自身に対してさらに考えることができる時間でした。

幼い時からカメラが好きだったし,レンズを通じてみる世の中は珍しいことらがいっぱいでした。 だが去る2年間は多いことらをレンズを通じないで直接目と気持ちで見ながら,私中にある私を見ることになりました。 心の声に耳を傾ける方法と振り返ってみることができる余裕を持つことができるようになったと考えます。

あまりにもはやい世の中で大切なものなどをのがして過ぎ去った人生でした。 そうするうちに久しぶりに多くのことを振り返ってみることができた感謝の時間を持つことになったようです。

長い時間の間多いファンのみなさんらが私を直接訪ねてきて下さいました。 感謝した心切実だったが,皆さん一人一人にごあいさつすることができる状況も立場もなることができませんでした。 時々は皆さんが空しがられるのを感じながらも,冷静に背を向けるほかはない場合もありました。 胸がとても痛かったです。

その時間らを勝ち抜かなければならなかったし,私の周辺の違う方々に被害にならないようにしようとするなら心をより一層強く食べなければならない時もありました。 皆さんにごあいさつする今日を心より指折り数えました。 ありがとうございます。 申し訳ありません。 今は心を表現できそうです。

私は習えとの私の仕事を愛します。 自身が好むことができるということは非常に幸せなことだが,時々は自ら不足した点などを悟ることになるときは恥ずかしかったり,自ら孤独で大変な道を行っているんだなという気がしたりもします。 だが,振り返ってみることができる余裕が少しはできた今,これから作品を通じて,ますます成長していく私の姿をお見せしたいです。 それが最善だと考えます。

皆さん! 待って下さってありがとうございます。 チソプが今皆さんの前に戻りました。

|

« 帰って来たソ・ジソブ | トップページ | ソ・ジソブ・・007作戦@@ »