« タイのイ・ヨンエさん・・・・ | トップページ | ヒョンビンいよいよ来日~~ »

小説「チャン・ビョンホンの冒険5」

チャン・ビョンホンは大きな事務所に入っていなかった。
今の事務所は、小学校からの同級生で社長兼マネージャーをやっているペ・ジソブと立ち上げた事務所だ。
子供の頃から将来、俳優になると決めていたチャン・ビョンホンだ。
幼馴染のペ・ジソブも耳にタコが出来る程聞かされていた。
その頃からマネージャーをやって欲しいといわれ、まさか、本当になるとは思わなかったから、
「やる。その代わり社長にしろ。」と冗談半分に約束していたのだ。
その約束をペ・ジソブはすっかり忘れて大学生活を送っていた。
そんな時、チャン・ビョンホンから、
「俳優の勉強をしている。お前は事務所の社長兼マネージャーだからな忘れるな!」と突然電話があり、本気だったことを知ったわけだ。
その時はまだ学生で、軍隊にも行かなくてはならなかったし、事務所を今すぐ立ち上げるわけでもなかったが、2人の進路はその時に決まってしまった。
男と男の約束は絶対なのだ。
それにチャン・ビョンホンとペ・ジソブは遠い親戚同士でもある。どう考えても切れてしまう縁ではなかった。

つづく

|

« タイのイ・ヨンエさん・・・・ | トップページ | ヒョンビンいよいよ来日~~ »

小説」カテゴリの記事