« ソ・ジソブの様子 | トップページ | 日本版「ホテリアー」のポスター »

オム・テウンが語る

韓国で「魔王」を放映中。その視聴率が上がらない。

前評判は高かったが、苦戦している。

相手役に「宮」で人気が出たチュ・ジフン。

何故視聴率が低迷しているのか直接、オム・テウンにインタビューした記事。

http://news.empas.com/show.tsp/cp_eg/ent01/20070412n02519/

(訳)

ニュースエン2007-04-12 13:29:49

[ニュースエン文金ヒョンウ記者/写真クォン・ヒョンジン記者]

‘オムポス’オム・テウンが考える‘魔王’の視聴率不振理由は何か?

オム・テウンは現在KBS 2TV水木ドラマ‘魔王’で正義感に燃えるが過去の痛みを埋めておいた熱血刑事カン・オス役を担って,熱演中だ。

‘魔王’は2005年放送されて,マニア ドラマで有名税を(鳴らす,轟く)振り切った‘復活’チームがかたまって,話題を集めた作品だ。

だがスリル感あふれる内容とよく構成された脚本,色々な演技者らの好演にもかかわらず,視聴率は期待に至らなくなっている。

放送全(前)水木ドラマ中最強者で指定された‘魔王’の不振は関係者はもちろんオム・テウンにも予想できないことだ。

オム・テウンは‘魔王’の製作発表会で“蓋を開けてみるべきだが期待はしている”という話で‘魔王’の成功を予想したことがある。

しかし現在‘魔王’は7~8%の視聴率で水木ドラマ中最低数値を記録している。

これはドラマを野心に充ちるように準備したオム・テウンには残念なことで近づかなければならないはず。 だがオム・テウンの視聴率不振分析は冷徹なだけだ。

オム・テウンは最近インタビューで“内容が多少難しい行くことがなくない”として“集中してみなければ理解するのが難しい。 ずっと視聴する人々は最高の面白みを感じることができるがハヌェでも飛び越えるならば見るのが難しいドラマが‘魔王’だ”と話した。

オム・テウンはまた“内容理解(利害)に力を集中しなくては一般視聴者たちが簡単に例は骨を折ることもできる。 これが‘魔王’の困難であるようだ”と伝えた。

それなら振るわない視聴率に対する心的負担感はないだろうか?

オム・テウンはこれに対して“私はもちろんスタッフらと演技者皆視聴率の側面で期待をよくしたことは事実だ”として“だが序盤から期待に至らない視聴率を見せて,物足りなさが残るものも事実だ”と率直な心情を表わした。

オム・テウンは引き続き“視聴率は毎日確認しているけれどどうにもならないようだ”と残念に思う心を表わすこともした。

オム・テウンは“だが視聴率では‘魔王’を評価できない。 ‘魔王’はそれだけ立派な作品だ”として“おもしろく陥って,撮影している。 自負心を感じる”と付け加えた。

  ☆       ☆       ☆       ☆        ☆

かなり集中力を持って見なければ理解できないドラマのようです。難解・・・?

そうなると、1回でも見逃すと話がわからなくなるようですね・・・視聴者がついていけない(笑)

DVDでまとめて見るのがいいみたい。質の高いドラマだからジックリ見ると面白いと思うけど。

そんな、オム・テウン君の日本ファンミが6月3日に東京で開催されます。

http://tomylovefriends.jp/utw/

|

« ソ・ジソブの様子 | トップページ | 日本版「ホテリアー」のポスター »