« 小説「チャン・ビョンホンの冒険3」 | トップページ | 韓国の映画監督志望の学生のアンケート »

小説「チャン・ビョンホンの冒険4」

今回の撮影が終わった時点でチャン・ビョンホンは、ゆっくり消耗した体力を回復させたいと思っていた。

そんな時は、韓国から離れて外国の暖かい所に行って、のんびりした時間を過ごすのが一番だ。

まだまだ、自分を知らない国の人は沢山いる。少し悲しいような、ホッとするような。

チャン・ビョンホンは今のところは、ホッとするほうが大きいのだ。

次の作品はすでに決まっていた。そのため作品選びもなく、のんびりするだけだった。

しかし、急に仕事が入ってしまった。

韓国では、コネを使って近づく者や知り合いがやたらと頼みごとをしてくるのだ。

まるで頼まなければ損だと言うばかりに。

ほとんどは腕利きのマネージャー兼事務所の社長が上手に断るのだが、今回の仕事はどうしても断れない仕事だった。

外国へ行くのはキャンセルになった。

つづく

|

« 小説「チャン・ビョンホンの冒険3」 | トップページ | 韓国の映画監督志望の学生のアンケート »

小説」カテゴリの記事