« ジソブタイフーン物語(笑) | トップページ | ソ・ジソブの魅力に迫る・・・1 »

ソ・ジソブの魅力に迫る・・・2

ソジソブの魅力を今回のファンミで検証する。

魅力とは引きつけて夢中にするチカラのことだ。
だとすると、今回のファンミは充分魅力を出し切って終了したことになる。

登場から期待させ、ドキドキさせる。プレゼントや予想外の歌。
どれも、驚きの連続で、会場全体が興奮し、熱狂した。

いい意味でファンの予想を裏切り、その裏切り方に「ソ・ジソブ」らしさを見せる。

舞台の上でまばゆいばかりのオーラを発散させる「俳優ソ・ジソブ」と
時々、垣間見せる「素の顔」のジソブ。
ファンはその「素」の部分に「一生懸命さ」や「気遣い」「やさしさ」等などを・・・身近に感じるのだろう。

「近づけないジソブ」と「身近に感じるジソブ」

2つの魅力を兼ね備えている俳優「ソ・ジソブ」

ファンミが成功か否かの判断は簡単である。
十分ファンが満足して幸せに包まれ、支払った代金は安かったと思い、
なおかつ今後「ソ・ジソブ」をもっと応援したいと思ったかどうかである。
確かに大成功だったと言えるであろう。

|

« ジソブタイフーン物語(笑) | トップページ | ソ・ジソブの魅力に迫る・・・1 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソ・ジソブの魅力に迫る・・・2:

« ジソブタイフーン物語(笑) | トップページ | ソ・ジソブの魅力に迫る・・・1 »